Amazon輸入ビジネスの外注化

Amazon輸出入ビジネスを加速させるためには外注化は必須です。
翻訳、カスタマー対応、リサーチ、ABテスト、商品登録等
この記事では、代表的なクラウドワークスソーシングサイトを紹介します。

よく言われるのは、「自分ができるようになったことを外注化」です。
明確な指示をするためには、細かく把握していいことはいうまでもありません。
すべての業務をそのやり方にすると、自分が手順を覚えてからでない指示が出せません。

そこで、「自分ができないことだからこそ外注化」という考えも必要です。

クラウドワークスソーシングサイト一覧

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

https://crowdworks.jp

国内で最大規模のクラウソーシングサービスです。
受託者には個人だけでなく、法人企業います。
特にツール開発、WEBスクレピング、プログラミング系の外注化にはオススメです。

ランサーズ

http://www.lancers.jp/

http://www.lancers.jp/

@soho

http://www.atsoho.com/

http://www.atsoho.com

クラウドワークスやランサーズよりも単価は安めです。

upworks(旧Odesk)

https://www.upwork.com/

https://www.upwork.com/

海外では有名なクラウドソーシングサイトです。
世界各国のクラウドワーカーが登録しているため、
国内で発注するよりも、発注金額をおさえることができる場合があります。

やりとりは言語の英語ベースです。

シュフティ

https://www.shufti.jp/

スポンサーリンク



最後

Amazon輸出入ビジネスを加速させるためにはクラウドソーシングサイトを使い作業の外注化を行いましょう。

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket