1商品で月商100万円を目指す!中国輸入OEMでオリジナル商品を作る手順

Amazonで販売する中、このように考えてことはありませんか?
「1商品で大きく稼げたらなぁ・・・」
「転売の「相乗り」、価格競争に疲れてしまった・・・」
Amazonの競争は激化し従来の単純転売は通用しづらくなってきました。
 
それに対する有効な解決策は次の三つです。
  • 輸入代理店として独占的に販売
  • オリジナル商品の販売
  • システム管理された大量無在庫販売

今回、中国輸入OEMでオリジナル商品を作成しAmazonで販売する方法の流れについて解説します。
アマゾンセラーは間ではかなり一般化してきた方法です。
 
「やってみたいけどよくわかない」「どうすすめていいかわかない」という方もいる思います。
 
 一言で説明すると、「既存の売れてる商品を参考にして、その商品を上回るよう改良を加え、独自化する販売方法」です。
 中国OEMの流れについて全体像を俯瞰するのに役立ててください。
 
中国輸入OEMをおすすめする理由については、以下の記事にも目を通してください。
 

OEMの流れ

中国輸入OEMのやり方は次に流れですすめます。

  1. 市場規模をリサーチ
  2. 商品選定
  3. オリジナル化し参入障壁をつくる
  4. 仕入先の選定と商品サンプル発注
  5. 商品を本発注
  6. 商品ページ作成
  7. AmazonSEO対策

市場規模をリサーチ

市場の大きさをリサーチし参入すべきカテゴリを決定します。
 
中国輸入OEMにておいてリサーチは最も重要な部分です。
大切なのは、需要の大きい商品、カテゴリを扱うことです。
このとき注意したいのは「ある特定の商品のみに焦点をあてない」ことです。

市場の大きい商品、カテゴリを見つける

需要の大きい商品、カテゴリを見つけます。
Amazonの情報を活用し、購入者のニーズを把握しましょう。
「勘」に頼ってはいけません。
どんなに品質の良い商品であっても、需要がなければ大きな売り上げは見込めません。

市場の大きさを確認するには?

Amazonで売れている商品を参考にする

アマゾンのランキングを参考にします。

「末端カテゴリ」の規模を確認します。
そのカテゴリの1位とれば、どれくらいの売上が見込めるのかを算出します。

トップ3でその市場の中のおおよそ6割を占めていると考えます。

1位 35%
2位 15%
3位 10%

販売個数を予測するには、「Amazon輸入 販売個数を予測する5つの方法」も参考にしてください。

これらの推定により、1位の商品を追うだけでも、おおよその目安をつけることができます。
例えば、1位の売上が300万円ならその末端カテゴリ全体では857万円と仮定できます。(300÷0.35)

例えば、「参入する市場の規模は月間857万円と仮定する。そのうち10%に入り85万円の売上を3ヶ月以内達成する」
という算段をたてます。 

参入をさけるカテゴリ、商品

  • 競合が強すぎる商品
  • 特定の商品だけが売れている

競合が強すぎる商品は参入をさけます。
トップ3の商品がレビュー数が1000件を超えるような商品です。
後追いで超えることは困難です。

また、末端カテゴリで1位のみ売れている場合、対象外とします。
1つの商品がたまたまメディアで持ち上げられた等の理由でヒットしている場合を排除するためです。  

商品選定

競合商品カタログやレビューを参考に、商品改良点の確認

競合商品カタログやレビューを参考に、商品改良点の確認します。

商品に付加価値をつけ競合商品に勝つための改良点を検討します。

ベンチマークとする商品ページ決める

ベンチマークとする商品ページを決めます。
例えば、カテゴリ別でベストセラー1位の商品です。
商品カタログやレビューを見ながら改良点を確認します。
 
次にベンチマークとする商品に勝てる商品をアイデアを練ります。
ベンチマークとする商品のレビュー内容から改善すべき点を探します。
特に悪いレビューに着目します。
 
改善点のとりまとめは、クラウドワークスやランサーズのアンケートを使い意見を募るのも良いでしょう。 
1件あたり、数円程度で意見を集めることができます。

改良点に優先度をつける

商品改良では、複数の改良候補の中から、優先度をつけましょう。

全ての意見をとりいれるのは開発に反映するのは、現実的ではありません。
ごく少数の意見や、改良に莫大なコストがかかるものは検討外とします。
そうしないと利益率が見合わなってしまう可能性があります。 

オリジナル商品の利益率は30% 以上

利益率は30%以上の商品を目指します。
これは、粗利ではなく、送料、関税等、アマゾン手数料のコストも差し引いた上での利益計算です。
 
OEMとして扱う以上は高い利益率を目指します。
利益が低いとOEM商品として扱うメリットがありません。
利益率が低いと結局は広告予算もさけませんし、キャシュフローもよくありません。

オリジナル化し参入障壁をつくる

商品をオリジナル化し他のセラーが相乗りできないよう参入障壁をつくります。
価格競争を抑止するためです。
せっかく製作した商品に相乗りされては利益が下がってしまいます。
 
参入障壁をつくりましょう。
ライバルが商品ページを見た時にオリジナル性は「このページには相乗りできない・・・」と思わせることが肝心です。

参入障壁

具体的な参入障壁とするのは以下です。

  • オリジナルブランド名
  • ロゴの作成
  • JANの取得
  • オリジナルパッケージの製作
  • 商標権の取得

これらを行うとき、重要な考え方は、なんでも全て自分で自己解決しようとしないことです。
必要に応じて予算をさいて各専門のプロに任せます。

オリジナルブランド名

シンプルな名前がよいでしょう。

どうしても自分思いつかないときは、ブランド名もクラウドワークスやランサーズからネーミングを募るのも手です。
予算は1万円〜ほどです。

ネーミングコンペ特集

貼り付けた画像_2017_05_01_15_16

貼り付けた画像_2017_05_01_15_00

クラウドワークスは企業も利用しているサービスで、受注者にはレベルの高いフリーランスデザインナーがいます。
また、ブランド名を決める時は、すでに先に商標取得していないか、プラットパットで事前に確認しておきます。

ロゴの作成

フォトショップやイラストレーターを扱えるスキル、デザインの知識があれば自分で作成してもよいでしょう。
 
自力での作成が難しい場合、専門にプロに依頼しましょう。
ロゴ作成もクラウドワークスランサーズから依頼することかできます。
予算は2万円〜ほどです。
 
 
貼り付けた画像_2017_05_01_15_04
貼り付けた画像_2017_05_01_15_01
ロゴデザインのファイルの種類は「ai形式」で納品していもらいます。
「ai形式」とはイラストレーターで使われるファイルの形式です。
仕入れ元の工場に商品へのロゴ入れを依頼するとき、「ai形式」データを渡すことが一般的です。

GS1事業者コード(JANコード)の取得

GS1事業者コード(JANコード)の取得方法【図解付き】 

オリジナルパッケージの製作

商品パッケージをオリジナル化します 。
 
商品パッケージのオリジナル化の方法は以下の三通りです。
  • 日本のパッケージ会社に依頼する方法
  • 中国の工場に依頼する方法(仕入れ元と同じ)
  • 中国国内の業者に依頼する方法(仕入れ元とは別)

日本のパッケージ会社に依頼する方法

パッケージを製作する場合は、日本国内がオススメです。
中国国内だと、日本語であるにもかかわらず、「いかにも中国を思わせるフォント」になってしまうことがあるためです。
工場とは別で中国国内の印刷会社を使うのも選択肢の一つです。
独自の商品化粧箱の製作に対応した業者が日本国内にも沢山あります。
こうした業者を探すには、「化粧箱 オリジナル」等検索してください。

中国の工場に依頼する方法(仕入れ元と同じ)

パッケージも仕入れ元側で用意できる場合もあります。
パッケージのカスタマイズは可能か工場側に確認をとりましょう。

中国のパッケージ専門業者に依頼する方法(仕入れ元とは別)

中国では、パッケージ作成を専門として業者が多数存在します。
アリババ・ドットコムから「package oem」等で業者を検索することができます。
貼り付けた画像_2017_05_01_15_22
 

