WordPressの記事をCSVファイルで更新! インポート、エクスポート

WordPressの記事をCSVファイルでエクスポートできるプラグイン Really Simple CSV Importer を紹介します。

スポンサーリンク



ワードプレスでCSV編集で便利になることは?

複数の記事の複数個所を一括で更新できます。

事前準備

  • CSVエクスポートプラグインのインストール
  • CSVインポートプラグインのインストール

導入後のCSV編集の流れ

  1. CSVエクスポート
  2. CSV編集
  3. CSVインポート

CSVファイルでエクスポートするプラグイン「WP CSV Exporter」とは?

ワードプレスの記事をCSVファイルでエクスポートプラグインです。

https://wordpress.org/plugins/wp-csv-exporter/

WP CSV Exporterのインストール

WP CSV Exporter
You can export posts in CSV format for each post type. It is compatible with posts' custom fields and custom taxonomies.

ワードプレスの管理画面から「プラグイン > 新規追加」を選択

WP CSV Exporter」で検索し、「今すぐインストール」をクリック

 

「有効化」をクリックします。

ツールメニューにCSVエクスポートが追加されます。

インストール完了です。

Really Simple CSV Importerの使い方

 

「エクスポート投稿CSV」をクリックします。

エクスポートできました。

エクスポートデータを開きました。

CSVインポートプラグイン「Really Simple CSV Importer」

項目一覧

項目 説明
post_id

記事もしくは割りるられるID。
新規追加の際は不要
記事の更新時は必須になりますが、

post_author 編集者の指定。
指定方法はユーザーIDもしくはユーザー名。
post_date 公開日の指定をします。
post_content 記事の本文
post_title 記事のタイトル
post_status 記事のステータスを指定する項目
よく使うステータスは

  • 公開(publish)
  • 予約投稿(future)
  • 下書き(draft)
  • 保留(pending)
  • 非公開(private)
post_name  
post_category カテゴリを指定
複数登録したい場合はカンマで区切る。
post_tags タグ名を指定
複数登録しする場合、カンマで区切る
post_parent 固定ページでの「親」記事を指定
menu_order 記事の順番の指定
post_excerpt  
post_type

投稿タイプの指定

  • 固定ページ(page)
  • 記事(post)

にするかを指定します。※必須項目

post_thumbnail アイキャッチ画像を指定
{custom_field} カスタムフィールドを指定
カスタムフィールドの項目記入
tax_{taxonomy} カスタムタクソノミーを指定。

 

活用方法は?

  • Wooマースで商品情報の更新
  • ワードプレスCSV、アナリティクスから抽出、キーワードツールから収集したデータを1画面でチェック

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket

   

コメントを残す


CAPTCHA