アメリカAmazonとカナダAmazonのアカウント統一・比較

スクリーンショット 2015-04-22 0.11.53

amazon.comのセラーセントラルの仕様変更で北米アカウントとして

同一アカウント内でUS(アメリカ)CA(カナダ)切り替えが可能となるようです。

 

以前から欧州アカウントではセラーセントラルの右上のプルダウンメニューで切り替えが可能でした。

一つのアカウント複数の市場の切り替えができて大口の月額料金も1アカウント分です。

・amazon.co.uk
・amazon.de
・amazon.es
・amazon.fr
・amazon.it

スクリーンショット 2015-04-22 0.11.53

そして今回、アメリカ、カナダでも同様の仕様となるようです。

ちなみにこの記事を書いている現時点ではまだ私のアカウントは以前の仕様のままです。

 

 

新規アカウント取得する人や

既存のアカウントを持っている人もすでに切り替わっている人もいるようです。

現在Amazonでは順次切り替えを行っているようです。

 

統一されると、1アカウント分の料金(39.99)でアメリカ・カナダ両方の大口アカウントが運用できます。

 

個人的にはいままでのままでよかったと思っています(^_^;)

というのも、カナダAmazonもなかなかオイシイ市場なんです。

 

いままでアメリカのみで販売している人もセラーセントラルにログインすれば、

いやでもカナダが目につくので、「よしカナダでも販売しよう!」と思うセラーは増えるかもしれないですね。

 

市場規模はカナダAmazonよりもアメリカAmazonに比べ方が大きいのですが、

データを比較するとおもしろいことがあります。

 

私はアメリカとカナダとで全く同じ商品も扱っているので、1個ピックアップしてみます。

この商品はアメリカAmazonでのセッション数(アクセス数)293334に対して、

カナダAmazonでのセッション数2152という数字です。

スクリーンショット 2015-04-22 0.28.39

スクリーンショット 2015-04-22 0.28.04

アメリカはカナダに対して、約14倍のセッション数ががあります。

ではアメリカの方が14倍売れているかと言えばそんなこともないんですね。

 

理由は競合セラーの数です。

カートボックスのとりずらい無在庫出品セラーはとりあえず除外して、

FBAセラー数の数で比較すると

アメリカだと67人、カナダだと2人です。

 

この数字をもとに、セッション数をセラーの数割るとそれぞれ次の数字なります。

アメリカ 293334/67 = 4378

カナダ 2152/2 = 1076

セラー1人あたりに対するセッション数で比較すると

約14倍の差がると思っていたものが、約4倍まで縮まりました。

そして、答え合わせです。

この1商品の、ここ一週間の実売数は

アメリカ34個、カナダ10個でした。

 

市場自体はアメリカの大きいのですが、

結局、需要と供給のバランスで、

カナダでも十分な販売が見込める商品は多数存在します。

 

今、アメリカAmazonで扱っている商品があれば、それをそのままそっくり

カナダ市場にも投入できるから確認してみるのもよいと思います。

 

国際輸送費もアメリカ送る場合とカナダに送る場合とではほとんど差がありません。

(国際宅配業者の料金は契約者ごとに異なるので、一概にはいえませんが)

 

ぜひ販路のひとつとしてカナダAmazonにも目をむけて見てください。

Pocket

メールマガジン登録フォーム

Amazon輸出、Amazon輸入、ebayを攻略するためのノウハウをメールマガジンでもお届けしています。

ぜひご登録ください。