本格的な商品パッケージ作成

完全オリジナルの本格的な高品質なパッージを作成する場合は、
クラウドワークス、やランサーズから依頼し、展開図を作成しましょう。

作成した展開図を印刷会社にわたします。
パッケージのデザインから製作まで請け負っている会社もあります。 

パッケージデザインコンペ特集

貼り付けた画像_2017_05_01_15_13

商標権の取得方法

商標権の取得は弁理士に依頼します。
商標権の取得は専門家である弁理士に依頼し申請するのが最もスムーズです。
数万円の費用がかかります。
 
商標権は取得には通常約半年程度かかります。
 
商標権の取得は自力で申請することもできます。
ただし、不備があれば何度も差し戻しとなってしまい手間がかかります。
 
たとえば、こちらの記事を参考にするとよいでしょう。

OEMは段階的にすすめる

OEMは段階的にすすめましょう。
初めから100点目指してしまうと前進できません。
ビジネスにはスピードも大事です。
 
例えば、既製品に対してオリジナルタグをつけます。
 
日本の実店舗の並んでも遜色のないレベルを最初から目指す必要ありません。
商標権の獲得やパッケージの作りこみなどには時間がかかります。
価格の安さもメリットの一つです。
 
除々にブランディング化を行います。

仕入れ先の選定とサンプル発注

本発注をする前にサンプルオーダーは必要不可欠です。 

アリババで仕入れ元の候補を探す 

取り扱う商品の目処が立ったら、次は中国側をリサーチします。
仕入れ元を探すには、アリババがオススメです。
アリババはBtoB取引を前提としてサイトなので、OEM・ODMに対応した商社、工場、業者が数多くありからです。
 
個人・小規模レベルの中国輸入で最も有名な仕入れサイトはタオバオなのですが、
タオバオはBtCなので、本格的なOEMでの仕入れ元探しには向きません。
 
需要を確認した後は想定利益を確認します。
扱おうと考えたオリジナルブランド商品の、中国での相場を調べます。
ある程度の仕入れ値をつかみます。この時点は細かい利益計算は行いません。

 

複数の業者から商品サンプルを取り寄せ現物を確認する

複数の業者から商品サンプルを取り寄せ実物の品質を確認します。
中国輸入では写真と比べ、品質の低い商品が届くことがあるためです。
 
アリババで商品を検索していると、全く同じ商品写真を掲載した業者が複数存在することに気が付きます。
写真は全く同じでも複数の業者から取り寄せ、実物を確認すると業者ごとに品質がまるで違うということはよくあります。
サンプルは1個ではなく複数個取り寄せます。
サンプルだけ状態の良い商品を届ける業者もいます。
大量生産したとき、サンプルに比べ品質が落ちることがあるためです。
 
低品質の商品を大量生産してしまう自体はさけましょう。
  
要望し条件の合う工場をみつけます。
自力で工場探しが難しい場合、代行業者の手をかりましょう。
代行会社ではカテゴリごとに得意な工場を知っている場合があります。
 
可能であれば、直接現地に赴いて実際の生産ラインを自分の目で確かめることが理想です。

「商品の品質」「商品原価」「ロット数」

発注先候補の中で複数社に程度に見積もりをとります。
「品質」「原価」「ロット」のバランスがとれた工場を選びます。 

商品を本発注する

商品を発注します。
 サンプルを購入した上で決めた仕入先に対して、発注します。

支払い方法

支払い方法は次の手段があります。
  • 直接支払いできる場合は、直接支払う。
  • 中国パートナーを経由し支払う
  • 代行業者に依頼し支払う

商品ページ作成 

商品ページ作成します。

ページ作成で考えなければならないのは、転換率と集客を意識してして作成することです。
まずは基本の公式を思い出します。

売上=集客×転換率
集客と転換率です。

商品画像作成 

魅力的な画像を用意します。
画像撮影はプロにたのみましょう。
「商品画像 代行」等で業者を見つけることができます。
 
AmazonSEO対策についてより詳しくは「AmazonSEO対策を攻略!検索結果上位を獲得し売上アップする方法!」を参考にしてください。

商品ページ作成

  • タイトル
  • 商品箇条書き
  • 商品説明
  • 商品商品コンテンツ
  • キーワード
キーワードにはAmazonのサジェストで、グーグルサジェストワードから商品に関連する需要の高いキーワードを設定します。
 
