仮想通貨「ビットコイン」とは? | 購入方法・特徴・価格・チャート

bitcoin-buy




投資対象や決済手段として注目が高まっている「仮想通貨」。

「ビットコインはどこで買えばいいの?」
「ビットコインはどうやって買えばいいの?」

という初心者の方向けに、仮想通貨「ビットコイン」の買い方を解説します。

ビットコインは、パソコンやスマホからインターネットを通じて買うことができます。

ビットコインとは?

bitcoin-logo

仮想通貨「ビットコイン」

ビットコインとは、「サトシ・ナカモト」という人物が2008年に9ページの論文を元に開発された世界初の分散型通貨です。

ビットコインとは、「仮想」の「通貨」です。

ビットコインの単位は「単位は「BTC(ビーティーシー)」です。

ビットコインの生みの親、謎の人物「サトシ・ナカモト」

ビットコインの生みの親のである「サトシ・ナカモト」は、本名なのか?個人なのか?

国籍・年齢・性別など詳しい正体はわかっていません。

100万枚のビットコインを保有していると言われています。

中央集権が存在しない

「円」や「ドル」など法定通貨と違い、「政府」や「中央銀行」のような中央集権が存在しません。

ビットコインの総量は、2100万枚

ビットコインの発行枚数の上限は、2100万枚。
2140年までにすべての採掘が終わる見込みです。

それ以降は新規に発行されません。

ビットコインの価格は変動する

ビットコインの価格は高くなったり低くなったり価格が変動します。
勝った時よりも高くなったときに売れば利益をえることができます。

ビットコインは、数百円から買える

ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) で表されます。

本記事執筆時点では1BTC=90万円台で推移しています。

これを聞くと「ビットコインを買うには、1BTC分の資金が必要なのか?」という疑問を持つ方もいます。
ビットコインは「0.0001BTC」のように小さい単位から買うことができます。

全ての取引履歴が記録されている

ビットコインは全ての取引履歴が記録されています。履歴は次のサイトから確認できます。

Bitcoinブロックエクスプローラ – ブロックチェーン

ポイント

  • ビットコインは仮想通貨。単位は「BTC(ビーティーシー)」
  • ビットコインの生みの親、謎の人物「サトシ・ナカモト」
  • ビットコインの総量は、2100万枚
  • 仮想通貨に中央集権が存在しない
  • 数百円からも購入できる

仮想通貨の種類

仮想通貨には、種類があり「ビットコイン」だけではありません。

仮想通貨は1000種類以上

仮想通貨は1000種類以上存在します。
もっとも知名度が高く時価総額の大きな仮想通貨がビットコインです。

「ビットコイン」と「アルトコイン」

仮想通貨を大きくわけると次の2種類です。

  • 「ビットコイン」:ビットコインのみを差す
  • 「アルトコイン」:ビットコイン以外の仮想通貨

主要な仮想通貨

通貨名 時価総額 市場価格 発行量
1位 ビットコイン 約19兆8000円億円 約117万円 約1600万BTC
2位 イーサリアム 約9兆8000億円 約10万円 約9500万ETH
3位  リップル 約4兆7000億円 約1.2万円  約380億XRP 
3位 ビットコインキャッシュ 約2兆7000億円 約16万円 約1600万BCH
5位 ライトコイン 約1兆3000億円 約2.4万円 約5300万LT

関連記事:仮想通貨の時価総額とは? ランキングをチェック

仮想通貨「ビットコイン」購入に必要な準備

Preparation-4

仮想通貨「ビットコイン」購入するために、必要なものは次の4つです。

  • インターネットにつながるパソコン・スマホ
  • メールアドレス
  • 銀行口座
  • ビットコインを買うための資金

インターネットにつながるパソコン・スマホ

口座開設、売買、引き出し等は、インターネットにつながるパソコン・スマホを通じて行います。

メールアドレス

取引所に登録するためのメールアドレスが必要です。
セキュリティのため、他のサービスで使っているものではなく取引所に登録するために別途用意することをおすすめします。

銀行口座

取引所からお金を引き出すときには、銀行口座が必要です。
インタネットからいつでも確認できるネットバンクが便利です。

ビットコインを買うための資金

仮想通貨には、値動きがあるため、損をする可能性もあります。
必ず余裕資金で取り組みましょう。

「取引所」「販売所」とは?

