Google、「ページの読み込み速度」をモバイル検索結果のランキング要素とする「Speed Update」実施

Googleは2018年7日9日、「ページの読み込み速度」をモバイル検索結果のランキング要素とする「Speed Update(スピード・アップデート)」をすべてのユーザーに対して導入を開始したと発表しました。

Googleの検索結果に上位表示される要因は複数あり、「ページの読み込み速度」はそのひとつです。

「検索意図に対してユーザーにとって役に立つ最もコンテンツ」が重要なので、ただ早ければ上位表示されるわけではありません。

「ページの読み込み速度」がモバイル検索結果のランキング要素に「Speed Update」

「モバイル検索結果ページの読み込み速度」を検索結果ランキング要素とする「Speed Update」

これまでデスクトップ検索を対象として「ページの読み込み速度」は検索順位の要素として使用されていました。

今回、「モバイル検索結果ページの読み込み速度」も検索結果のランキング要素となりました。

ユーザーに本当に遅い体験を提供しているページが影響

Google株式会社のサーチクオリティーチームでシニア・サーチ・エバンジェリストを務める金谷武明氏は、Twitterにて以下を補足しています。

読み込み速度をURL入力だけで簡単チェック「PageSpeed Insights」

Webサイトのページの読み込み時間は、Googleの公式無料ツール「PageSpeed Insights」で確認できます。

「PageSpeed Insights」を使えば、URLを入力するだけで簡単にページの速度を簡単に分析できます。

参考:WEBサイトの表示速度を測定する方法(外部サイトリンク)

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。