GS1事業者コード(JANコード)の取得方法【図解付き】

janカードについて正しく理解してますか?

「なんとなく手続きが面倒そうだな」もさけている人もいるかもしれません。

janコードは個人でも取得することができます。数億単位のよほどの売上規模でないかぎり費用もそれほど高くはありません。

Amazon販売では個人でもオリジナル商品の開発が活発になってきました。

Amazonに新規に商品登録する場合、JANコード必要です。

1つのGS1事業者コードに対して1000個JANコードを付与することができます。

この記事ではJANコードの登録方法について説明します。

スポンサーリンク



JANコードとは?

jan_0

JAN(Japanese Article Number)コードとは、日本国内共通の商品管理コードで、
ほとんどの商品パッケージに付いているバーコードです。
国際的にはEANコードと呼ばれています。

* JAN(ジャンコード) →日本のみの呼び方
* EAN(イアンコード) → 世界
* UPC(UPCコード) → 北米 アメリカ、カナダ

JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2つの種類があります。

Amazonでの新規カタログ登録には、標準タイプの(13桁)を使います。

JANコードは標準タイプは13桁、短縮タイプは8桁です。

JANコードは日本国内のみの呼び名です。
日本のコードは先頭が「45」または「49」から始まります。

Amazon販売でJANコード取得が必要となるケース

Amazonに新規カタログ登録出品し販売する場合、
「原則として、JANコードを取得した商品の出品が原則」となっています。
(例外として「製品コード無しの免除申請」があります。)

規約で定められています。

そのため、

・独自ブランドのオリジナル商品の販売
・海外メーカーの輸入代理店として、日本仕様(パッケージ、日本語説明書の追加など)販売する場合。

など行う場合、事前にコードの取得が必要となります。

jan

 

GS1事業者コードの申請方法

JANコードの利用には「GS1事業者コード」が必要です。

2通りの登録方法があります。
・インターネットによる申請方法
登録申請書による申請方法

オススメは、前者です。WEB上のみ登録申請量の支払いをペイジーで行えば、WEBのみで申請手続きが完了します。

インターネットによる申請方法

インターネットを通じた申請方法・内容について解説します。
以下のページからステップ1〜4の流れで行います。

http://www.dsri.jp/jan/jan_apply.html#offline

JAN_1

1.メールアドレスの登録

jan_mail_1

jan_mail_2

2.申請フォームの入力

jan_form_1 jan_form_2

3.登録申請料の支払い

コードの登録申請料は、事業者の業態区分と年商の組み合わせで決まります。
コードの有効期間は3年間有効です。

たまに勘違いされている方がいるのですが、JANコードは1つ1つに費用がかかるわけではありません。
「1つのGS1事業者コードに対して1000個JANコード」を付与することができます。

jan_toroku

4.登録通知書の受取

流通システム開発センターにて申請内容・入金を確認し不備が無ければ、約一週間ほどで「GS1事業者コード登録通知書」が普通郵便で届きます。

書類には「GS1事業者コード」が記載されています。
割り振られたGS1事業者コードを元にJANコードを作成することできます。

 

JANコードの作成方法

janコードの構成、作成方法についての解説です。

JANコードの構成(標準タイプ13桁)

JANコードは以下の3つの組み合わせで構成されています。

①GS1事業者コード(9桁)
②商品アイテムコード(3桁)
③チェックデジット(1桁)

JANコード(標準タイプ13桁)の構成 

①GS1事業者コード →通知を受け取る
②商品アイテムコード(3桁) ➔000~999までの数字を自分で任意につけるます。
③チェックデジット(1桁)➔ GS1事業者コードと商品アイテムコードを元に算出します。

 

JAN_2

チェックデジットの計算方法

チェックデジットとはJANコードの一番末尾13桁目の番号です。

流通システム開発センターのチェックデジットの計算方法ページから算出できます。

例)
GS1事業者コード 123456789
商品コード:000

例えば、上記の例であれば、
入力覧に「123456789000」と入力し「計算」をクリックします。
すると、チェックデジット表示覧に「5」と表示されます。

①GS1事業者コード(9桁)+②商品アイテムコード(3桁)+③チェックデジット(1桁)なので、

JANコードは1234567890005

となります。

チェックデジット

作成したJANコードはエクセル等で管理表を作成しておきましょう。

表の項目は最低限「ASIN」、「商品名」、「JAN」を記載し
これらの相互の紐付けがわかるようにしておくとよいです。

 

jan_excel

 

 

日本で取得したJANコードは米輸出でも使える 

日本で取得したJANコードは米Amazon輸出の新規カタログ登録時にそのまま使うことができます。
新たに、米Amaozon用に取得する必要はありません。

 

JANコードに詳しい解説は流通システム開発センターの配布している、
はじめてのバーコードガイドも参考にしてください。

jan_hajimete

最後に

一時期、Amazon上で中国輸入セラーの間で「ノーブランド商品にJANを取得し他のセラーを締め出し独占販売」というノウハウが流行りました。
これをうけて、Amazonの規約が改定され、「ノーブランド」と定義される商品でこのような手法は無効となっています。

JANコードは正しく運用しましょう。

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket