Googoleキーワードプランナー 「詳細な月間平均検索ボリューム」を確認する方法 代わりのツールは?

「検索ボリュームの確認」や「PPC広告のシミレーション」に便利なGoogleの無料ツール「Googoleキーワードプランナー」。

2016年9月9日にGoogoleキーワードプランナーの仕様変更があり、月間平均検索ボリューム「1万〜10万」というようにアバウトな数字しかわからないようになりました。

もっと、以前の仕様と同じように詳細な検索ボリュームを表示するには、Googleのクリック型広告「Googleアドワーズ」に出稿して広告費を使う必要があります。100円程度の広告費で約30日間使うことができます。

キーワードプランナーの仕様変更で検索数がアバウトな数字に!

2016年8月にキーワードプランナーの表示に仕様変更がありました。

仕様変更された箇所は、以下の2点です。

  • 月間平均検索ボリュームが具体的な数字から10万~100万、1万~10万など概略の数字となった
  • 月間平均検索ボリュームのグラフが表示されなくなった。

グーグルAdWordsで広告を出してない人でもキーワード分析で、無料でキーワードプランナーを使っいた人は少なくないでしょう。
グーグルのアドワーズ広告を出稿していないアカウントでは以下のようなアバウトな月間検索ボリュームしか表示されなくなりました。

 

キーワードプランナーの詳細な検索ボリューム表示するには?

googleキーワードプランナーの検索ボリュームの詳細な表示する方法は以下の2つです。

Googleアドワーズに広告出稿して「検索ボリューム」表示を復活させる

最も正攻法なやり方です。

「グラフ」と「詳細な検索ボリューム」を表示するには、Googleのクリック型広告「Googleアドワーズ」に出稿して広告費を使う必要があります。100円程度の広告費で約30日間使うことができます。

グーグルアドワーズに広告出稿する具体的な方法は、以下記事参照してください。

Google AdWords(グーグルアドワーズ)広告を出稿する方法【初心者向け】 | Eプロ

Googleキーワードプランナーの代わりになるツールやアプリを探す

もうひとつの解決策は、代わりになるツールを探すことです。

aramakijake

aramakijakeで検索ボリュームを確認することができます。
ただし、aramakijakeでは複数のキーワードを一括で検索することができません。
調べたい対象のキーワードが複数ある場合、一個一個検索する必要があります。

見やすくシンプルなキーワードツール「KWFinder」

海外製のSEOツール「KWFinder」も検索ボリュームの確認することができます。
検索ボリューム以外の情報もまとめてチェックできるおすすめのキーワード分析ツールです。
特徴シンプルで見やすく必要な情報が集約されていることです。

有料ツールですが、月額$12.42〜(年間契約の場合)と安価です。
1日3回までは無料でキーワード検索ができます。

「aramakijake(アラマケジャケ)」と違うのは複数のキーワードの一括インポートにも対応してる点です。「aramakijake」では1キーワードごとに検索する必要があります。

「キーワードプラナーのグラフ、検索ボリューム表示の目的でAdWords出稿している」という方は、
いずれにせよ費用が発生するなら、より詳細な分析ができるツールの導入がおすすめです。

KWFinderで確認できる項目

  • 月間平均検索ボリューム
  • 関連キーワードなど
  • 推奨入札単価(1クリックあたりの平均単価)
  • 競合性(入札している広告主の多さから算出される指標)
  • Googleトレンドグラフ(検索ボリュームの変化)
  • 検索上位の競合サイト

KWFinder登録

KWFinderの詳しい使い方は以下の記事を参考にしてください。

Moz Keyword Explorer

https://moz.com/free-seo-tools

米国では非常に有名なSEO会社、「moz(モズ)」の提供しているキーワードツール「Moz Keyword Explorer」。
月額$99〜の有料ツールです。
ただし、1日2回までなら、無料でも検索ができます。

KWFinder」 に近い系統のツールです。
検索ボリュームだけでなく、様々な情報をまとめてチェックできます。

Moz Keyword Explorerのダッシュボードで確認できる内容

・検索ボリュームレンジ
・SEO難易度
・キーワード機会
・キーワードポテンシャル
・キーワードサジェストワード
・SERPs(検索結果)分析
・メンション

Moz Keyword Explorerのさらに詳しい使い方は以下の記事を参考にしてください。

AdWordsに最低いくらの広告費でキーワードプランナーは復活するのか?

※2017年6月19日追記

AdWordsで最低いくらの広告費を使えば、キーワードプランナーの検索ボリュームは詳細な数字に復活するのでしょうか?
ネットで調べてみると、282円程度で数字が復活した、100円の広告費で使えるようになったという報告もあがっています。

282円で表示されたという報告

Google Adwordsアドワーズに広告費をいくら支払えば、月間検索ボリューム数が表示されたかというと…

私の場合は、5日間の広告費は、282円でした。
出典:おひとり様ですブログ

1日100円で検索ボリュームが復活したという報告

僕の場合は『100円/日』でいけましたが、もっと低くても大丈夫かもしれません。月の広告費が100円以上発生したら、その翌日(16時)から31日後(16時)まで仕様が回復するというのが有力かなと思います。
出典:AD-NOTE

過去半年間アドワーズ出稿していないか、正常に表示できたという報告

複数のアカウントを確認してみましたが、2012年から月約7万円の費用で約4年配信し、現在は半年以上停止しているアカウントでも、
データは通常通り確認することができましたので、コンスタントに一定の広告費を使っているアカウントであれば、問題はなさそうです。
出典:: キーワードプランナーの最大数について

私も普段の広告運営用アカウントとは別で、検証用のアカウントをつくり確認してみました。
100円、200円、300円、と段階的に検証するつもりでした。
しかし、短時間で800円に到達してしまったので、この状態からチェックします。

キーワードプランナーを確認してみましょう。
検索ボリュームの数値は復活しておらず、「1万~10万」というアバウトな数字になっています。

この日のページビューは最大数に達しました。このページには検索ボリュームの範囲が表示されています。詳しい情報を確認するには、24 時間経ってからもう一度ご確認ください


グーグルは下限値を開示していないので、アカウントごとに条件が違う可能性もあるかもしれません。

2017年6月20日追記

検証アカウント、月間検索ボリュームを表示されていることを確認しました。
おそらく、最低1日程度は経過する必要があると思われます。

他の方が書かれているように、
『月の広告費が100円以上発生したら、その翌日(16時)から』という仮説は正しいと思われます。

広告の停止方法

「広告を出稿しつつづけるつもりなく、検索ボリュームを確認する目的でキーワードプランナーを使いたい」
という用途の場合、キーワードプランナーの月間検索ボリュームが確認できたら、広告を停止しましょう。

一旦、表示確認できたら、しばらくはこのままでも利用できるはずです。

予算を停止した後、「いつまで詳細な月間検索ボリュームを表示しつづけることができるのか?」もグーグルは開示はしていません。
1ヶ月程度は有効であると言われています。

この検証アカウントでも情報があれば追記します。

まとめ

  • キーワードプランナーは無料では、詳細な月間平均ボリュームが表示されない。
  • 詳細な数字を表示するためには、アドワーズ広告予算を200円程度使う、1日は待ったのち、キーワードプランナーをチェックする
  • その後一ヶ月は有効である(仮説)
  • 他のキーワードツールの利用も検討する。

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。