WEBサイト上でのユーザーの動きを可視化!ヒートマップツール User heat

ヒートマップツールUser heatを紹介します。
販売商品のランディングページの改善点のチェック等に活用できるツールです。

ヒートマップとは?

ヒートマップとは、ユーザーのマウスの動きをデータの強弱を色の濃さで可視化したものです。
簡単に、直感的にWebアクセス解析を行うことができます。

ヒートマップツールUser heat

http://userheat.com/

http://userheat.com/
UserHeatで1サイトあたり無料で月間30万PVまで分析することできます。
30万PVを経過後は計測がストップします。自動で課金されるようなことはありません。
ヒートマップが見れるようになるには、データが貯まるまで待つ必要があります。

5種類のヒートマップを無料で利用可能

  • 熟読エリア
  • 終了エリア
  • クリックエリア
  • マウスムーブ
  • 離脱エリア

熟読エリア

訪問者のマウスの動きや滞在時間をもとに、このページがどのように見られているか可視化したヒートマップです。
よく見られている段落が赤く表示されています。

終了エリア

ページがどこまで読まれたかを表しています。
横幅とパーセントの数字は、どのぐらいのユーザーがその場所まで見たかを示しています

クリックエリア

ページのどこがクリックされたかを可視化しています。
このページのクリックのうち、「ユーザーが一番最後にクリックした場所」だけにしぼって表示しています。

マウスムーブ

ページを訪れたユーザーが、マウスをどのように操作したのかを、複数同時に確認できます。
複数人の動きを同時に見ることで、このページでのユーザー閲覧行動の傾向が明らかになります。

離脱エリア

グローバルナビゲーションの解析結果一覧をクリックすると、ページの一覧がでてきます。
みたいページのページ名をクリックします。

ヒートマップツール User heatの設置方法

HTMLでの設置方法

設置するページのHTMLファイルの「</head>」のタグ直前に取得したタグを設置します。

タグマネージャでの設置方法

Googleタグマネージャ
管理画面を開き、[新しいタグを追加]を押し、[カスタムHTMLタグ]を選択します。
取得したタグを[タグを設定]に設置し、[配信するタイミング]を任意で指定します。

動作が確認されているCMS

WordPress

動作が確認されているBlog ASP

ブログASPでは、Javascriptの編集が許可されているASPのみ対応
Ameba Blog(アメブロ)
ブログの管理画面を開き、[設定・管理]タブを押し、[サイドバーの設定]タブにある[>>プラグインの追加はこちら]を選択してください。
追加するプラグインとして、「フリープラグイン」を選択して、解析タグをコピーペーストして追加します。
(もしも、すでにフリープラグインを利用している場合は、管理画面の[サイドバーの基本設定]を開き、フリープラグイン項目右側の[編集]をクリックし、取得したタグを追加してください)
つぎに、[サイドバーの設定]タブにある[配置設定]を選択し、フリープラグインを [使用しない機能] から[使用する機能]のコーナーにドラッグして移動して、保存を押してください。
(※「ルーム」には解析タグを設置することができません)
Livedoorブログ
ライブドアブログにアクセス解析を設置する方法は、ブログの管理画面にて[ブログ設定]→[デザイン/ブログパーツ設定]→[カスタムJS]を選択します。
つぎに[head内]を選択し、取得したタグを追加し変更を保存してください。
Hatena Blog
ブログの管理画面を開き、[デザイン]タブを押し、[カスタマイズ]タブを押し、[ヘッダ]、または、[フッタ]を選択してください。
[HTMLを記述できます]に取得したタグを追加して、変更を保存してください。
FC2ブログ
ブログの管理画面で、[設定]の中にある[テンプレート]を選択します。
PC用のテンプレート管理を選択し、表示されるHTMLの</body>タグの前に、取得したタグ追加して更新してください
スマートフォン用につきましてはスマートフォンのテンプレート管理を選択し、表示されるHTMLの</body>タグの前に、取得したタグ追加して更新してください
Blogger
ブログの管理画面を開き、[テンプレート]タブを押し、[HTMLの編集]をクリック、表示されるHTMLの「</head>」のタグ直前に取得したタグを設置します。
ヤプログ!
ブログの管理画面を開き、[デザイン設定]タブを押し、[サイドバーの設定]を選択。[サイドバーの追加]を選択し、上の項目にサイドバーの名前、下の項目に取得したタグを追加し、保存してください。
つぎに、[並び替え]を選択し、[使用しない機能] から[使用する機能]に先ほど作成したサイドバーをドラッグして移動して、保存を押してください
Seesaaブログ
ブログの管理画面にて[デザイン]→[デザイン設定]を選択してください。[HTML編集]を選択し、表示されるHTMLの「</head>」のタグ直前に取得したタグを設置します。
JUGEM
ブログの管理画面で、[デザイン]→[フリースペース]を選択します。フリースペースのいずれかに、取得したタグをコピーペーストしてから、[公開・非公開]を「公開」にしてから保存します。
忍者ブログ
ブログの管理画面で、[デザイン]→[PC用テンプレート]を選択します。
現在使用中のテンプレートの[修正]を選択し、続くページにて、表示されるHTMLの </head>のタグ直前に取得したタグを設置し保存します。
Niftyココログ
まず、ブログの管理画面にて[ブログ]→[設定]→[基本情報]を選択してください。
ブログのサブタイトルの中に取得したタグを設置します。以上の設置作業でパソコン・携帯の両方のブログを解析することができます。
はてなダイアリー
利用できません。利用をご希望のユーザーは、はてなブログをお使いください。
ヤフーブログ
利用できません。
楽天ブログ
利用できません。
SNS、Twitterなどのサービス
利用できません。

