ブルーオーシャン!? カナダAmazon「輸出」の方法

この記事ではカナダAmazonについて解説します。

アメリカとの共有点が多く、
すでにアメリカでの販売に慣れているセラーならカナダのへの販路拡大もさほど難しくはありません。

Amazonカナダへの進出も検討していきましょう。

カナダAmazonとは?

グローバル企業であるAmazonは世界各国で展開しており、
その進出先にはカナダも含まています。
 
前提として、カナダAmazonはアメリカほどの市場規模はありません。
日本や、ドイツ、イギリス等比べても流通金額は大きくありません。
 
それには次のような理由があります。
 
・カナダのEC市場規模自体が他国と比較する大きくない
・アメリカのアマゾンを利用するカナダの利用者の存在
 
カナダの利用者がAmazonで買い物をするとき、
自国であるカナダアマゾンではなく、アメリカのアマゾンを利用するケースがよくあります。
アメリカアマゾンの多種多様で豊富な品揃えが魅力的で
カナダとアメリカは隣国であるため、送料も安く早く届くからです。
 
一見すると、Amazonカナダへの進出はうまみが少なそうにみまえますが、
市場規模は大きくなくとも、Amazonカナダでは競合セラーが少ないところにおもしろさ・魅力があります。
 
amazon_canada_1_1

カナダAmazonの見方

カナダAmazonのWEBサイトの見方は
購入者が見る商品ページもセラーが使うセラーセントラルも
構成、使い方はアメリカAmazonとほぼ同じです。

大きな違いは、表示通貨がCAD(カナダドル)であるとです。
USD(米国ドル)とは為替レートが異なりますので
利益計算するときに間違いが無いよう注意が必要です。

アメリカAmazonの商品販売ページ

amazon_canada_2_1

カナダAmazonの商品販売ページ

amazon_canada_2_2 

 
レート参考
amazon_canada_2_3 amazon_canada_2_4
 
 
その他の注意したい違いは、一括出品ファイルのテンプレートです。
大まかな部分は共通ですが、細部が微妙に異なる部分があります。  

カナダAmazonの出品方法は簡単

カナダAmazonの出品方法
 セラーセントラルにログインし右上のプラダウンメニューからを国を切り替えます。

アカウントによっては、切り替えが出来ない場合がありますので、

その時はテクニカルサポートにカナダAmazonのセラーアカウント利用の旨を伝えてください。
 
amazon_canada_1_1

セラーセントラルの使い方もアメリカとほぼ同様なので、
新しく操作方法を覚える必要はありません。

カナダAmazonへのFBA納品方法は?

日本からカナダamazonのFBA倉庫に直接納品するには、
カナダのインポーターの確保が必要です。

すでにクーリエと契約をもっていれば、
提示されている料金表を確認してみてください。
カナダとアメリカは隣同士の国であるため、
日本からの送料は、アメリカ向けもカナダ向けもほとんど同じです。

今、利用中の代行業者があれば、
カナダ向けのFBA納品も対応できないか確認してみましょう。 

カナダAmazonのFBA手数料計算は?

FBA料金の計算はシミュレーターを使います。
 
FBAカリキュレーター(Fulfilment by Amazon Revenue Calculator (Beta))
amazon_canada_5_1
 
参考情報として、各国AmazonのFBA料金プランのリンクを以下に貼っておきます。
 
 

カナダAmazonでの無在庫販売は?

アメリカと同様に無在庫販売は可能です。

よく、無在庫=規約違反=アカウント停止という考えている方がいるのですが、
まずいのはキャンセル率が指標を下回ってしまうことです。

カナダでの無在庫販売に限った話しではありませんが、在庫切れキャンセルを起こさないための在庫管理が必要です。
大量のデータの更新を手動で行うのは現実的ではないので、在庫管理にはツールの導入を検討しましょう。

例えば、在庫管理ツールにはアマトピアやHALUがあります。

カナダへのEMS送料はアメリカ向けと同じ

EMSの送料はカナダは、「北米」に該当しますので、
アメリカ向けの場合と送料は同一です。

料金表(EMS:取り扱い国すべて)

canada_EMS_1 canada_EMS_2

カナダAmazonの売上受取はワールドファーストを使う

カナダAmazonでの売上金を直接日本の銀行口座で受け取ることはできません。
売上金の受取には以下の決済サービスプロバイダーを使います。

どちらのサービスでもカナダAmazonの売上受取はできるのですが、
オススメするのはワールドファーストの利用です。
その理由はワールドファーストの方が余分な為替変換が発生しないためです。

カナダAmazonの売上の通貨はカナダドル(CAD)です。
それぞれサービスを比較すると、資金の流れに次の違いがあります。

ワールドファーストで売上を受け取る場合
CAD(カナダドル) ➔ JPY(日本円) 

ワールドファーストはカナダドルに対応しています。

ペイオニアで売上を受け取る場合
CAD(カナダドル)➔ USD(米ドル) ➔ JPY(日本円) 

ペイオニアは直接カナダドルでの受取ができません。
そのため、USD口座で受け取ることになります。

2回の為替変換が発生し、余分な手数料がかかってしまいます。

カナダAmazonで売れる商品は?

売れる商品の傾向はアメリカと似通っています。
もっともシンプルなのは、すでにアメリカで出品している商品があれば、そのままカナダで出品することです。

商品の需要を確認するには、
ランクング変動の確認ツールcamelcamelcamelも便利です。
このツールはカナダアマゾンにも対応しています。

まとめ

  • アメリカ販売の次にはカナダAmazon販売という選択肢がある
  • アメリカAmazonとカナダAmazonの使い方は同様で新しく覚えることはわずかで展開できる
  • カナダAmazonの売上受取はワールドファーストを使う

カナダAmazonとアメリカAmazonとを比較したとき、
市場規模大きさでは、やはりアメリカに軍配があがります。

はじめてAmazon輸出に取り組む方にには、素直にアメリカから参入することをオススメします。
その方が、大きな売上を期待できます。

ただし、カナダは競合セラーは少ないこともあって、狙い目の市場でもあります。

アメリカでの販売に慣れたあとの
販路拡大先のひとつとしてカナダAmazonにも目をむけてみましょう。

王道のアメリカ、日本以外の販路として中国Amazonについて紹介しています。こちらの記事もチェックしてください。
日本人ライバルは不在? 中国Amazon「輸出」の方法

 

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket