大手仮想通貨取引所「コインチェック」から5.4億XEM(620億円)以上が不正出金? | 全通貨出金制限




仮想通貨の大手取引所「コインチェック」にて、620億円以上が不正出金の被害が発生していることがわかりました。

サイバー攻撃による盗難ではないかと見れています。

コインチェックでは、全通貨の出金制限をかけています。(2018年1月26日記事執筆時点)

今回の騒動は、仮想通貨「XEM(ネム)」そのものの脆弱性ではなく、取引所の「コインチェック」セキュリティの問題です。

大手仮想通貨取引所「コインチェック」から5.4億XEM(620億円)以上が不正出金?

1月26日 コインチェックのXEMアカウントから5.2億XEMの送金履歴が確認される

「XEM(ネム)」は105円→80円急落

105円前後で推移してところから一時112円まで上がり、その後80円代まで急落しました。

今回の不正送金と思われる被害は「XEM(ネム)」そのものの脆弱性ではなく、取引所のセキュリティの問題です。

コインチェック (NEMの入金停止→全通貨の出金停止)

  • 1/26 12:07 NEMの入金制限
  • 1/26 12:38 NEMの売買一時停止
  • 1/26 12:52 NEMの出金一時停止
  • 1/26 16:33 取り扱い通貨全ての出金を一時停止
  • 1/26 17:23 BTC以外(オルトコイン)の売買を一時停止
  • 1/26 18:50 クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金による入金が一時停止

コインチェックの公式ブログの発表内容

コインチェックの公式サイトで本記事執筆時点で発表されている内容は以下のとおり。情報は随時更新されているので、最新情報は、コインチェックの公式ブログ「【重要】NEMの入金について(随時更新)」で確認してください。

【重要】NEMの入金について(随時更新)

※本記事は随時追記を行なっております。昇順の時系列にて記載しておりますため、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

この度はご迷惑をおかけしておりまして申し訳ございません。原因や詳細など、判明次第早急にお知らせ致します。
——————
1/26 12:07

現在、NEMの入金について制限をさせていただいております。入金を行いました場合、残高に反映がされませんため、入金を行わないようお願い申し上げます。

みなさまには大変ご迷惑をおかけしておりますが、ご了承くださいますようお願い致します。
詳細に関しましては、判明次第、当ブログや公式SNSにてお知らせを致します。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

公式twitter:https://twitter.com/coincheckjp

——————
1/26 12:38 追記

現在、NEMの売買についても一時停止をしております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

——————
1/26 12:52 追記

現在、NEMの出金についても一時停止をしております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

——————
1/26 16:33 追記

現在、JPYを含め、取り扱い通貨全ての出金を一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

——————
1/26 17:23 追記

現在、BTC以外(オルトコイン)の売買を一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

——————
1/26 18:50 追記

現在、クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金による入金が一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

ご迷惑、ご心配をおかけしておりまして申し訳ございません。原因や詳細など、判明次第早急にお知らせ致しますため、何卒、よろしくお願い申し上げます。

出典: 【重要】NEMを始めとした取扱通貨について(随時更新) | Coincheck(コインチェック)

NEM財団代表、「Lon Wong(ロン・ウォン)のコメント

NEM(ネム)財団の創始者、「Lon Wong(ロン・ウォン)」氏は、コインチェックのハッキング疑惑についてTwitter上でコメントを残しています。

NEM財団代表、「Lon Wong(ロン・ウォン)

コインチェックチェックがハッキングされたのは残念です。しかし、私たちが援助できることは尽力します。

コインチェックの本社前には、報道関係者やユーザーが

コインチェックが入居している渋谷オフィス前では、報道関係者やユーザーが集まっています。

他社取引所への影響

ビットフライヤー

一番安全な仮想通貨の保管方法は「ハードウェアウォレット」

ハードウェアウォレットとは、暗号通貨を安全に保管するデバイスのこと。

メジャーなハードウェアウォレットは「Ledger(レジャー)」「TREZOR(トレザー)」「Keepkey(キープキー)」の3つです。

価格情報は記事執筆時点のAmazonの価格です。最新の在庫状況、価格はリンク先を確認してください。

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】


Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】
15,500円

対応仮想通貨20種類以上 ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ドッジコイン、ダッシュ、ゼットキャッシュ、ライトコイン、コモドコイン、ストラティス、PoSW、ビットコインゴールド、ステラー、ネオ
Ledger Nano Sの対応仮想通貨

Ledger Nano Sの対応仮想通貨

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ホワイト)


ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ホワイト)
価格: ¥ 17,800

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)


ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)
価格: ¥ 17,800

KeepKey


KeepKey
価格: ¥ 18,900

Ledger(レジャー)の正規販売代理店

Ledger Wallet – Ledger retailers network(Ledger公式サイト)

関連記事

Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク