グーグルトレンドの活用法

Googleが無料で提供しているグーグルトレンドは簡単に検索キーワードのトレンド探れるツールで、Webサイトの運営にはかかせないトレンドの動向を確認することができます。うまく使いこなせば、ほかの検索キーワードリサーチツール以上にSEO対策にばっちりのツールとして使うこともできます。ここでは、グーグルトレンドをどのように活用できるのかについて解説していきます。

グーグルトレンドの基本的な使い方

使い方はいたってシンプルで登録も利用料もかかりません。メインメニューには「調べる」「急上昇ワード」「Year in Search:検索で振り返る」の3種類があります。「調べる」では検索キーワードを入力し、期間、場所、カテゴリなどを指定することで検索キーワードのトレンドの動向を調べることができます。グラフでの表示、関連キーワード・トピック・ニュースなども表示してくれるためわかりやすく、使い勝手がよいツールです。さらに、複数の検索ワードを入力することで検索キーワード同士の比較もできます。「急上昇ワード」は24時間以内に検索数が急上昇した検索キーワードをランキング形式で表示してくれるため、直近のトレンドを調べるにはピッタリです。最後に、「Year in Search: 検索で振り返る」では、1年間のトレンドをランキング形式で表示し、その年に検索数が前年に比べて上昇したトレンドワードを知ることができます。

グーグルトレンドの活用法

それでは、ここから具体的な活用方法をいくつか紹介していきます。主にSEO対策になるものが多いかと思います。

検索ボリュームのトレンドを調べる

グーグルトレンドは検索回数を表示する一般的なキーワード検索ツールと異なりトレンドを表示します。これからますます検索数が上昇していきそうなキーワードなのか見極められるため、キーワードリサーチに使えます。また、期間を2~3年のスパンでフィルターをかけると、グラフで簡単に検索ボリュームの動向がわかるため、マーケティングに力を入れるタイミングを計ることができます。例えば、季節によって需要がある検索キーワードの場合、一定期間を空けてグラフの数値が上昇しまたフラットに戻るということを繰り返すというのが、グラフをみて簡単に理解できます。これで不必要な時期に労力をかけることなく、効率的に作業に集中できます。

急上昇キーワードを調べる

急激に人気の高まっている検索キーワードを知ることで、まだ競争率の低いキーワードを探し出すことができます。ブログやYouTubeのポストをいち早く作成することができれば、グーグル検索ページのトップに表示させることが可能になります。検索キーワードがどのくらい上昇したか%表示されるので、5000%越えの急上昇ワードを狙うことができればその可能性が高まります。長期で見た場合はあまりおすすめできない方法ですが、ブログ1記事、YouTubeビデオ1本など単発的なものであれば活用できそうです。

YouTube ビデオのためのキーワードを探す

グーグルトレンドはグーグルエンジン内での検索キーワードを調べるために最適なツールですが、なんとYouTubeのキーワード検索もできてしまう素敵なツールでもあるのです。検索の幅をYouTube検索のみに絞り込むことで、YouTubeでのトレンド検索キーワードを探すことができます。同じ要領で、ウェブ検索のほかに「画像検索」、「ニュース検索」、「Googleショッピング」が選べますので目的の用途に焦点を合わせて検索ワードのトレンドを調べることもできます。

新しいキーワードを探す

特定の検索キーワードが思いつかなくてもSEO対策の検索キーワードのトレンドを見つけることができます。「急上昇ワード」を使うとリアルタイムに更新される24時間以内に検索数が急上昇したキーワードをランキング形式で確認することができます。ただし、ここに掲載される検索キーワードはかなり短期的にトレンドに上がるものが多いので、ブログなどの単発的なキーワード検索にもあまり使えないことが多いです。しかし、もし24時間を超えてランキングの上位にある検索キーワードを見つけることができた場合、例えば新作の商品が販売開始した場合などは、その検索ワードが今までにない全く新しい検索ワードとして登場したことを示します。これは、典型的なキーワード検索ツールでは見つけることが難しいといわれているため、グーグルトレンドを利用することでいち早く最新トレンドワードを発見できます。検索時にカテゴリ(ビジネス、エンターテイメント、スポーツなど)が選べるので、絞り込むことをおすすめします。

関連キーワードを調べる

これはon-page SEO対策にかなり有効となります。検索キーワードを入力するとそのワードのトレンドを表示するグラフとともに、関連キーワードと関連トピックがランキング形式で表示されます。ランキング上位に表示されたこれらの関連ワードをコンテンツに含むことによって、グーグルにおけるあなたのターゲットキーワードをより強化することができます。

ローカルビジネスに活用

もし、地域限定のビジネスを経営しているようであれば、「地域別のインタレスト」が役に立ちます。検索キーワードを入力し地域、都市などを選択すると検索キーワードの人気度が0から100の間で色別に表示されます。これは地域の人口などが考慮されるため、単に検索数が多い地域が高い値で表示されるわけではありません。例えば、同じ検索数だった場合、少ない人口のほうが人気度は高くなるといった感じです。特定の地域にあったサービスなどを考える際に役立ちそうですね。同様に、ローカルSEO対策の検索キーワードを洗い出すことができます。

検索キーワードを比較する

「調べる」のツールでは、検索キーワードを最大5つまで追加することが可能です。欄の右側にある「比較」をクリックし比較したい検索キーワードを入力するだけで、1つのグラフにそれぞれのトレンド動向が表示されます。例えば、同じ麺類で「ラーメン」「うどん」「そば」「スパゲッティ」「フォー」などを比較すると、どの麺類が人気なのか、さらに地域を絞ることで地域によって人気度に差がないかばどの需要を知ることができます。同様に、似たような家電(ストーブ、エアコン、カーボンヒーターなど)を販売するときなどに利用できそうです。

メール配信登録

メールアドレスを登録することにより、注目すべきイベントの最新情報を受け取ることができます。「登録」のメニューから、+ボタンを選択することで設定可能です。特定の検索キーワードまたはトピックを入力し地域の選択、頻度(週一か月一程度)を入力すると、グーグルトレンドから通知メールを受け取ることができます。また、急上昇ワードの検索トレンドに関する通知も受け取ることができるため、最新の検索キーワードを取り逃した…ということを防ぐことができます。

 

まとめ

ここでは、グーグルトレンドの活用法について述べてきました。多くの人がスマートフォンを常に持ち歩き、どこでも簡単に調べたいことを検索できる時代、関心の高い検索キーワードを知ることでは消費者の需要を知り的確な提供を行うことができます。オンラインビジネスが主流となっている現在これはとても重要なことです。グーグルトレンドを使いこなすことができれば、経費も一切かからずに自身のビジネスに活かすことができそうですね。無料かつ手間のかかる登録は一切ないので、様々な機能を実際に利用してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です