ペイパルでメールアドレス宛に支払う方法【図解付き】

ペイパルでメールアドレス宛に支払う方法を解説します。
本人確認手続きを完了した相手に支払いを行うことができます。

仕入れ元への支払いや、外注費の支払いの場面で活用します。

ペイパルでメールアドレス宛に支払う方法

ペイパルを通じて、支払い方法の手順は以下のとおりです。

1.PayPalアカウントにログインします。

https://www.paypal.com

2.上部メニューから[入出金管理]をクリックし、[支払いまたは請求]をクリックします。

paypal-pay-1

3.「商品またはサービスの代金を支払う」をクリックします。

 

paypal-pay-2

4.支払い先のメールアドレス指定

支払い先のメールアドレスを入力します。

paypal-pay-3

5.金額、通貨の指定

金額を入力し通貨を選択入力します
以下の画面例ではUSD(米ドル)を選択しています。

paypal-pay-4

6.配送先情報を指定

配送先情報を指定します。

初めて配送する住所の場合、新たに入力します。
送付済の場合は履歴からプルダウンに候補が表示されます。

外注費の支払い等で商品の発送が無い場合、「住所は不要」を選択します。

選択後、「続行」をクリックします。

paypal-pay-5

 

7.支払い方法の画面に遷移します。
ここでは、利用するクレジットカードを選択します。「いますぐ支払う」をクリックします。

スポンサーリンク

 

paypal-pay-6

8.支払い完了済の画面

paypal-pay-8

9.メールボックスに支払人、受取人の両方に確認メールが届く

支払った側にはメールボックスに「支払いが送られました」という件名で確認メールが届きます。
仕入れの場合は「取引ID」を管理表等に控えておくとよいでしょう。

受取人も確認通知メールが送付されます。
受取人はPayPalアカウントを持っている必要があります。

受取人がPayPalアカウントを持っていない場合、アカウントを新規登録し支払いを受け取ることができます。

アカウント作成手順はメールにも記載されています。

paypal-pay-9

以上でメールアドレス宛にペイパルの支払い手続きは完了です。

 

最後に

仕入れの支払いを行う場合は、
受取人(仕入元)側からインボイスを発行してもらった上で支払うのが一般的です。

取引を重ねてくると見積もり金額だけをメールでやりとりして、
メールアドレス宛に支払う場合が多くなります。

 

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク