iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのスペックを解説!

最新モデルの最上位iPhone 14 Pro Max、およびProが2022年9月16日に発表されました。

他のモデルではあまり変化はなかったものの、iPhone 14 ProシリーズではA16 Bionicチップの搭載、カメラ性能、120HzのProMotionの搭載など、大きな違いが出ています。

本記事では、スマホの買い替えを考えており、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのどちらかを購入するか迷っている方にスペック情報を解説していきます。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのスペック比較表

早速、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのスペック比較表で、iPhone 14 Proシリーズの情報を確認してみましょう。

比較項目 iPhone 14 pro iPhone 14 Pro Max
ストレージ 128GB・256GB・512GB・1TB
カラー スペースブラック
シルバー
ゴールド
ディープパープル
アウトカメラ メイン : 48MP F値1.78

超広角 : 12MP F値2.2

望遠 : 12MP F値2.8

3倍の光学ズーム

最大15倍のデジタルズーム

インカメラ 12MP F値1.9
ディスプレイ 6.1インチ

Super Retina XDRディスプレイ

解像度2,556 x 1,179

常時表示ディスプレイ

ピーク輝度2,000ニト

リフレッシュレート最大120Hz

6.7インチ

Super Retina XDRディスプレイ

解像度2,796 x 1,290

常時表示ディスプレイ

ピーク輝度2,000ニト

リフレッシュレート最大120Hz

サイズ 高さ:147.5 mm
幅:71.5 mm
厚さ:7.85 mm
高さ:160.7 mm
幅:77.6 mm
厚さ:7.85 mm
重量 206g 240g
プロセッサ A16 Bionic
バッテリー 3,200mAh

ビデオ再生:最大23時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大75時間

4,323mAh

ビデオ再生:最大29時間
ストリーミング:最大25時間
オーディオ再生:最大95時間

価格 149,800円~ 164,800円~

デザイン

アルミフレームの角ばったデザインとガラス張りの背面は、iPhone 12シリーズから続くデザインで、iPhone 13 Proシリーズとほぼ同じ形状です。

本体の大きさはiPhone 14 Proが147.5 × 71.5 × 7.85mmで重量が206gなのに対し、iPhone 14 Pro Maxが160.7 × 77.6 × 7.85mmで240gと若干違います。本体サイズが違うので当然なんですが、画面サイズも違い、iPhone 14 Proが6.1インチ、iPhone 14 Pro Maxが6.7インチとなっております。

そして、本体カラーは前モデルからのスペースブラック、シルバー、ゴールドとディープパープルの4色だけです。

カメラ

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのメインカメラについては、iPhone 13 Proシリーズの12MPから4倍の48MPにアップし、センサーサイズが65%大きくなっていて、史上最大のイメージセンサーを搭載しています。そのため、より明るくキレイな1,200万画素の写真が撮影できるようになりました。

写真の焦点距離に連動するアダプティブTrue Toneフラッシュなどの新機能も新モデルの見どころです。また、2倍望遠カメラとして使うことにより、ドット補完が無い2倍ズームが可能となりました。

インカメラでもiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは同様のスペックを持っており、前モデルとの違いはオートフォーカス機能の加入と、より被写体を際立たせた撮影ができる点です。

動画撮影では、4,800万画素そのままのイメージが得られるProRAW撮影、手ぶれ補正機能のアクションモードの搭載、4K 30/24fps 対応のシネマティックモードの搭載など、前モデルとの違いが結構見られます。

ディスプレイ

ディスプレイではiPhone 14 Proが6.1インチ、iPhone 14 Pro Maxが6.7インチと大きさが違いますが、性能は同じです。1~120Hz のリフレッシュレートとSuper Retina XDRディスプレイの美しい画面で、動画もゲームも存分に楽しめます。

使用するコンテンツに応じてリフレッシュレートが変更され、デバイスが触れられていない場合は 1 Hz、激しい動きを伴うゲームの場合は120 Hz などのように、その時その時の最適なリフレッシュレートに変わっていきます。

またiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxでは、iPhone初の常時表示機能にも対応しました。Apple Watchではすでに取り入れられている機能で、画面がロックされている間でも薄暗く画面が点灯されており、タップしなくても日時や通知の確認ができる機能です。

もう一つの進化は、外観上の最大の変化は小型化されたパンチホールDynamic Islandの新機能です。パンチホール部分をうまく活かした新UIのDynamic Islandはサイズを変え、音楽の再生・停止・次の曲へスキップや、マップ起動中の次の経路情報などを見やすくするため、いったん大きくしてくれます。

プロセッサ・RAM・ストレージ

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro MaxのCPUは最新のA16 Bionicを搭載しており、前モデルのA15 Bionicと同様の6コアCPUと5コアGPU、16コアのニューラルエンジンを採用しております。また、RAM(メモリ)に関しては、iPhone 14シリーズでは全モデル6GBで統一しています。

バッテリー

バッテリーではiPhone 14 Proが3,200mAh、iPhone 14 Pro Max が4,323mAhです。結構重要視する方が多いバッテリーの持ち時間では、iPhone 14 Proでのビデオ再生が最大23時間、ストリーミングは最大20時間で、オーディオ再生が最大75時間に対し、iPhone 14 Pro Maxでのビデオ再生が最大29時間、ストリーミングが最大25時間と、オーディオ再生が最大95時間です。なんと、オーディオ再生での持ち時間が20時間の差もあります!

ディスプレイが大きいためiPhone14 Pro Maxの方が電力消費が激しくあまり、バッテリー持ちしないと思いきや、ディスプレイの大きさによる消費電力のハンデを上回るバッテリーが搭載されています。

さらに、Magsafeアクセサリに対応しており、一般的なQi無線充電器では7.5Wでの充電が、Magsafe充電器を使うと15Wのハイパワーでの充電が可能になっています。20W以上のUSB ACアダプタを使用した高速充電では、iPhone 14 Proが30分で最大50%の充電、iPhone14 Pro Maxが5分遅く35分で最大50%の充電となっています。

5G通信規格

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxはいずれも5G通信に対応していますが、国内モデルはミリ波には非対応です。

生体認証

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxでも指紋認証(Touch ID)が搭載されておらず、どちらも顔認証(Face ID)のみが採用されています。ただし、現在よく使うマスク越しでも顔認証が可能なので、顔認証だけでも不便と感じないでしょう。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの価格を比較

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの本体価格を表にまとめてみました。表からもわかるように、各社の機種購入サポートの契約をしない場合、アップルストアで購入する方が一番おすすめです。

iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
楽天モバイル 164,800円〜 181,800円〜
ドコモ 174,130円〜 201,850円〜
au 175,860円〜 201,925円〜
ソフトバンク 175,680円〜 201,600円〜
アップルストア 149,800円~ 164,800円~

まとめ

プロセッサやカメラ、ディスプレイ性能などの基本スペックは両機種とも同じく、一番目につく違いは価格ですよね。iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの価格差は15,000円~で、選ぶ判断基準が大きさ・重さ・バッテリーの持ち時間だけになってしまいます。選ぶ時は自分好みになってしまいますので、この記事を購入前の参考にしてみてくださいね。