Javaのバージョン確認とインストール

Javaのバージョン確認とインストール方法

スポンサーリンク



Javaのバージョン確認

Javaのバージョンを確認するには2通り

  • システム環境設定から確認する方法
  • ターミナルから確認

Javaのバージョン確認方法①システム環境設定から確認する方法

  1. 画面左上のアップルマークの中から「システム環境設定」を開きます。
  2. 「java」をクリックします。
  3. 以下の画面が開きます。少し待ちます。
  4. 一般>「バージョン情報」をクリックします。
  5. 「Javaについて」という画面が開きます。
    バージョン8であることがわかります。

    システム環境設定からJavaのバージョンを確認する方法は以上です。

Javaのバージョン確認方法②ターミナルから確認

  1. スポットライト起動
    ショートカットキー:control+スペース
  2. 「ターミナル」と入力
  3. ターミナルが起動
  4. 以下のコマンドを入力

javaインストールされていれば、以下のようなバージョン情報が表示されます。

Javaのバージョン確認は完了です。

Javaインストール

例)マックにOracle JDK 1.8のインストール
.Oracle JDK 1.8 は公式サイトで入手できます。

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
  2. 本体をダブルクリックします。
  3. 「続ける」をクリックします。
  4. 「続ける」続けるをクリックします。
  5. 「インストール」をクリックします。
  6. マックのパスワードを入力し「ソフトウェアをインストール」をクリックします。
  7. インストールが開始されますので、待ちます。
  8. インストールが完了しました。
    「閉じる」をクリックします。

    以上でJavaのインストールは完了です。

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket