Googleアドセンスのインフィード広告広告を設置する方法

adsense-infeed

WordPressサイトにGoogleアドセンスのインフィード広告を設定する方法を解説します。

スポンサーリンク

Googleアドセンスの広告の種類

Googleアドセンスの広告の種類は大きくわけて4つです。

  • テキスト広告とディスプレイ広告
  • 関連コンテンツ
  • インフィード広告
  • 記事内広告

今回はインフィード広告の設置について解説します。

インフィード広告とは?

インフィード広告とは、コンテンツ一覧の間に設置できるアドセンス広告です。

インフィード広告のカスタマイズ – AdSense ヘルプ

インフィード広告の設置の流れ

おおまかには以下の流れインフィード広告を設置します。

  1. インフィード広告作成、デザイン調整
  2. 広告コードをコピー
  3. WordPressサイトに広告コード設置

インフィード広告の設置方法

広告作成開始

Googleアドセンスにログインし、「広告の設定」➔「新しい広告ユニット」をクリックします。

「広告の設定」➔「新しい広告ユニット」

「広告の設定」➔「新しい広告ユニット」

広告の選択

「インフィード広告」を選択します。

インフィード広告を選択

インフィード広告を選択

「→」をクリックします。

adsense-infeed-4

「→」をクリック

「次へ進む」をクリックします。

「次へ進む」をクリック

「次へ進む」をクリック

フィードデザインを選択

フィードデザインを選択します。
サンプルを確認することもできます。

adsense-infeed-6

フィード選択

広告ユニットの設定

広告ユニット名を記入します。管理を考えた場合、「ドメイン名 インフィード広告」するのがオススメです。レポートに表示されたとき、サイトと広告の種類が一目で判別できます。

各項目は、貼り付けるWEBサイトのデザインに合うよう調整します。

  • グローバルオプション
  • イメージ
  • 見出し
  • 説明
  • URL
  • ボタン

設定が完了したら、「保存してコードを取得」をクリックします。

スポンサーリンク

adsense-infeed-7

広告設定

広告コードコピー

「コードユニスペットをコピー」をクリックし、広告コードをコピーします。

adsense-infeed-8

adsense-infeed-8

サイトにコード設置

PHPファイルにコードを設置します。
WordPressテーマ「オープンケージ」での設置方法を例に解説します。

「アルバトロス」の場合

  • parts_archive_simple.php

「ハミングバード」、「アルバトロス」の場合

  • シンプル型…parts_archive_simple.php
  • ビッグ型…parts_archive_big.php
  • カード型…parts_archive_card.php
  • マガジン型…parts_archive_magazine.php

WordPress管理画面から「外観」➝「テーマ編集」からファイルを開きます。

変更前


<!--?php if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?-->

変更後





この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク

   

コメントを残す