仮想通貨「イーサリアム」の定番ウォレット「MyEtherWallet」| 使い方・登録・入金

MyEtherWallet

ビットコインに続き、2番目の時価総額を誇る人気の仮想通貨「イーサリアム」。(関連記事:仮想通貨「イーサリアム(Ethereum)とは?| 購入方法・特徴・価格・チャート | Eプロ

仮想通貨の保管場所を「ウォレット」と言います。銀行で例えると「口座」にあたります。

仮想通貨「イーサリアム」を保管できる定番のウォレット「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」です。

仮想通貨のウォレットとは?

仮想通貨のウォレット ≒ 銀行の口座番号

「ウォレット」とは、仮想通貨の保管場所のこと。銀行で例えると「口座」にあたります。

仮想通貨のウォレットの5種類

仮想通貨のウォレットは大きくわけて5通りです。

  • Webウォレット(オンラインウォレット):Web上のウォレット
  • スマホアプリウォレット:スマホアプリ
  • デスクトップウォレット:デスクトップPC用ソフト
  • ハードウェアウォレット:専用USB端末
  • ペーパーウォレット:紙のウォレット

ウォレットのメリット・デメリット比較まとめ

  安全性 利便性 メリット デメリット
オンラインウォレット △低 ◎高 ・利便性が高い
・PCやスマホが壊れたときも影響がない
・ハッキング被害のリスク
・取引所が潰れてて仮想通貨を失うリスク
・インターネットが無いと確認できない
・サーバー障害で接続できない場合がある
デスクトップウォレット ○中 ○中 ・オンラインウォレットよりも安全
・取引所が潰れても影響がない

・PCがウイルスが感染し仮想通貨が盗まれるリスク
・ソフトをダウンロードした端末でしか使えない
・ソフトの容量が大きい(数十GB)

スマホアプリウォレット ○中 ○中 ・スマホでどこでも管理できる ・不具合でコインを取り出せなくなる事例
ハードウェアウォレット ◎高 △低 ・セキュリティが高い
・取引所が潰れても影響がない
・利便性は低い
・端末の購入費用
ペーパーウォレット ◎高 △低 ・セキュリティが高い
・取引所が潰れても影響がない
・紙の盗難リスク
・紙の紛失リスク
・印字が消え識別できなくなるリスク

関連記事:仮想通貨を安全に保管しよう!ウォレット5種類の安全製比較 【超初心者向け】

ウォレットによって対応仮想通貨が違う

ウォレットによって対応する仮想通貨が違います。
保有する仮想通貨に合わせて最適なウォレットを選ぶ必要があります。

仮想通貨「イーサリアム」のウォレットの種類

「ウォレット」とは仮想通貨の保管場所です。

仮想通貨「イーサリアム」には、次ようなウォレットがあります。

  • MyEtherWallet:定番ウォレット 今回の記事
  • METAMASK(メタマスク):Chromeのプラグインウォレット(詳細
  • Trezor(トレザー):ハードウェアウォレット
  • Ledger Nano S:ハードウェアウォレット
  • Jaxx:スマホ、ブラウザで使えるウォレット

今回は、イーサリアムの定番ウォレット「MyEtherWallet」の登録方法を解説します。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」全てのイーサリアムトークンに対応のウォレットです。

  • ブラウザから利用できる
  • 「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」全てのイーサリアムトークンに対応
  • ハードウェアウォレットと連携できる
  • ペーパーウォレットを作れる
  • 日本語対応
  • METAMASKと連携可能

ペーパーウォレットを作れる

MyEtherWallet-7

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)では、ペーパー(紙)ウォレットを作ることができます。

日本語表示に対応

myetherwallet-japan

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、日本語表示に対応しています。

METAMASKと連携可能

「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」とChromeのプラグインウォレット「METAMASK(メタマスク)」は連携できます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の公式サイトへアクセス

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の公式サイトへアクセスします。
はじめてアクセスした時には、次のようなウィンドウが開き、メッセージが表示されるので、ボタンを教えていきます。

MyEtherWallet-1

日本語への切替

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のデフォルト(初期設定)は、英語です。
日本語に切り替えるには、上部メニューの「English」をクリック後、「日本語」を選択します。

日本語への切替

日本語への切替

パスワード作成

フォームにパスワードを入力し、「Create New Wallet」をクリックします。

フォームにパスワードを入力し、「Create New Wallet」をクリック

フォームにパスワードを入力し、「Create New Wallet」をクリック

セキュリティを高くするため、パスワードは、大文字、小文字、英字、数字が混じった8桁以上で設定することをおすすめします。!

パスワードの自動作成ツールが便利

パスワードの作成は、自動作成ツールを使うと便利です。

>パスワード生成(パスワード作成)

パスワードの自動作成ツール

パスワードの自動作成ツール

「強度」「文字」「文字数」「個数」を指定し、生成をクリックします。

Keystoreファイルのダウンロード

Download Keystore File(UTC / JSON)」をクリックします。

「Download Keystore File(UTC / JSON)」をクリック

「Download Keystore File(UTC / JSON)」をクリック

すると、「Keystoreファイル」がダウロードされます。

Keystore_File

「Private Key(秘密鍵)」の保存

I understand. Continue(理解して続けます)」ボタンをクリックします。

「I understand. Continue(理解して続けます)」ボタンをクリック

「I understand. Continue(理解して続けます)」ボタンをクリック

すると、画面に「Private Key(秘密鍵)」が表示されます。

「Private Key(秘密鍵)」が表示さ

「Private Key(秘密鍵)」が表示

「秘密鍵」は絶対に他人に漏らしていけません。銀行口座でいえば、「暗証番号」のような役割を持ちます。

「ウォレットアドレス」「秘密鍵」を紙で印刷

作成した、「ウォレットアドレス」「秘密鍵」は紙で印刷できます。

Print Paper Wallet(ペーパーウェレット印刷)」ボタンをクリックします。

「Print Paper Wallet(ペーパーウェレット印刷)」ボタンをクリック

「Print Paper Wallet(ペーパーウェレット印刷)」ボタンをクリック

すると、印刷画面が開きます。

  • ウォレットアドレス
  • ウォレットアドレスのQRコード
  • 秘密鍵
  • 秘密鍵のQRコード

が表示されます。

MyEtherWallet-7

他のウォレットアドレスへ入金

他のウォレットや取引所からウォレットアドレスに入金できます。

関連記事

関連記事:仮想通貨を安全に保管しよう!ウォレット5種類の安全製比較 【超初心者向け】

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。