Amazon輸出 送料設定の方法

Amazon輸出の送料設定の方法の方法を解説します。

送料は無料設定にする

送料は無料にすることがオススメです。

ユーザーから見た時が送料無料であれば合計価格がわかりやすくなるためです。
Amazonでも送料は無料に設定することを推奨しいます。

上図の赤線で囲んだ中の、「73 New」をクリックするとセラーの一覧が表示されます。

貼り付けた画像_2017_05_14_2_11

「Free shipping」にチェックを入れると、送料がかかるセラーは表示されなくなます。
Amazonの商品ページでは「Free shipping(送料無料)」で絞り込む機能があります。

貼り付けた画像_2017_05_14_2_12

貼り付けた画像_2017_05_14_2_19

よって送料は無料に設定することがオススメです。
ただし、送料もコストに含めた上で利益の出る価格設定が必要です。

送料設定の方法

Amazonで送料を設定する方法を解説します。

Shipping Settings(送料設定)を開く

以下のメニューからShipping Settings(送料設定)を開きます。

Seller Account >Settings > Shipping Settings
shipping-settings_1
Change Shipping Modelをクリックします。
 
shipping-settings_2

Set Shipping Model(配送設定)を選択

Set Shipping Model(配送設定)の設定の行います。

2種類の配送設定

  • Price Banded(購入金額制 ) ・・・・価格変動タイプ 商品の価格帯に応じた送料設定
  • Per Item/Weight-Based(個数・重量制) ・・・商品の重さによって送料が決定 (定額/重量制)
 shipping-settings_3

発送エリアと発送方法の設定

初めのうちはアメリカのみの設定にし、その後、エリアを広げていくのがオススメ。
Two-DayとOne-Dayはチェックを外しておく

スポンサーリンク

shipping-settings_4

APO/FPO Street、APO/FPO PO Box はチェックをはずす

Shipping Rates

  • Per Itemは1つ商品が売れたごとに受け取る基本送料
  • Per Weight(lbs)は商品の重さ1lbs(ポンド)ごとに加算される送料

※ 1ポンド = 453.6グラム = 0.454キログラム
料金表(EMS:取り扱い国すべて)

無在庫販売の送料設定の2パターンの考え方

  • 配送業者の料金表に合わせて設定(例:EMS料金表)
  • 送料無料とする。商品価格に送料を加味した価格設定を行う。

shipping-settings_5

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク

メールマガジン登録フォーム

Amazon輸出、Amazon輸入、ebayを攻略するためのノウハウをメールマガジンでもお届けしています。

ぜひご登録ください。