詳しくは以下の記事を参照してください。
  
LPOを意識し転換率の高いページをつくる。
競合商品に対して、商品に対して勝てる商品ページをつくります。
Amazonでも商品ページの品質は上がってきています。
しかし、現状のAmazonのセラーはまだ、「ただ商品画像を並べただけ、特徴を説明」しただけのページも少なくありません。
それらの競合をうわまわるページを作成します。
 
ライバルとの比較は次のポイントを意識しましょう。
  • 想定キーワードでどれを選ぶ?
  • その理由は?
  • 勝てるタイトルは?
  • 勝てるメイン画像は?
「最善は何か」では、分かりにくいので、「ベンチマークとする商品に勝っているか?」を考えましょう。

AmaonSEO対策

衝動では商品価格を下げ広告を使い、販売個数を増やします。

想定キーワードでのアマゾン内検索の上位の位置を獲得するためです。
検索結果上位表示とレビュー集めが目的です。

戦略的に値下げで個数を稼ぐ

赤字ギリギリの価格を設定し個数を稼ぎます。
個数がさばければ、Amazon内の検索結果上位に表示されます。
 
Amazonの検索結果上位表示ついて詳しくは「AmazonSEO対策を攻略し検索結果上位を獲得し売上アップする方法!」を参考にしてください。

Amzonの広告を使い集客

  • Amazonのスポンサープロダクトで集客(オート、マニュアル)
  • Amazonタイムセール
  • Amazonヘッドライン広告
  • Amazon商品ディスプレイ広告
Amazonの広告の活用方法について詳しくは 「効果絶大!Amazonスポンサープロダクトの使い方と設定方法」を参考にしてください。

Amazon以外の広告で集客

Amazon以外の広告も使って商品ページへのアクセスを最大化します。
PPC広告です。

ただし、すべての広告の同時に取り組むのも大変です。
その場合は、Amazonのスポンサープロダクトの運営を重視します。
Amazonのスポンサープロダクトは費用対効果が高い広告だからです。
 
複数の広告媒体でキーワードは相互に活用しましょう。
たとえば、オートで収集した、キーワードを、マニュアルや、アドワーズ、ヤフープロモーション広告につかいます。

商品レビュー集め

レビュー依頼しレビューを集めます。
レビューを集める詳しい方法は「Amazonでレビューを増やす方法」を参考にしてください。
販売個数とレビュー集めて狙ったキーワードでAmazon検索結果上位表示を目指します。 

価格を戻す

Amazonでの検索結果上位表示に成功したら、本来の想定販売価格にもどします。
上位表示成功の定義とは「想定キーワードで検索結果の1ページ目の3位以内」です。
例えば、「ビジネスバッグ」を取り扱っているとします。
「ビジネスバッグ」で検索したとき、自分の商品がアマゾンの検索結果に3位以内にあることです。
価格を戻し、本格的に利益をとりにいきます。
 
注意したいのは、「セールスランキングが上がったから成功」ではなく、キーワード検索での上位表示が大事です。

8.商品レビューを確認して改良

次回の生産から商品レビューに応じて商品に改良を加えます。
より品質の高い商品を目指しましょう。
 
このときも、すべての意見を取り入れるのは現実的ではありません。
優先度と、費用とのバランスも考えましょう。 

Amazon以外のマルチャネル展開

販路は幅広く展開しましょう。
それぞれの媒体でしか買い物をしない客層もいるためです。 
 
ネットショップ、マクアケ、ヤフーショッピング、楽天、qoo10
ネットショップの作成にはワードプレスとウーコマースもよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
OEM商品生産するときに参考にしてください。
 
この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket

メールマガジン登録フォーム

Amazon輸出、Amazon輸入、ebayを攻略するためのノウハウをメールマガジンでもお届けしています。

ぜひご登録ください。