CS:GOが世界中で人気の理由

Counter-Strike: Global Offensive (CS:GO)は世界中にプレイヤーがいる大人気のFPSゲームです。1999年のPC向けFPSゲーム「カウンターストライク」の続編であり、「MODが最も世界でプレイされたオンラインゲーム」としてとても有名です。現在も尚、世界中のユーザーに愛されている超人気のシリーズです。

 

「MOD」とは元となるゲームに改変や改造を行った状態を指す用語です。「カウンターストライク」はValveが開発した1998年のFPSゲーム「ハーフライフ」のアドオンとして配信された作品に過ぎなかったのですが、本家「ハーフライフ」を凌ぐ勢いで世界中のプレイヤーを獲得する大人気作品へと成長していきました。

ではCS:GOがなぜこんなにも世界中で人気なのか、その理由を見てみましょう。

 

やりたいことができる!多彩なゲームモード

CS:GOには様々なゲームモードが実装されています。そのため初心者でも上級者でも自分に合ったモードで遊ぶことが出来ます。その中から代表的なモードを紹介します。

 

Competitive モード

カウンターストライクシリーズを世界に知らしめた最もクラシックなゲームモードです。5vs5の2チームで競い合います。全30ラウンドのゲーム内で爆弾処理または人質救出ミッションを先に16勝したチームが優勝となります。

 

Casual モード

カジュアルモードでは、最大10対10のラウンド制バトルを楽しめます。味方プレイヤーへのフレンドリーファイア判定がオフになっているので仲間に気をつかうことなく存分に射撃できる点が魅力。始めたばかりの初心者プレイヤーが操作性やゲーム世界に慣れていくためのモードとしても人気です。

Danger Zone モード

いわゆる「バトルロイヤル」を楽しめるFPSでは定番のゲームモードです。最大18人のプレイヤーが同時対戦することができ、武器やアイテムを探しつつ「最後の1人」を目指して勝ち抜きましょう。

 

eスポーツFPS競技タイトル

CS:GOは世界的に有名なeスポーツFPS競技タイトルとしても知られていて、2019年5月にはオーストラリアのシドニーで行われた国際大会の種目に採用されています。長年愛されている作品ゆえに競技人口も多く、今後も各地で競技種目として採用されることが予想されます。

賞金も用意され、大会場で開催されることが多い世界規模のeスポーツ大会。その常連タイトルになっているCS:GOは、世界中のプレイヤー達が熱狂するのも頷けるFPSゲームです。

最近では、オンラインカジノがブックメーカーとなり、eスポーツでのスポーツベットで人気となっております。eスポーツを見て楽しむだけでなくリアルマネーを賭けることによって楽しみが倍増しますよ。

 

まとめ

世界中のFPSファンから愛されているゲームの世界観、eスポーツ大会も開催されている点が魅力で、FPSで世界のユーザーと対戦したい人、eスポーツで射撃の腕前を披露したいと考えている人におすすめのゲームです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です