サジェストワード、検索ボリューム、クリック単価1画面に集約!シンプルで見やすいキーワード分析ツール KWFinder

キーワード分析に時間がかかっていませんか?

例えば、キーワード解析を行うとき、
検索サジェストツールでキーワードを収集→googleキーワードプランナーで需要で検索→競合の調査
というように何段階かにわけて調べている方も多いでしょう。

オススメのキーワードツールKWFinderを紹介します。
見やすいデザインでユーザビリティを高めていることが大きな特徴です。

KWFinderでキーワード検索すると、キーワード解析に必要な情報が一発で表示されます。
「関連キーワード」、「検索ボリューム」、「SEO難易度」、「推奨入札単価」、「トレンドグラフ」、「ランキング上位の競合サイト」の情報を一目で確認できます。
海外製のキーワードツールですが、日本にも対応しています。

デザインもシンプルで見やすく、色分けてされているため、視覚的にも情報を認識しやすくなっています。

おすすめのキーワードツールKWFinderについて紹介します。

スポンサーリンク



なぜキーワード解析が必要なのか?

なお、このツールは直接的にAmazon内キーワードの解析ができるツールではありませんが、
商品の需要のチェックするためは「検索エンジン」の需要チェックもかかせません。

グーグル検索での需要大きい=Amazonでも需要が大きい可能性が高いという仮説は成り立ちます。

ただし、グーグル検索のお客さんは必ずしも商品を購入する目的で検索すわけではありません。
一方、Amazonの顧客は商品を購入することを前提に探しています。

例えば、「ニンテンドースイッチ」を例とします。

  • グーグルで「ニンテンドースイッチ」検索する人→使い方や設定を調べている場合もある
  • Amazonで「ニンテンドースイッチ」検索すお客さん→商品を購入することを前提に探しています。

この違いは知っておく必要があります。

ネットショップの運営では直接的に商品の購入な結びつかないキーワードでもコンテンツをつくり、
将来的なお客さんたいして、訴求するコンテンツマーケーケティングも重要です。
PPCで集める場合は、「今すぐ客」に対して、訴求するキーワードを設定する必要があります。

mangools3つのSEOツール

「mangools」では3つのSEOツールをサービス提供しています。

KWFinder:Keyword research キーワードリサーチ ※この記事で解説

serpchecker:SERP analysis 競合解析

serpwatcher:Rank tracking ランク追跡 ※サービスリリース前

今回はこの3つのSEOツールのうち、KWFinderを紹介します。

キーワードツールKWFinderとは?

https://kwfinder.com/

https://kwfinder.com/

KWFinderは、関連キーワードや複合キーワードを調査できるキーワードツールです。
フリープランの場合、1日3回の制限があります。

必要な情報を1画面に集約

必要な情報が1画面し集約しているため、調べたいキーワードに関する情報が一発でわかるツールです。
これらの情報をあつめようと思ったら、普通はバラバラに複数のサイトを駆使して集めなけばなりません。

機能

  • 日本にも対応
  • 検索ボリューム確認:◯可能
  • サジェストワード抽出:◯可能
  • キーワード一括インポート機能:◯

特徴

  • 関連キーワードなど
  • 月間平均検索ボリューム
  • 推奨入札単価(1クリックあたりの平均単価)
  • 競合性(入札している広告主の多さから算出される指標)
  • Googleトレンドグラフ(検索ボリュームの変化)
  • 検索上位の競合サイト 

KWFinderの使い方

KWFinderの使い方を説明します。

  1. キーワード、エリア、言語を入力し「Find keywords」をクリックし検索します。
    ※エリア、言語を指定しない場合、対象が全世界になります。
    日本国内を対象として検索を行いたい場合、エリア:Japzn、言語:Japaneseを選択します。
  2. 検索結果表示
    検索結果は大きくわけて以下の4つに分かれています。
    ・キーワード
    ・SEO難易度
    ・トレンド
    ・競合サイト

キーワード

キーワードの検索結果は以下の画面のように表示されます。

検索キーワードに対して、関連ワードと情報が表示されます。

  • Suggestion サジェストワード:検索キーワードに対して関連するキーワード
  • Trend トレンド : 過去12ヶ月間の検索動向をグラフで表示
  • Search 検索 :最近12か月間の月間平均検索ボリュームを表示(完全一致)
  • CPC :キーワードのクリックあたりの平均単価。通貨単位はドル表示です。
  • PPC :PPC広告における競争のレベル(0〜100)数字が高い競合が多いことを意味します。
  • DIFF :上位表示の難易度 (0〜100)

DIFFはKWFinder独自の数値を思われます。
この数値が大きいほど、そのキーワードでの上位表示が難しいと言えます。

CPCはそのキーワードの入札価格の目安になります。
また、CPCが高いほど競合の多いのキーワードであることを意味します。

上記の検索例では、「キーワードプランナー」というワードで広告費をかけ、集客していケースもあまりないと思いますので、
低い数字になっています。
キーワードツールサービスを提供している業者がロングテールワードとして使うことはあるかもしれません。

SEO難易度

キーワードのSEO難易度を0〜100で数値し表示されます。
この数字が大きいほど、SEO難易度が高く上位表示が難しいこと意味します。

  • 0 – 9: effortless
  • 10 – 19: go for it
  • 20 – 29: easy
  • 30 – 39: still easy
  • 40 – 54: possible
  • 55 – 74: hard
  • 75 – 89: very hard
  • 90 – 100: don’t do it

