「画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ」の使い方

Macの用の画像ソフト「画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ」の使い方を紹介します。
名前は怪しいですが、シンプルで使いやいツールです。
直感的に操作できるので、数分もかからず操作はマスターできるでしょう。

https://itunes.apple.com/jp/app/%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%81%AE%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%95%E3%82%92%E6%8F%83%E3%81%88%E3%81%A6%E7%AD%89%E9%96%93%E9%9A%94%E3%81%AB%E4%B8%A6%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%83%A4%E3%83%84/id980577198?mt=12

アップルストアで販売されています。
わずか120円のアプリです。

画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツからダウンロードします。

スポンサーリンク



「画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ」の使い方

こちらの画像で試してみます。

直感的に操作がすることができるツールです。
画像の範囲選択して「画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ」のウィンドウにドラッグします。

 

ドラッグ操作で画像の並び変えも簡単に行えます。

「✕」じるしをクリックすると画像が削除されます。 

並び方をクリックすると縦横の並びが変わります。

画像に間隔をあけることができます。

他の余白、横幅、縦幅も触ってみればどう変化するか一目超然です。

編集した画像は「書き出し」で画像の出力ができます。

最後に

「画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ」の使い方を紹介しました。
シンプルでされた画像加工ツールですおすすめです。

 

 

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket

   

コメントを残す


CAPTCHA