出典 User heat

ヒートマップツールUser heatのワードプレスプラグインの導入方法

WordPressをご利用の方は、UserHeatプラグインがあります。このプラグインを利用することで、WEBサイトのソースコードに手を加えることなく、数分でヒートマップ解析を導入することが出来ます。

インストール手順

1.WordPressの管理画面にログインします。
2.左メニューより「プラグイン」 > 「新規追加」をクリックします。

3.検索ボックスに「userheat」と入力して Enter を押します。

プラグインがうまく見つかりませんでした。手動インストールの方法を試みます。

スポンサーリンク

 

手動インストール

  1. Heatmap UserHeatのダウンロードページにアクセス
  2. ダウンロードをクリック

    2.左メニューより「プラグイン」 > 「新規追加」をクリックします
  3. プラグインのアップロードをクリック
  4. ファイルを選択後、今すぐインストールをクリックします。
  5. プラグインの有効化をクリック
  6. 次はIDの設定を行いましょう。左メニューに新しく追加された、「UserHeat」をクリックしてください。
  7. GroupIDの設定をします。入力フォームにGroupIDを入力して、「登録」をクリックしてください。

  8. SiteIDを入力し「登録」をクリックします。
  9. 「サイトIDを登録しました。」を出たら設定完了です。
  10. 以上で導入作業は完了です。後は、ユーザーがあなたのWEBサイトにアクセスしてデータが蓄積されるのを待ちます。
    50~100PV程度のアクセスがあると、「解析結果の一覧ページ」からヒートマップが閲覧できるようになります。
  11. ブックマークにいれておきましょう。

ヒートマップツールUser heatの導入方法

  1. User heatにアクセス
  2. URLを入力し、「登録する(無料)」をクリック
  3. メールアドレス、パスワードを入力、パスワードを再入力を入力し、
    「登録」をクリック
    ※他項目は必須ではありません。
     
  4. メールアドレスパスワードを入力しログインをクリックします。
  5. 以下の画面が表示されます。

グーグルアナリティクスとの連携

  1. 「設定」をクリック
  2. 「グーグルアナリティクスと連携する」をクリック
  3. アカウントを選択する
    グーグルアナリティクス設定済のアカウントを選択します。
  4. 許可をクリックします。
  5. 以下画面が表示されれば連携完了です。

Search Consoleとの連携設定

Google Search Consoleと連携すると検索キーワードが可視化できます。

  1. 「Google Search Consoleと連携する」をクリック
  2. アカウントの選択
    サーチコンソール設定済のアカウントを選択してください。

  3. 許可をクリックします。
  4. 以上でGoogle Search Consoleと連携設定は完了です。

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク