Amazonからデータ取得する方法、活用アイデア まとめ

Amazonからデータ取得する方法についてまとめました。

Amazonからデータ取得する手法分類

Amazonからデータ取得する手法は以下の4つに分類できます。

Amazonのデータを収集ツール

Amazonからデータを収集できるツールは以下のようなものがあります。
より安全に使うためには、Amazon公式のデータ提供形態であるMWS-APIを用いたツールを選ぶとよいでしょう。

Amazonからデータ取得したデータの活用アイデア

ツール等を用いてまとめて収集したデータを別販路へと展開することができます。

Amazon.co.jp(日)からのデータ取得の応用

Amazon.co.jp(日)からの取得データを各販路へと広げます。

  • Amazon.co.jp(日)データ取得  ➔ データ加工  ➔ Amazon.com(出品ファイルL、カテゴリ別ファイル)
  • Amazon.co.jp(日)データ取得  ➔ データ加工 ➔ 海外ネットショップへCSV一括アップロード(shopify 、BigCommerce等)
  • Amazon.co.jp(日)データ取得  ➔ データ加工 ➔ ebayへ一括アップロード(FileExchange)

Amazon.com(米)からのデータ取得の応用

Amazon.com(米)からの取得した商品データを各販路へと展開します。

  • Amazon.com(米)データ取得  ➔ データ加工  ➔ Amazon.co.jp(出品ファイルL、カテゴリ別ファイル)
  • Amazon.com(米)データ取得  ➔ データ加工  ➔ ヤフーショップング販売
  • Amazon.com(米)データ取得  ➔ データ加工  ➔ ネットショップ販売(カラーミーショップ等)

データ加工、変換の方法

出品するためのフォーマットは媒体ごとの異なります。
そのため、収集データをそのままでは活用できないため、各媒体に応じたデータの変換を行います。

データ変換するには次のいずれかの方法があります。

  • エクセル
  • プログラミング(VBA等)
  • nextCSV

データの加工で最も手軽なのは、エクセルです。
変換前(収集データ)と変換後(変換先の販路のフォーマット)の「シート」を用意し、
関数をつかってデータを並び変えます。

大量のデータであれば、「アクセス」を用いるのも適しています。
「nextCSV」のようにCSV変換特化したツールもあるので、
媒体間のデータ変換するとき目的として使用できます。

WEBスクレイピングツール、言語 まとめ
方法 WEBスクレイピングツールの使用 プログラム言語を使って開発WEBスクレイピングツール import.io Octoparse Scraper(クロームプラグ) kimono プログラミング...
この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket