AmazonからASINを一括取得! 「zonASINHunter」を応用した使い方

AmazonからASIN等でデータを一括取得できるツール「zonASINHunter」の活用方法を紹介します。
米国からの抽出にも日本からの抽出にも対応しているのでAmazon輸出にもAmaon輸入にも活用できます。

zonASINHunterの基本的な使い方

「zonASINHunterって何?」という方はこの記事の前に以下の記事を参考にしてください。
インストール方法や基本的な使い方を説明しています。

zonASINHunter✕他ツール

zonASINHunter単体のみで使うよりも、他のツールを組み合わせることでより効果を発揮します。
Amazon輸出入では様々なツールサービスが提供されていますが、ASINの収集の機能はついていないツールがほとんどです。

zonASINHunterでASIN収集→他のツールでASINを読込という使い方がオススメです。

エクスポートしたデータの活用事例

zonASINHunterでAmazonからデータを取得し、エクスポートした他にツールへ活用します。

  • ASINインポートに対応したリサーチツールにインポートし商品リサーチ
  • データ収集ツールにインポート(プライマなど)
  • アマゾン出品ファイルへ加工
  • ASINインポートに対応した在庫変動確認に読込(在庫チェッカー等)
  • 市場分析、マーケティング
  • 取引先候補のリストアップ

ASINインポートに対応したリサーチツールに読込商品リサーチ

「zonASINHunter」を使いAmazon取得したデータをASINインポートに対応したツールに読み込ませリサーチに活用する方法です。
以下の画像は「アマコン」というツールです。

  1. 「zonASINHunter」を使いAmazonからASIN取得
  2. 「zonASINHunter」からASINデータをエクスポート
  3. 他のツールでASINからインポート
  4. 商品リサーチ
    貼り付けた画像_2017_05_14_23_13

データ収集ツールにインポート(プライマなど)

zonASINHunterで収取したデータをプライマでインポートしデータ収集します。

  1. 「zonASINHunter」を使いAmazonからASIN取得
  2. 「zonASINHunter」からASINデータをエクスポート
  3. プライマでASINデータをインポートして検索
  4. プライマにて詳細なデータを取得

プライマではzonASINHunter以上に収集できる項目が沢山あります。
収集できる具体的な項目はプライマの公式ページを確認してください。

ただし、プライマの弱点としては、プライマ単体ではASIN収集機能はないことです。

そこで、

  • AmzonからのASIN収集は「zonASINHunter」
  • Amazonからの詳細データを集めは「プライマ」

というようにツールを組み合わせ使うことは効果的です。

アマゾン出品ファイルLへ加工

Amazon無在庫大量出品へ活用する方法です。

他のセラーを参考にAmazon無在庫販売での一括大量出品に活用できます。
以下の手順で行います。

  1. 海外Amazonから無在庫の販売数の多い日本人セラーを見つける
  2. zonASINHunterでデータ抽出
  3. zonASINHunterでからデータエクスポート
  4. 日本のAmazonとASINのひも付きがあるデータに絞込
  5. 出品ファイルLへ加工(プライマを使うかマクロを組む)
  6. Amazonへ一括出品

「zonASINHunter」からエクスポートしたデータは、そのままAmazonにアップロードはできないので、
Amazon出品ファイルLに変換します。
ASINを読み込んだ後、Amazon用の出品ファイルを生成できるツールを使うと便利です。
例えば、ツールにはプライマやアマコンがあります。

Amazon輸出での出品ファイルLの使い方は以下の記事を参考にしてください。

無在庫大量出品と在庫管理はセットで考える

初心者が陥りやすい失敗はAmazonの大量出品後の在庫管理を考えないことです。

無在庫販売=Amazonの規約違反と考えれれているのですが、そうではありません。
在庫を管理できず、あるいは行わずにキャンセルを連発してしまうことが問題です。
また、無理なリードタイムを設定してしまうことも問題です。
Amazonでアカウント維持するためには、以下の指標をキープしなければなりません。

  • 出荷前キャンセル率:2.5%未満
  • 出荷遅延率:4%未満

Amazonで無在庫販売と行う場合、出品と在庫管理・管理価格は必ずセットで考えてください。
管理するためには、やはり専用のツールが便利です。
例えば、アマトピア(価格改定機能)HARUというツールがあります。

あまりツール、ツールというのも気がすすみませんが、
「ツールに頼ってはダメだ」と言って、何千件、何万件ものデータを手動でどうこうしようとするのは、現実的ではありません。

無在庫大量出品の管理にはシステム無しは考えれません。
必要な部分にはツールは使いましょう。

「大量出品しておしまい」ではなくそこからの管理が重要です。

米Amazon仕入れ→日Amazon無在庫販売

また、上記は日Amazon仕入れ→米Amazon無在庫販売を想定していますが、
米Amazon仕入れ→日Amazon無在庫販売でも流れは同様です。
zonASINHunterは日本のAmazonにも対応しています。
日本のAmazonから輸入セラーをみつけ、そのセラーのASIN情報をまとめて抽出することもできます。

Amazon輸入での出品ファイルLの使い方は以下の記事を参考にしてください。

ASINインポートに対応した在庫変動確認に読込(在庫チェッカー等)

zonASINHunterからASINを抽出し、在庫変動確認ツールに一括登録する方法です。
収集したいデータの登録を効率的に行うことができます。

次の手順で行います。

  1. zonASINHunterでamazonからデータ取得
  2. zonASINHunterのエクスポートのクリップボードにコピー
    するとASINのみがコピーされます。
    貼り付けた画像_2017_05_14_23_23
  3. 在庫チェッカーに貼り付けます。
    複数のASINを在庫チェッカーに一括で登録することができます。
    貼り付けた画像_2017_05_14_23_24 

まとめ

zonASINHunterの活用方法を紹介しました。
ASINの収集には複数ツールがあります、有用のものではこれがオススメです。
Amazon輸出入のデータ収集役立ててください。

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。