輸入ビジネスで気をつけたい法律

pse
輸入ビジネス法律により規制の商品があります。
初心者は知らず知らずのうちに仕入れてしますことがあります。
 
きちんとした手続きを踏まないと通関できず、差し戻される場合があります。
個人利用目的の個人輸入では問題なくても、販売を前提として商業輸入では規制の対象となる商品があります。

輸入ビジネスで注意したい法律まとめました。

輸出入禁止・規制品目

関税法でその輸入が禁止されている品目です。

輸出入禁止・規制品目の例

  • 麻薬
  • 指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
  • けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
  • 爆発物
  • 火薬類

輸出入禁止・規制品目(税関)

ワシントン条約

ワシントン条約とは、絶滅の恐れのある野生動物を保護する目的で採択された条約です。
国際条約により規制があります。

ワシントン条約(CITES)(経産省)
ワシントン条約(税関)

例)

  • トラの毛皮
  • 象牙製品

薬事法

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器等は、
医薬品医療機器等法により厚生労働大臣の製造販売業又は製造業の許可が必要です。

人体に影響を及ぼす商品のため、厳しい規制があります。

医薬品等の個人輸入について(厚労省)
医薬品等の輸入手続き(ジェトロ)

食品衛生法

食品衛生法では、薬事法で規制される医薬品・医薬部外品以外の全ての飲食物が対象です。
食品衛生法に該当する商品を輸入販売する場合、厚労省検疫所に「食品等輸入届出書」の届出が必要です。

食品衛生法に基づく輸入手続きについて(厚生労働省)
食品衛生法(ジェトロ)

対象商品の例

  • 食器
  • 食品
  • 乳児用おもちゃ

電波法

WifiやBluetooth関連商品に関連する法律です。

電波法に抵触する商品の例

  • Bluetooth関連商品
  • Wifi
  • 海外スマホ

無線局機器に関する基準認証制度(総務省)

電気用品安全法

pse

電気製品の製造・輸入・販売を事業として行う場合の手続きや罰則を定めた法律です。

  • 菱型のPSEマーク
  • PSEマーク

電気用品安全法(経産省)
届出・手続の流れ(経産省)

消費生活用製品安全法

消費生活用製品安全法の対象となる商品例

  • 登山用ロープ
  • 乳幼児用ベッド
  • バイク用ヘルメット
  • レーザーポインター
  • ライター

消費生活用製品安全法(経済産業省)

PL法(製造物責任法)

この記事ためになりましたら、ぜひシェアをお願いします。
Pocket