Amazon輸入のやり方・始め方【超初心者向け】

amazon-export-1




海外から商品を輸入しAmazonで販売する「Amazon輸入」。

「Amazon輸入とは何?」
「どうやってはじめればいいの?」

という疑問をもった初心者でもわかるよう解説します。

Amazon輸入とは?

amazon-export-1

海外で商品を仕入れ日本のAmazonで販売

Amazonで販売とは、海外Amazon、ebay、海外ネットショップ、海外メーカー、海外問屋、海外の工場などから商品を仕入れ、日本のAmazonで販売し利益を得る方法のことです。

Amazon輸入の登場人物

Amazon輸入の主な登場人物は以下の通り。

  • 仕入れ元:メーカー、問屋
  • 転送会社:荷物を転送してくれる業者
  • セラー(販売者)
  • Amazon
  • ユーザー:商品の購入

10商品以下で月に300万円以上稼ぐ販売者も

Amazon売れ筋ランキングで上位の商品で1商品で月商数1000万以上。

上位取得は簡単ではありますが、もっと下のランキングでも月商50〜100万規模の商材はゴロゴロとあります。

売上予測は次の方法で確かめることができます。

関連記事:Amazon輸入 ライバルセラーの売上(販売個数・在庫数)を予測する5つの方法

Amazonのカテゴリ

Amazonではありとあらゆる商品を販売できます。
カテゴリを大きくわけると次の通り。

>Amazonのカテゴリ一覧を見る

出品するためには「カテゴリー申請」が必要となるカテゴリーもあります。
申請には、仕入れ元の証明や領収書、独自の販売サイトが必要となります。

関連記事:Amazon輸入 カテゴリー申請の方法【図解つき】

Amazon輸入の手法の種類

一言で「Amazon輸入」といっても様々な方法があります。

  • 中国輸入
  • アメリカ輸入
  • ヨーロッパ輸入
  • 輸入代理店
  • 輸入転売

Amazon輸入の仕入れ元

  • 米Amazon
  • ヨーロッパAmazon(イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン)
  • ebay(アメリカ・イギリス・オーストラリアなど):世界最大のオークションサイト
  • 中国アリババ:中国小売業者向けBtoBサイト
  • アリババ(グローバル):世界の小売業者向けBtoBサイト
  • 海外のネットショップ

Amazon輸入のメリット・デメリット

Amazon輸入のメリット

低資金で始められる

Amazon輸入は、低リスク・低資金で始めることができます。
最低限かかる費用は、

スポンサーリンク

  • Amazon大口出品 月額登録料4900円

です。

 

副業でも本業でも取り組める

副業のお小遣い目的から、事業として本格的な収益を目指すこともできます。

在宅でできる

Amazon輸入は、基本的にネットだけでも完結します。

もちろん「アグレッシッブに動きたい!」という人は、足を動かして海外展示会に出向くこともできます。

簡単に始められる

ネットショップやアフィリエイトの場合、サーバー契約、ドメイン取得、サイトの構築、デザインなど、覚えなければならないことが沢山あります。

Amazonでは簡単な手順で出品開始ができ、始めるためのハードルが低いことが特徴です。

 

すぐに収益化できる

ネットショップやアフィリエイトの場合、広告を使わないかぎり収益化するまで時間がかかります。

Amazon輸入では、強力な集客力をもったAmazonに出品できるため、需要の高い商品を出品すればすぐに売上があがります。

Amazon輸入のデメリット

在庫が必要

「無在庫」販売の方法もありますが、

基本的には、在庫を抱えて販売するビジネスです。

 

Amazonアカウント売却ができない

ネットショップやアフィリエイトサイトでは、サイトが育ったときサイトごと売却が可能。
想定売却価格はおよそ1.5〜3年分の利益です。

一方、Amazonのアカウントの売買はできません。

Amazonで稼ぐ流れ

  1. Amazon出品アカウント取得
  2. 商品リサーチ(需要・競合調査)
  3. 商品仕入れ
  4. 商品出品

関連記事

Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク