スクリーンショット-2015-03-11-16.03.52

shimohara

当ブログをご覧きいただき、ありがとうございます。
管理人のshimoharaです。

経歴

2011年3月会社勤めの傍ら副業として輸入物販を開始しました。

たまたま特需の商品にのっかることもできる開始した月で月間売上220万、利益90万円を突破しました。

メーカーへの直接取引交渉もはじめから積極的に取り組み開始の次の次には、
某イギリスメーカー取引開始にいたしました。
この年の同年、月の利益200万達成します。

2012年6に退職し2012年9月、独立し物販法人設立してました。

販路

国内外問わず、様々な販路で運営しています。
多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう

国内の販路

  • 自社ECサイト
  • Amazon
  • 楽天
  • ヤフー・ショッピング
  • ヤフオク
  • BUYMA

海外販路

  • 米Amazon
  • 欧州Amazon
  • カナダAmazon
  • ebay
  • ネットショップ

物販を始めたきっかけ

今でこそ、輸出も三国間貿易もおこなっていますが、最初の物販は輸入販売から始まりました。

海外から商品を輸入した最初のきっかけは転売目的ではなく「自分のほしい商品が日本入手できなかった」でした。
具体的にはこの商品です。

Image result for ドライビングフォース GT

当時、どうしても手に入れたかったのですが、
いろんなネットショップ、家電量販店、メーカーに問い合わせました。
しかし、どこに問合せても「在庫はありません。入荷時期も未定」という返事。

そこで、ヤフオクを覗いてみると、「北米版」が目に止まりました。
出品ページの説明文を読むと、どうやらアメリカからの仕入れているようです。
しかも、出品者は個人のようです。

このときふと、「個人の出品者が仕入れができるなら自分でも同じようにできるのでは?」
という仮説が思い浮かびました。

そこで、個人でも海外から仕入れる方法はあるのか調べてみます。
調べてみたところ、海外のAmazonでも日本のクレジットカードで決済できることがわかりました。

しかし、カートに商品をいれて手続きを進めてみたところ、日本の住所宛では決済をすすめることができません。

「実際に仕入れている人がいるのに方法が無いはずがない」と考え、さらに調べてみます。

「転送会社」を使い米国アマゾン→海外住所→日本へと配送する手段があることがわかりました。
ちなみには私がこのとき使った転送サービスはスピアネットです。

計算してみると転送料金を含めても日本で買うよりはるかに安いこともわかりました。
というよりも「そのままヤフオクで販売したら利益が出る!」ことが判明しました。
そこで、自分用に1個+販売用に3個の合計4個を仕入れました。

当時は「本当に海外からちゃんと商品が届くのだろうか?」
という不安を感じつつも到着を待っていました。

その後、無事商品が届きます。
箱に多少の凹みはありましたが、特別問題はありません。

ヤフオクで出品すると、一週間に以内で1個あたり利益5000円✕3個で合計1万5000円ほどの利益になりました。

物販に可能性を感じた瞬間です。

物販に本格的に参入を決めたきっかけ

さらに物販に、本格的に参入するきっかけとなったのは、Amazonで爆発的に売れたとこです。
当時は「個人輸入転売」ではebayで仕入れ、ヤフオクで販売する方法が最も主流でした。
無在庫販売どころから、まだ輸入とAmazonを組み合わせた販売自体がそれほどメジャーではなかったと思います。

リサーチした商品を入荷予定販売で販売に出品してところ、「分単位」で注文が入ること大きな可能性が感じました。
いまでこそ、Amazon無在庫輸入転売の手法も有名になってきていますが、もしかすると元祖は私かも!?しれません。
新品だけけなく、アマゾンで中古品の無在庫販売も行っています。

実はこれは、ebay、米Amazon仕入れ→日本Amazon販売の無在庫輸入です。

↓当時の受注メールが過去のブログに残っていたのでひっぱり出してきました。

貼り付けた画像_2017_05_13_17_24

ebayでロシアから仕入れました。

Image result for ガイガーカウンター

この商品はebayを通じてウクライナから仕入れました。

Image result for ガイガーカウンター TERRA

LEDランタンで海外のネットショップ、amazon、ebay、
在庫があるところかかき集めて販売しました。

物販開始翌月からメーカーとの直接取引

かなり利益は出たのですが、
商品が商品なのでなんとくなく後ろめたさを感じていました。
また、継続性があるとも思えませんでした。
「一次的な特需でありたまたま大きく売れただけ」と理解していました。

そこで、すぐに新規メーカーの取引先開拓をはじめます。
90社以上はメールを送ったと思います。

半分は以上は返信すらありませんでしたが、
何件かは好意的な返事が帰ってきました。

あるメーカーと取引開始することになり、今で現在でもずっと取引関係があります。
この時点でまだ開始後、一ヶ月たっていない位だったと思います。

その後、いろんな物販にチャレンジします。

あらゆる販路への展開

  • ebay→ヤフオク
  • amazon無在庫輸入
  • amazonFBA販売
  • 無在庫ネットショップ
  • BUYMA
  • ヤフーショッピング
  • 楽天
  • 海外Amazon無在庫輸出
  • 海外AmazonFBA販売
  • 海外newegg販売
  • ebay輸出
  • 中国輸入相乗り
  • 中国OEM
  • 三国間貿易

現在の物販

現在は各販路をバランスよく販売していますが、
特に力をいれているのは、次の以下です。

  • 輸入代理店
  • オリジナル商品の開発

オリジナル商品を世界各国で売りの大きな成果を出すことが目標です。

構想

貼り付けた画像_2017_05_15_3_42

このブログで発信すること

このブログで発信することは、一番の目的は日々の思考の整理、情報の整理が目的です。
頭でわかっているつもりでも以外と理解しきれていないことがあります。
言語化することで頭の中もスッキリします。

よく、「エバーノート」を日々のメモ帳として愛用しています。
物販について情報を調べたり、思考したりアイデアを練り答えがわかったとき、
「これ同じ部分で困っている人いなかな?」と思うことがよくあります。
公開しても問題ないなと思うことは、ブログで公開していきます。

Amazon輸出入情報商材などでは、一見ボリュームがあるように見えてもコンテンツのほとんどは「サイトの登録方法」等の手続き方法が大半です。
手続き方法やサイトの使い方は稼ぎの本質的な部分ではないので、これもどんどん公開しています。

プラス副産物としてコンサルティングのご要望があればうけています。
(基本的にはほぼ年中コンサル停止中ですが。)

 

Amazon輸出まとめ
マーケティングの基礎知識Amazon輸入の基礎知識AmazonFBA輸出の全体像Amazon無在庫輸出の全体像財務アマゾン輸出の本Amazon輸出の準備Amazon輸出リサーチ需要予測ASIN取...
Amazon輸入まとめ
マーケティングの基礎知識 Amazon輸入ビジネスの基礎知識Amazon輸入の本の紹介Amazon輸入のリサーチAmazon輸入のリサーチ、マーケティングは需要の高い商品を扱いましょ...
ebay輸出まとめ
マーケティングの基礎知識物販の基礎知識全体像 事前準備リサーチ仕入れ物流商品登録一括登録 リミットアップFileExchange全体像使い方①新規商品出品使い方②商品情報の...
中国輸入OEM オリジナル商品開発のまとめ
中国輸入OEMのやり方のまとめ基礎知識中国輸入OEMの全体像 流れ1.市場規模をリサーチ ※保護中2.商品選定 ※保護中3.オリジナル化し参入障壁をつくる  4.仕入...