効果絶大!Amazonスポンサープロダクトの使い方と設定方法

ams-1
Amazonで新規にカタログ登録しても、なかなかすぐに商品ページへのアクセスを集めることができない場合があります。
 
その理由は、すでに評価の高いレビューが多くついた商品ページや販売実績の多い商品競合ページが存在すると、そちらが優先的に検索結果の上位に表示されるためです。
 
Amazonでは商品の露出を増やすための広告サービス提供しています。
Amazon内で広告を掲載することで検索結果上位に商品を表示させることができ新規カタログ登録後でもより早く売上を立てる効果が期待できます。
 
特にオリジナル商品をAmazonで販売するときには、ぜひとも最大限活用しましょう。
この記事ではAmazonスポンサープロダウトの使い方や設定方法、運用方法について解説しています。
 

3種類のAmazonの広告

Amazonの広告には大きくわけて三種類の広告があります。
  • スポンサープロダクト
  • 商品ディスプレイ広告
  • ヘッドライン検索広告
この3つの広告を複合的に活用することで、より集客効果を高めることができます。
この中でも特に予算を割き重視して運営したい広告はスポンサープロダクトです。 
 
この記事では、スポンサープロダクトの使い方について解説します。

なお、スポンサープロダクトは大口出品者であれば誰でも利用できますが、
ディスプレイ広告、ヘッドライン広告の利用するためには、Amazonベンダーエクスプレスのアカウント持っていることが前提条件とります。(参考Amazonと卸取引ができる、Amazonベンダーエクスプレスとは?

スポンサープロダクト

広告の掲載位置:検索結果の下部

貼り付けた画像_2017_04_20_16_03

商品ディスプレイ広告の例

広告の掲載位置:商品詳細ページ

貼り付けた画像_2017_04_20_15_58

ヘッドライン広告の例

広告の掲載位置:検索結果の上部の表示

貼り付けた画像_2017_04_20_15_55

Amazonスポンサープロダクトとは?

スポンサープロダクトとはクリック単価の広告です。
Amazon内で商品ページへの流入を増やす目的で利用します。
無料で使える広告効果測定ツールがあり広告効果の分析することができます。
 
利用条件スポンサープロダクトの利用には大口アカウントであることが条件です。
 
スポサープロダクトの利用料金
月額費用:無料
初期費用:無料
 

スポンサープロダクトの掲載場所

広告を出稿するとAmazon内での検索結果に商品が表示されます。
また、検索結果だけでなく商品詳細ページの下にも表示される場合があります。
 
検索結果への表示の例として、以下はAmazonの検索フォームから「メンズ 財布」で検索しました。
 
商品名の上部に「スポンサープロダクト」と表示されているのが広告により掲載されている商品です。
 
これは、パソコンから検索した場合の画面ですが、スマートフォンからアクセスした場合でも広告は掲載されます。
ams-1
 
スポンサープロダクトとは「いかにも広告」という不自然さが無く検索結果の中に溶け込んでいるのが特徴です。
 
出品者はAmazonに対して広告費を支払うことで流入機会の大きい検索結果上位に表示させる効果が得られます。
 
1ページに表示される重要性については、(Amazon 検索エンジン「A9」を攻略し売上を伸ばすには?)でも解説しているので参考にしてください。
 
余談ですが、上記の検索では「メンズ 財布」にもかかわらず犬用のパーカーが上位に表示されています。
 
まだまだ、Amazonの検索エンジンにも穴があるようです。
おそらく、露出を増やすため、あらゆるキーワードを商品ページのキーワード設定に埋め込んでいるのでしょう。
 
商品とは関連の無意味なキーワードの詰め込みはマネしてはいけない例です。
 

スポンサープロダクト2種類の広告

スポンサープロダクトの中には次の2種類の広告があります。
  • オートターゲティング
  • マニュアルターゲティング 
それぞれの広告の種類について解説します。
 
「オートターゲティング」
設定されたSKUに対して商品に対して、Amazon側が自動で関連性のキーワードを自動選択し広告を掲載する仕組みです。
 
出品者でキーワード選定を行う手間がないため、スピーディーに広告設定することができます。
 
Amazonで広告を出稿するのが初めての場合は、手軽に設定できるオートターゲッティングから実施することがオススメです。
 
オートターゲディングはマニュアルへ移行していくための関連キーワード候補をピックアップする目的としても利用します。
 
「マニュアルターゲティング」
キーワード設定を出品者が行います。
 
出品者が設定したキーワードに対して購入者が検索したときに広告掲載される仕組みです。
キーワードごとに入札額を設定することができます。
 
詳細は後述しますが、部分一致、フレーズ一致、完全一致など、細かい調性が可能です。

広告費用はクリック課金型(PPC)

Amazonのスポンサープロダクト広告はクリック課金型の広告です。
 
クリック課金型の広告とはクリックされた時にのみ広告費が発生します。
 
広告がクリックされない場合、広告費は発生しません。 

スポンサープロダクトの登録方法

スポンサープロダクトの登録方ふ法についてです。
スポンサープロダクトを初めて利用する場合、Amazonのでセラーセントラルの広告のメニューから登録ページへ進みます。
「広告設定画面」広告の設定ページに進みます。
ams-2
 

スポンサープロダクト設定方法

スポンサープロダクトの設定方法について解説します。

登録が完了するとキャンペーンマネージャーにアクセスできるようになります。
スポンサープロダクトの設定は以下の流れで行います。

 
セラーセントラル > 広告 > セラー広告 > キャンペーンの作成をクリックします。
 
 ams-3
 
「キャンペーンの作成」画面に進みます。 
 
ams-4
 
 
「キャンペーンの作成」ページでは以下の項目を設定します。
  • キャンペーン名:任意に設定します。
  • 1日の予算:キャンペーンに対して投下する広告予算の1日あたりの上限値を設定します。
    例えば、1000円で設定すると、一ヶ月の広告は最大で約3万円です。
    予算が少なすぎると広告の掲載機会が減ってしまうため、まずは1000円ほどを目安に設定しましょう。
  • 開始日、終了日:期間の設定です。ここで指定した期間中に広告が掲載されます。
  • ターゲティングの種類を選びます。
    同じ商品に対しても複数キャンペーンを作成し、オートターゲティング、マニュアルターゲティグの両方を設定しましょう。
    さらなる流入機会を増やす効果が期待するためです。
    もしAmazonで広告を出稿するのが初めての場合は、まずは、手軽に設定できるオートターゲットティングから運用しましょう。
     

入力が完了したら、「次のステップに進む」をクリックします。

オートターゲティングの場合

ターゲティングの種類で「オートターゲティング」を選択した場合、以下の画面の進みます。
設定項目は次の3つです。

  • 広告グループ名: 任意に設定します。
  • 商品の選択 「ASIN」「SKU」「商品名」で検索し掲載する商品を選択します。
  • 入札額
ams-5
最低2円からも入札できるのですが少額だと露出機会が増えないため、
入札額の目安はAmazonのヘルプページカテゴリー別 平均クリック単価を参考にします。
例えば、服&ファッションなら12円です。
 
 
ここで設定するのは、「広告のクリックに対して支払う最高額」の金額です。
 例えば、10円で設定した場合でも実際にAmazonに支払うクリック単価は1程度ですむ場合があります。
この金額はキーワードやカテゴリによっても異なり、基本的には入札額が高いほど広告が表示される可能性も高くなります。
 
入札額調整はスポンサープロダクトの広告運用をスタートしてからもレポートの状況を見ながらコントロールします。 
 
より広告効果を高めるためにはチューニングしていくことも必要な作業です。
 
入力が完了したら、「保存し終了」をクリックするとスポンサープロダクトのオートターゲティングの設定は完了です。
 

マニュアルターゲティングの場合

ターゲティングの種類で「マニュアルターゲティング」を選択した場合、以下の画面に進みます。

設定項目は次の4つです。

  • 広告グループ名: 任意に設定します。
  • 商品の選択 「ASIN」「SKU」「商品名」で検索し掲載する商品を選択します。
  • 入札額
  • キーワード

マニュアルターゲティングがオートターゲティングと異なる点は、「キーワード」の設定個所があることです。

ams-7

  

キーワードを追加する方法は以下の2通りです。

  • 「推奨キーワード」は商品に応じて候補となるキーワードが提示されるのでこのリストから選択します。
  • 「キーワードを追加」では商品に関連性の高いキーワードを設定します。

キーワードは最大で1000個まで設定できます。

設定するキーワードの候補をリストアップするためには、アマゾンサジェスト キーワード一括DLツールkeywordtoolを活用するとよいでしょう。

オートターゲティングでは、1つのキャンペーンに対して設定できる入札額は一つです。

それに対し、マニュアルターゲティングでは、キャンペーン内でキーワードごとに入札額を調整することができます。

「キーワードマッチタイプ」とは?

キーワードのマッチタイプを設定することでどのような検索キーワードに対して広告を表示するかをより調整することができます。

それぞれのマッチタイプを理解し、活用す ることで広告の売上高広告費比率(ACoS)を高める効果が期待できます。

部分一致:設定したキーワードが含まれる購入者の検索キーワードに対して、語順が異なる場合や、 検索キーワードに他のキーワードが含まれる場合も含めて、幅広く広告が表示されます。

例えば、広告設定したキーワードが「メンズ 財布」の時、購入者が「人気 メンズ 財布」で検索したときにも表示されます。

フレーズ一致:購入者の検索キーワードと完全に一致するフレーズ、または前後に他の語句を含むフレー ズが検索された場合に広告が表示されます。

例えば、広告設定したキーワードが「メンズ 財布」の場合、購入者が「人気 メンズ 財布」で検索した場合も表示されます。

完全一致:購入者の検索キーワードと完全に一致し、前後に他の検索キーワードが入力されていない 場合にのみ広告が表示されます。

例えば、広告設定したキーワードが「メンズ 財布」の場合、「メンズ 財布」をピッタリ一致するワードで検索した時に広告表示されます。

AmazonセラーもPPCを学ぶべき

マニュアルターゲットディングの広告運用はグーグルやヤフーのppc運用にも通じる部分があります。
ネットショップ運営しているであれば、PPCは実際に運営したり勉強してきた人も多いでしょう。

しかし、ヤフオクなどでの転売、Amazon転売中心でやってきたセラーはこの分野は無頓着であることは少なくありません。
「PPC」と聞いても用語の意味すら知らないという方もいるでしょう。

Amazonスポンサープロダクトのマニュアルターゲーティングを極めるには、
PPC広告運用について、書籍などで勉強することをおすすめします。
売上に結び付くためのキーワードをどう設定していくか知識をつけましょう。

スポンサープロダクトの運用イメージとコツ

Aamazonの広告の種類は複数あり最初のうちは使いわけや違いがわかりづらいと思います。

スポンサープロダクトの運用の流れは以下のイメージをもって取り組みましょう。

最初はオートターゲティング中心からマニュアルターゲティング中心へと切り替えて行きます。

流れ

  1. オートターゲティングへの予算配分を増やし幅広くキーワードを集めます。
  2. 1〜2週間ほどしたら、オートターゲティングで収集したキーワードをマニュアルターゲティングへも水平展開します。
  3. 広告運用しながら除々にマニュアルターゲティングへの予算配分を増やしていきます。

最初にオートターゲティングへの予算比率を大きくする理由は、なるべく広い範囲の顧客ターゲットに訴求するためです。

訴求ターゲットの広さ
オートターゲティング > マニュアルターゲティング(部分一致) > マニュアルターゲティング(フレーズ) > マニュアルターゲティング(完全一致)

左にいくほど訴求する対象の顧客ターゲットが広く、右にいくほどターゲットとしている顧客が絞りこまれます。

マニュアルターゲティング(完全一致)のターゲットは狭いのですがピンポイトで訴求できるため費用対効果は高くなります。
しかし、商品のコンバージョンに結びつく最も適正なキーワードを初めからピンポイントで把握することは困難です。

そのため、まずはオートターゲティングで幅広い層に訴求し「自分の扱う商品の購入に結び付くための適正なキーワードの候補」を集めるわけです。
集めたキーワードはレポートで確認することができます。

その中から特に実際に購入に結びついているキーワードはマニュアルターゲティングで個別に入札金額を上げます。

入札額をあげれば商品の露出機会が増えることが期待できます。

その逆にコンバージョンに結びつかないキーワードはオート→マニュアルの水平展開の対象外にします。

マニュアルターゲティングではキーワードごとに入札額の調整や、キーワードマッチタイプの調整ができます。

細かく調整することでさらに広告の費用対効果を高めることができます。

また、オートターゲティングで集めたキーワードはディスプレイ広告やヘッドライン広告へも水平展開しましょう。

これも、商品ページへのアクセス数ををさらに増やすために有効な手段です。

スポンサープロダクトのアカウント構造

スポンサープロダクトのアカウント構造を理解しておきましょう。
以下のような階層となっています。

  • スポンサープロダクト
    • オートターゲティング
      • キャンペーン
        • キーワード1
    • マニュアルターゲティング 
      • キャンペーン
        • キーワード1
        • キーワード2

広告結果の確認

出稿後の広告結果の確認です。
スポンサープロダクト広告の結果は「キャンペーンマネージャー」に表示されます。

「キャンペーンマネージャー」にはセラーセントラル > 広告 > セラー広告 からアクセスします。

ams-10

ams-8

この画面はキャンペーンごとの「広告費用」や「売上」、「ACoS」(売上高広告費比率)が確認できます。
3つの項目について以下に解説します。

売上

広告がクリックされてから1週間以内に購入された場合、キャンペーンマネージャーに売上として計上されます。

ACoS(売上高広告費比率)

広告の費用対効果を表します。

ACoS計算式 = 広告費用÷ 広告経由の売上 

例えば広告費用が10万円に対して、売上が100万円の場合、
ACoSは10%です。この割合が低いほど、広告効果が高いと言えます。

広告比率は10%以下

明確な基準はありませんが、広告費は10%以下におさえることが望ましいでしょう。

商品の売上の構成比の中でどこまで広告費を割いてよいかは商品原価にも左右されます。

売上の構成比のうち商品原価が低ければ、その分、広告の比率を高めても利益を残すことができます。

10%大きく越える数値となっている場合、商品ページ作り、価格設定に見直しが必要です。
成約に結びつかない無駄なキーワードを設定してしまっている可能性も考えれます。

広告費が10%を超えてもいいケース

広告費の比率のセオリーは10%ですが、これに固執しすぎてもいけまん。

10%を超えてもいいのは、「検索結果上位のポジションを獲得するために初期の販売個数を増やす目的として利用するとき」です。

新規カタログ登録後、「上位表示で売れる、売れることでさらに売れる」というサイクルにのせるためのきっかけ作りに広告を使う場面があるからです。

新規カタログ登録した商品をより早く軌道にのせるためには、まずアクセスの最大化を優先します。

予算比率を小さくすることばかりに目が行くと、アクセスを伸ばすことができません。
そうなると、最初の売上をたてるまでに時間がかかります。

物販の基本公式は

売上 = アクセス ✕ 転換率

であることは常に意識が必要です。

 

レポート機能

スポンサープロダクトにはレポート機能があります。

貼り付けた画像_2017_04_20_15_51スポンサ−プロダクトにはレポート機能があります。
レポートを見るには、セラーセントラル>レポート>広告レポートからアクセスします。
 
 
レポートの種類は以下の5通りです。
  • スポンサープロダクト期間別パフォーマンス
  • スポンサープロダクトSKU別パフォーマンス
  • スポンサープロダクト検索キーワード 
  • スポンサープロダクト他のASIN
  • スポンサープロダクトキャンペーン

Amazonスポンサープロダクトで効果が出ないときは?

スポンサープロダクトで効果が出ない場合、以下の原因に当てはまることが考えれます。

  • そもそも商品に需要がない
  • 入札単価を低く設定しすぎている
  • 1日の予算を小さくしすぎている
  • キーワード設定が適正ではない
  • ページの転換率が低い

そもそも商品に需要がない

商品そのものに需要がない場合、なかなか広告だけでどうこうすることは難しいです。
一定期間運用して、どうしても成果がでなければ、商品選定基準の見直しの検討が必要となるでしょう。

入札単価、予算設定が低くすぎる

入札単価や1日の予算が低くすると、表示機会(インプレッション)そのものが減ってしまいます。
思い切って予算比率を高めます。
予算を消極的にしすぎると、表示機会が減りアクセスアップが見込めません。

キーワード設定が適正ではない

初期段階では「候補」としてあらゆるキーワードをいれることも必要です。
しかし、あまりにも商品関連のないキーワードの場合は無駄になってしまいます。

ページの転換率が低い

商品ページの転換率が低い場合は、いくら広告をだしても費用対効果が見込めません。
とはいえ、転換率は商品にアクセスがあり売上がたつことで初めて算出できる数字です。

広告で100アクセス集めても1個も購入に結びつかないときは、一旦広告を止めてもよいでしょう。
商品をページを見直し、転換率に改善の余地があります。
基準は3%以上を目指しましょう。

結果が出ないのは悪いことではありません。
数字を集めることにより目的と現状とのギャップを認識でき、
課題の洗い出しができるからです。

スポンサープロダクトの注意点 

スポンサープロダクトを運用する際、以下に注意が必要です。

広告設定ができない商品

スポンサープロダクト対象外のカテゴリ:本
広告掲載対象外の商品:アダルト商品、中古品、再生品、電子タバコ関連商品、出品者利用規約にて制限・禁止されている商品 

広告掲載されるショッピングカートボックスを獲得商品のみ

ショッピングカートボックスを獲得している場合のみ広告掲載される仕組みとなっています。
そのため、多数のライバルのいる相乗り出品商品ではあまり有効とはいえません。
また、ショッピングカートボックスを獲得していない商品でも広告設定自体は可能ですが、その場合広告は掲載されません。
スポンサープロダクトが表示されない場合はカートボックスの獲得状況を確認しましょう。
 

スポンサープロダクトは世界各国共通

この記事では日本のAmazonのスポンサープロダクトについて解説していますが、
スポンサープロダクトの使い方や設定方法自体は世界各国Amazonでほぼ共通です。

もちろん、通貨単位とキーワードが現地の言語である点は違います。
日本での使い方を一旦覚えてしまえば、他国のAmazonで展開するときにも同じ方法論が適用できます。

例えば以下の画像は、私が欧州Amazonで販売しているある1商品の広告の運用結果です。

貼り付けた画像_2017_04_23_2_44

  • マニュアルターゲティング : 250ユーロ(約3 万円)の広告費に対して、4900ユーロ(57万円)の売上
  • オートターゲティング:687ユーロ(約8万円)に対して12549(146万円)の売上

ACoS(売上高広告費比率)も5%以下で良好です。
オートターゲーティングに限っては、自動設定なので現地言語はわかなくても設定できます。

マニュアルターゲティングの方はもちろん現地言語対応が必要です。
日本語のキーワードを入れても意味がありません。

現地の言語で収集するには海外のツールを使えば便利です。
海外Amazonでのサジェストワードを集めるには例えば、keywordtoolがあります。
アマゾンサジェスト キーワード一括DLツールの海外版のようなものと思ってください。

ただし、マニュアルターゲティングでより細かい調整を行うためにはツールのキーワード収集だけに頼ることはできません。
現地言語を理解した人にお願いする部分も必要です。

スポンサープロダクトの応用

Amazonスポンサープロダクトを「Amazon以外」でも活用するアイデアを紹介します。
 
広告運用で集めたキーワードは異なる媒体間のキーワード運営でも相互に活用しましょう。
  •  Amazonの広告運営→ネットショップのPPC(グーグルアドワーズ、ヤフープロモーション広告
  • ネットショップのPPC→Amazonの広告運営
 Amazonの広告運営で集めたキーワードをネットショップのPPC(グーグルアドワーズ、ヤフープロモーション広告)広告運用に流用します。
 その逆でネットショップのPPC広告運用で集めたキーワードをスポンサープロダクトのマニュアルターゲティングへ流用することもできます。
 
コンバージョンに結びつくキーワードはAmazon、グーグルアドワーズともに似通ってきます。
ただし、それぞれでなければ収集できないキーワードもあるため、相互のやりとりで相乗効果を期待します。

最後に

スポンサープロダクトは費用対効果の高い広告です。
まずはオータゲティングから始めて、運用しながらコツをつかんでいきましょう。

より高い費用対効果を期待するために運営には調整しながら改善していことを考えます。
広告運営ではPDCAサイクルを回り続けることが肝心です。

特に新規カタログ登録で初動の売上を伸ばしたい場面では、積極的に運用し活用していきましょう。

また、Amazonでのアクセスを伸ばし売上を伸ばすには、
広告運営だけでなくAmazon検索エンジンの攻略も大切です。
 
 
 
 
 
この記事ためになりましたら、ぜひシェアをお願いします。
Pocket

メールマガジン登録フォーム

Amazon輸出、Amazon輸入、ebayを攻略するためのノウハウをメールマガジンでもお届けしています。

ぜひご登録ください。

 








 


   

コメントを残す


CAPTCHA