Google AdSense 4つの広告種類の違い|「テキスト広告とディスプレイ広告」「関連コンテンツ」「インフィード広告」「記事内広告」

Google AdSenseで広告を評価依貼ろうとしたら、4種類でてきたんだけど、どれを使えばいいの?違いは何?

Google AdSense 4つの広告、

  • テキスト広告とディスプレイ広告
  • 関連コンテンツ
  • インフィード広告
  • 記事内広告
  • 自動広告

について違いを説明します。

Google AdSense 広告種類の違い

テキスト広告とディスプレイ広告

ページに広告を表示するシンプルなフォーマットです。表示する広告のサイズ、位置、スタイルを指定します。 

関連コンテンツ

広告を配信しながらサイト内のコンテンツの宣伝に使います。サイトでの収益、ページビュー、滞在時間の増加が見込めます。 

Googleアドセンスの関連コンテンツ ユニットを設置する方法

インフィード広告

サイト上の記事や商品のリストの中に広告が違和感なく表示され、優れたユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)を生み出します。 
ネイティブ

Googleアドセンスのインフィード広告広告を設置する方法

記事内広告

記事内広告とは、ページの段落の合間に溶け込む広告です。記事を読むユーザーの利便性が高まります。

自動広告

Googleアドセンス自動広告は、最適な位置に広告を自動表示します。

Googleアドセンス自動広告の設定方法・使い方【図解解説】

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。