デジタルコンテンツの販売方法比較

デジタルコンテンツの販売方法を比較紹介します。

デジタルコンテンツの販売方法比較

note

https://note.mu/

販売できるもの トーク、イメージ、テキスト、サウンド、ムービー
初期費用 無料
運営費用 無料
独自ドメインプラン(500円/月、別途ドメイン費用)
販売手数料 プラットフォーム利用料:(売上 – 決済手数料) × 10%
決済手数料:クレジットカード決済  5%、携帯キャリア決済 15%
メリット

  • 特別な知識がなくてもカンタンに販売開始できる
デメリット

  • デザインの自由度が低い

noteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。

Kindle ダイレクト・パブリッシング

https://kdp.amazon.co.jp/

Amazonのサイトで販売できる

販売できるもの 電子書籍
ロイヤリティ 小売価格に対して70% or 35%

Kindle ダイレクト・パブリッシングは、大手通販サイトAmazonが提供しているセルフ出品サービスです。

出版した電子書籍はAmazonのサイト上で販売できます。

BASE

https://thebase.in/

HTML & CSSの知識不要

販売できるもの 写真・テキスト・音楽データ
メリット

  • HTMLやCSSの知識不要
デメリット

  • デジタルコンテンツは、スマホからダウンロードできない

HTMLやCSSの知識が無くてもカンタンにネットショップを構築できるサービスBASE(ベイス)。

ベイスでは、形のある商品だけでなくデジタルコンテンツの販売もできます。

WordPress+ Woocommace

運営費用 WordPressテンプレート(無料〜1万)
サーバー代(月1,000円〜)
ドメイン代金(年1,000円〜)
販売手数料 なし
メリット

  • 販売手数料がかからない
  • サイトデザインの自由度が高い
デメリット

  • WordPres + Woocommaceの構築スキルが必要
  • サーバー費用、ドメイン代がかかる

世界的なCMS「WordPres」とWordPres用決済プラグイン「Woocommace」の組み合わせ。

WordPresとWoocommace自体は、オープンソースのため、無料です。

「WordPresの構築スキルがある」
「Woocommaceの使い方を熟知している」
「システムトラブルが起こった時に、自力で調べて解決できる」
「既存のWordPresサイトに決済機能を加えたい」

という人におすすめの方法です。

関連:WooCommerce 記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。