ビットコインは「取引所・販売所」で売買します。

金融庁に「仮想通貨交換業者(取引所)」登録されている国内の取引所は16社(2018年2月現在)

取引所と販売所

ビットコインを購入する前に、「販売所」と「取引所」の違いについて知る必要があります。

「取引所」と「販売所」とでビットコインを買える価格が違うため、理解しないままでいると、不利な価格条件で買うことになってしまいます。

  • 販売所:「ビットフライヤー」「ザイフ」など業者の保有する仮想通貨を売買
  • 取引所:「板」を通じて他のユーザーと売買 オススメ!

ビットコインを安く買うためには、「取引所」で売買しましょう。

ユーザー同士で売買する「取引所」

販売所とは

取引所とは、ビットコインコインを「売りたい人」と「買いたい人」を仲介するサービス。

「板」を通じてして他のビットコイン保有者と売買します。

販売所よりも安く買うことができます。

ビットコインの販売会社と売買する「販売所」

「販売所」とは?

「コインチェック」「ビットフライヤー」「ザイフ」「GMOコイン」「dmm bitcoin」などの販売会社の保有する仮想通貨を直接買うのが「販売所」です。

スポンサーリンク

ネット上で簡単に取引ができます。

ただし、販売会社が決めて価格で買うことになり取引所に比べ割高になるので注意が必要です。

取引所と販売所のメリット・デメリット まとめ

  販売所 取引所 おすすめ!
メリット
  • すぐに買うことができる。
  • 簡単に買うことができる
  • 細かい単位で買うことができる
  • 販売所よりも安く買える
デメリット
  • 取引所よりも価格が高い
  • 「指値」「成り行き」など注文方法を覚える必要がある

関連記事:知らないと手数料を損をする「販売所」と「取引所」の違い【超初心者向け】

仮想通貨購入までの流れ3ステップ

仮想通貨購入までの流れは、大きくわけて3ステップです。

  1. 取引所で口座開設
  2. 取引所の口座へ日本円を入金する(銀行振込み)
  3. 取引所・販売所で仮想通貨を購入

1.ビットコインを扱う取引所で口座開設する

取引所の口座開設はインターネットから簡単に手続きできます。口座開設費用・維持費用は無料です。

この中でユーザー数が多く人気のおすすめの取引所は

の2つです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

\取引量・ユーザー数・資本金No1!/

Zaif(ザイフ)

詳細:仮想通貨取引所「bitflyer(ビットフライヤー)」の新規アカウント登録・口座開設方法【図解】

\Zaifコイン積立/
ビットコインの取引で手数料がもらえる

詳細:【完全図解】仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」の新規アカウント登録(口座開設)方法

2.取引所の口座へ日本円を入金する

取引所の口座開設が完了したら、日本円を入金します。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法は、「銀行振込」と「クイック入金」。
スマホからも簡単に手続きができます。
詳しい手順は以下の記事で解説しています。

詳細:bitFlyer(ビットフライヤー)スマホアプリから入金する方法【iPhone/Androd】

Zaif(ザイフ)の入金方法

Zaif(ザイフ)に日本円を入金する方法は「銀行振込による入金」「コンビニ決済入金」「ペイジー入金」の3通り。
詳しい手順は以下の記事で解説しています。

詳細:取引所「Zaif(ザイフ)」に日本円入金する方法【図解解説】

3.仮想通貨を購入する

取引所へ入金が完了したらビットコインを購入します。

「bitflyer(ビットフライヤー)」の取引画面

「bitflyer(ビットフライヤー)」の取引画面

詳細:bitflyer(ビットフライヤー) でビットコインを購入する方法【図解】

「販売所」と「取引所」の違いとは?

 

  • 販売所:ビットコインの販売会社から購入。簡単にすぐ買うことができる
  • 取引所:「板」を通じて他のユーザーと仮想通貨を売り買い

販売所

 

「販売所」とは?

「コインチェック」「ビットフライヤー」「ザイフ」「GMOコイン」「dmm bitcoin」などの 販売元の保有する仮想通貨を直接買うのが「販売所」です。

メリット

  • すぐに買うことができる。
  • 簡単に買うことができる
  • 細かい単位で買うことができる

デメリット

  • 取引所よりも価格が高い

取引所とは?

販売所とは

「板」を通じて他のユーザーと仮想通貨を売り買いするのが「取引所」です。

メリット

  • 販売所よりも安く買うことができる。

デメリット

  • 「板」の見方を知る必要がある
  • 「指値」「成り行き」など最低限の注文の仕方を知る必要がある