トレンド

 

過去1年間のキーワード検索ボリュームの推移をグラフで見ることができます。
「k」という表示は、000のことです。
上記のグラフでは5月の検索数が21.7k =217,000ということです。

競合サイト

検索キーワードに関連する競合サイトが表示されます。
上記の例では「キーワードプランナー」と検索しているので、一番上には、グーグルのキーワードプランナーの公式サイトが一番上に来ています。

それぞれの項目の説明は以下の通りです。

Google SERP

競合ページのURL

DA(Domain Authority)-ドメイン オーソリティ

ドメイン オーソリティとは米国で有名なSEO会社「Moz」によって開発されたサイトの権威表す数値です。
数字が大きいほど信頼性の高いサイトということです。そのキーワードでの強力なライバルということです。

PA(Page Authority)

ページ オーソリティを表示
DAがドメインに対して数字なのに対し、PAは個別ページの権威性を表します。
数字が大きいほどそのキーワードでの強力ライバルページであることを表します。

MR(MozRank)Mozランク

米国SEO会社「Moz」開発の数字です。

MT(MozTrust)Mozトラスト

リンクの信頼性。米国SEO会社「Moz」開発の数字です。

リンク  

リンク数

FB:

Facebook(フェイスブック)のいいね数

TW

Twitter(ツイッター)でのツイート数

G+

Google+数

Rank

競合ランクです。0〜100で表示されます。

Est.visits

月あたりの、推定月間訪問数

KWFinderの検索結果、キーワード、SEO難易度、トレンド、競合サイトの説明は以上です。

複数キーワードの一括インポート

KWFinderでは複数のキーワードを一括インポートして検索することができます。
Importメニューからインポイトします。
まとめて調べるのに便利

フォームに入力する方法、ファイルで一括アップロードする方法があります。

対象国のエリアを選択(日本なら「japan」)し、
「Import to kwfinder」をクリックします。

キーワードツールのKWFinder登録

キーワードツールKWFinderの方法を説明します。

  1. KWFinderにアクセスします。
  2. 「Register」にアクセスします。
  3. メールアドレス、パスワードを設定し、「Continui to KWFinde」をクリック
  4. 以上でアカウント登録は完了です。

 

ログイン

  1. KWFinderにアクセスします。
  2. 画面右上の「Sgin In」にアクセスします。
  3. 管理画面に移動します。

KWFinderの3つの価格プラン

KWFinderの価格プランは3つに分かれています。
プランによって、検索回数、SERP、関連キーワード数の表示数の制限が違います。

mangools Premium(プレミアム)プラン

検索回数の制限:24時間で500回のキーワード検索が可能
SERP:500
関連キーワード数の表示数:関連キーワードが700個まで表示される

mangools Basic(ベーシック)プラン

検索回数の制限:24時間で100回のキーワード検索が可能
SERP:100
関連キーワード数の表示数:関連キーワードが200個まで表示される

mangools Free(無料)プラン

検索回数の制限:24時間で3回までしかキーワード検索できない。
SERP:3
関連キーワード数の表示数:関連キーワード数は25個までしか表示されない

年間契約と月単位契約

年間契約で月単位で契約する方法に分かれています。
長期で利用する場合、年間契約の方が一ヶ月あたりの料金は割安です。
月ごとの契約に比べ、半額になります。

年間契約

月単位の契約

他のキーワードツールとの比較

KWFinderと似たような機能をもつキーワードツールに「SEMrush」と「Moz Keyword Explorer」があります。
あまりに高いコストをかけたくないけど、効率的にキーワード分析を行いたい人にはKWFinder がオススメです。
見易いデザインなので、初心者にもおすすめです。

KWFinder

  • 月額$29〜 
  • 月額$12.42〜(年間契約) 

Moz Keyword Explorer  

  • 月額$99〜

「Moz」SEO業者には馴染みがある会社です。
より詳細で本格的な分析を行いSEO業者、WEBサイト運営者向けと言えるツールです。

キーワード分析ツール Moz Keyword Explorer
キーワード分析ツール Moz Keyword Explorerを紹介します。Moz Keyword Explorerとは?https://moz.com/explorerMoz Keyword Explorerの使い方Keyword Explorerにアクセ...

SEMrush

  • 月額$99〜

SEMrushは、特に米国のブログアフィエイターに人気なるあるツールです。

キーワードツール SEMrush
キーワードツール SEMrushキーワードツール SEMrushhttps://www.semrush.com/キーワードツール SEMrushの使い方Keyword Analyticssemrusにアクセス キーワード入力し検...

最後に

見やすく使いやすいオススメのキーワードツールKWFinderを紹介しました。

ネットショップ販売では、キーワード分析は書かせません。

  • 海外向けのネットショップ運営のキーワード分析
  • 日本国内ののネットショップ運営のキーワード分析

いずれも活用できるキーワードツールです。

別の記事は複数のキーワードツールを比較紹介してます。

キーワード ツール比較
キーワードツールを比較紹介します。Google Keyword Planner https://adwords.google.com/KeywordPlannerGoogle Keyword Plannerの分析画面抽出キーワード数アレクサの...

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]