Amazon Pay(Amazonペイメント&ログイン)とは?ネットショップにAmazonの決済を導入!




Amazonペイメント&ログインとは?

payments

https://payments.amazon.co.jp/home

Amazonペイメント&ログインとは
購入者がAmazon「以外」のサイトで買い物する時に、Amazonアカウントで支払い
ができるサービスです。

2013年にアメリカでは開始され、
2014年に欧州、インドでもサービスインしていて、
日本は5ヵ国目の導入となりました。

「Amazonログイン&ペイメント」をネットショップに導入することで、
購入者はAmazonアカウントでログイン後、
Amazonに登録されたアカウント情報(配送先やクレジットカード情報)
決済を完了することができます。

Amazonペイメント導入のメリット(購入者の立場)

スムーズでストレスフリーな購入手続き

Amazonアカウントに登録された配送先、クレジットカード情報で購入ができます。
購入者の立場でのデメリットは特に見当たりません。

Amazonペイメント導入のメリット(販売者の立場)

Amazonペイメントのよって次のメリットが期待できます。

  • 新規顧客の開拓
  • コンバージョン率改善 

新規顧客の開拓

Amazonペイメント導入のメリットの一つはペイメントにAmazon名前が出ることでお客さんに安心感を与えることができるてんです。

これは、新規顧客獲得につながります。

ネットショップは個人事業主の頃から始めていましたが、
そのとき、「特定商取引法に基づく表記」の振込先名義も勿論個人名でした。

「あなたのショップは不安なので、買いません。」
とわざわざ連絡してくれる人はいませんで、
ハッキリ数字ではわかりませんが、
運営者が個人ということで、他に流れるお客さんは間違いなくいたはずです。

今は法人としてEC運営していますが、
法人なら抜群の信頼度があるかと言えば、必ずしもそうとは言えません。
お客さんにとって、初めて聞く名前の会社名、ショップは不安に思うものです。

決済ボタンにAmazonの名前が出ていたらどうでしょう?
ネットで買い物をする人ならAmazonの名前は誰でも知っているので、
信頼度が違います。

コンバージョン率改善 

Amazonペイメントを導入するもうひとつのメリットは、コンバージョン率の改善です。コンバージョン率(転換率)とは、サイトへのアクセス数に対しての購入発生の割合のこと。

ネットショップで注文するときに、住所、名前、カード情報など、フォームの入力が手間で、途中で離脱してしまう購入者もいます。

楽天、Amazonは多くのユーザーがアカウントを持っているため、会員登録済で数クリックで注文でき便利です。

Amazon Payを導入すれば、ネットショップでもAmazonの同様の注文ができるようになるため、”かご落ち”ロスも減らすことができるしょう。

Amazonペイメント手数料

手数料の記載も見当たりませんでした。
アメリカだと、2.9% + $0.30ですので、
おそらく日本でもこれに準じた手数料が設定されるのではないでしょうか。

物理的商品・サービスの販売:4%
デジタルコンテンツの販売:4.5%
出典 Amazonペイメント手数料

Amazonペイメント対応のASP(ショッピングカート)

Amazonペイメントの公式ページに
ソリューションプロバイダーのなかで
Premier Partnersとして掲載があるのは、以下の5社です。

  • 株式会社フューチャーショップ
  • 株式会社ecbeing
  • 株式会社ビービーエフ
  • アイピーロジック株式会社
  • GMOメイクショップ株式会社

Amazonペイメント&ログイン対応ASP簡易比較表

簡易的な比較表を作ってみました。

ショッピングカートASP プラン 初期費用 月額費用 商品数上限

MakeShop

カスタム 100,000円(税抜)~ 50,000円 50,000
プレミアショッププラン 10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 10,000
ビジネス 10,000円(税抜) 3000円(税抜) 100

FutureShop2

 

Standardプラン 15,000円〜50,000円 8,000円〜50,000円 300〜10000
Goldプラン 50,000円 79,000円 30,000
ecbeing  WEBページに料金体系の記載なし  –  –  –
株式会社ビービーエフ

WEBページにサービス詳細の記載なし

 –  –  –
アイピーロジック株式会社 

※EC CUBEに
プラグインとして導入

EC CUBEの構築は別途行う必要がある。

 –  –  –

WEBページ上に料金説明があるのは、MakeShopと、FutureShop2の2社です

ecbeing、株式会社ビービーエフの2社はホームページからは
Amazonペイメント&ログインの料金体系を確認できませんでした。

料金体系が記載がない場合、中・大手向けとしてサービス提供されており、
個人・小企業向けではない可能性が高いです。
(当サイトで直接問合せて確認をとったわけではありませんで、あくまでも憶測です。)

アイピーロジック株式会社はEC CUBEにプラグインとしてサービス提供しています。
EC CUBEの構築は別途行う必要があり、別料金です。

 

Amazonペイメント&ログイン対応ASP

MakeShop (メイクショップ)

makeshop

ネットショップ構築サービス「MakeShop」 「Amazonログイン&ペイメント」
オプションサービスの申込受付を開始 ~Amazonアカウントで簡単に決済が可能~

 

FutureShop2

スクリーンショット 2016-02-17 6.08.50

 

Amazonにデータを奪われる!?

一方でいいことばかりでもありません。
Amazonにデータを奪われると考えておくべきでしょう。

こうしたサービスの目的のひとつは
当然ながら、ペイメントサービスの提供し手数料収入を生み出すことです。

もうひとつの目的は、データ収集で、
Amazonペイメント経由の注文はAmazonにも筒抜けです。
自社ショップの売れ筋傾向がAmazon側にもわかっていまうということです。

Amazonは直販も行っていますので、
こうやってデータ収集して、売れるとわかる商品があれば、
すかさず契約をとりにいくでしょう。


本記事、執筆後、Amazonに確認しました。
【Amazonペイメント&ログイン】で得た
情報をAmazon直販には流用しないとの回答がありました。

とはいえ、それが事実かどうか外部から確かめる術はありません。

Amazonペイメント&ログインまとめ

・Amazonペイメントの手数料は4%

・コンバージョン率の新規会員獲得率の向上が期待できる

 

ショッピングカートASPが限られる、
あるいは、独自に開発が必要等、
導入にはいくつか、制限・ハードルがあるものの
「Amazonブランド」の恩恵を受けることができるサービスであるといえます。

 

カラーミーショップ、Amazonログイン&ペイメントが実装

2016年12月9日追記

購入率UPをサポート!新決済機能「Amazonログイン&ペイメント」申込受付開始!