WordPressサイトにGoogleアナリティクスを導入する方法【図解】

Googleアナリティクス(グーグル・アナリティクス)と無料で高機能なアクセス解析ツールです。
Google AnalyticsをWordpressサイトに設置する方法を解説します。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは、グーグルが提供しているWEBサイトアクセス数を解析することができるツールです。

簡単に説明すると、運営サイトを「何人の人がみているか?」といった情報を解析できます。
以下↓のようにサイトにアクセスに関する様々なデータをチェックでき、WEBサイトやネットショップの管理者にとって、なくてはならない必須のサービスです。

  • 現在、何人の人が見ているのか?
  • 何回ページが表示されているか?
  • 何人の人がみているのか?
  • 過去のアクセスの推移は?
  • Webサイトに訪れて人がどれくらいの時間滞在いるのか?
  • どんなキーワードでサイトに訪れているのか?
  • どのページがよく見られているのか?
  • どのページにやってきて、どのページに移動したのか?
  • どのページから別のWEBサイトに離脱したのか?
  • どの時間帯のアクセスが多いのか?
  • どの曜日のアクセスが多いのか?
  • どの国からのアクセスが多いのか?
  • どの端末を使っているのか?
    • パソコンからか?
    • スマートフォンからか?
    • タブレットからか?
  • どういう経由でWEBサイトにアクセスしている?
    • キーワード検索からか?
    • 直接アクセスか?
    • フェイスブックなどのソーシャルメディアからか?

アクセス解析する目的とは?

なんのためにアクセスを解析する必要があるのでしょうか?

アクセスは売上に非常に深く関係しています。
ウェブでの売上を考える上で、必ずアクセス数は確認しなければなりません。

WEB集客の基本の公式をみてください。

売上= アクセス数 ✕ 転換率 ✕ 単価

で表すことができます。

例えば、1ヶ月に1万アクセスがあり、そのうち1%の人が商品を買い、商品単価が1万円なら、

式に当てはめると、

100万円(売上)=1万(アクセス数) ✕ 1%(転換率) ✕ 1万円

です。

例えば、「ネットショップで月商100万円を達成したい!」目標をたてたとき、
月に100人しか見ていないネットショプなら、100人中、100人が買わない限り月商100万円は達成できません。

転換率は商品ページの完成度によっておおきく違いますが1〜10%と考えてください。
10%を超えるようなら相当優秀な商品ページです。

数字を見ないことには売上が上がらない原因を突き止めることできません。

ネットショップやWEBサイトへの設定

ネットショップへのオーガニック検索を増やすにはコンテンツマーケティングが有効です。
コンテンツマーケティングを行うためのCMSにはワードプレスが最もおすすめです。
ワードプレスの詳細なアクセスを分析するためにGoogleアナリティクスの導入は必須です。

Googleアナリティクスをワードプレスに設置

ワードプレスで製作したサイトにGoogleアナリティクスを導入する方法を説明します。

WordPressへのGoogleアナリティクスの導入方法は、大まかには次の手順で行います。

  1. Google アカウントの作成
  2. GoogleアナリティクスからトラッキングIDを取得
  3. WordPressのプラグイン「All in One SEO」を導入
  4. All in One SEOにトラッキングIDを登録

1.Googleアカウントの登録

Googleアナリティクスを使うためにGoogle アカウントが必要です。

もしも、まだGoogle アカウントがない場合、以下のURLから新しく登録します。

https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

Googleアカウントの登録

Googleアカウントの登録

 

2.GoogleアナリティクストラッキングIDの取得

  1. 以下のアドレスにアクセスし、「ご利用開始」をクリックします。
    https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/
    GoogleアナリティクストラッキングIDの取得

    GoogleアナリティクストラッキングIDの取得

  2. パスワードを入力し「次へ」をクリックします。
    パスワードを入力し「次へ」をクリック

    パスワードを入力し「次へ」をクリック

  3. Googleアナリティクスの画面左下メニューから管理ボタン(歯車のマーク)をクリックします
  4. WEBサイトを選択します。
  5. プロパティ設定をクリックします、
    プロパティ設定

    プロパティ設定

  6. トラッキングIDが記載さています。
    トラッキングIDは「UA」から数字です。
    トラッキングID確認

    トラッキングID確認


    トラッキングIDは以下のようにUAから始まる番号となっています。

    UA-########-1

     

2. WordPressへの導入方法

さきほど取得したトラッキングIDをワードプレスへ導入します。
トラッキングIDを導入する方法は以下の3通りの方法があります。

  • ワードプレスプラグインの機能を利用
    • All in One SEO
    • Monsterinsights
  • ワードプレステーマの機能を利用:テーマごとの異なる
  • ードプレステーマのテンプレートを直接貼り付け:「テーマヘッダー(header.php」

初心者はプラグインを使う方法が便利です。
「All in One SEO」を使った設定方法を紹介します。

WordPressに「All in One SEO」をインストールする流れです。

スポンサーリンク

  1. ワードプレスのメニューから「プラグイン」を選択あと「新規追加」をクリック
  2. 「All in One SEO」で検索
  3. All in One SEOの「今すぐインストール」をクリック貼り付けた画像_2017_05_16_20_16

3. All in One SEOにトラッキングIDを登録

All in One SEOにトラッキングIDを登録する方法の流れです。

  1. All in One SEO>「一般設定」をクリックします。
    貼り付けた画像_2017_05_16_20_18
  2. google設定
    「google設定」というエリアの「GoogleアナリティクスID」の項目にトラッキングID入力します。
    貼り付けた画像_2017_05_16_20_20
  3. 「設定を更新」をクリックします。
    貼り付けた画像_2017_05_16_20_26
    以上でワードプレスで製作したサイトにGoogleアナリティクスを導入は完了します。

アナリティクスの動作確認

設置したコードでアナリティクスが正常に動作しているか確認します。

アナリティクスにログインします。

https://analytics.google.com/analytics/web

動作確認方法その1

ホーム>現在のユーザー数を確認

動作確認その2

Googleアナリティクスの画面左下メニューから管理ボタン(歯車のマーク)をクリックします
プロパティでサイト選択>トラッキング情報>トラッキングコード>ステータス確認

データが少ないとGoogleアナリティクスは有効活用できない

Googleアナリティクスを設置する前の過去に遡ってデータを見ることはできません。
データが少ないと有用な分析はできないため、最低でも一週間程度はデータが集まるまで待ちましょう。

また、立ち上げたばかりのサイトでアクセス数そのものが少ない場合もデータを生かすことはできません。
まだアクセスが少ない場合は、サイトのコンテンツを充実させていくことが先決です。

さいごに

ワードプレスでGoogleアナリティクスを導入する方法を解説しました。

Googleアナリティクスの設置が完了したら、次は、正確な分析をするために自分のアクセスを除外するための設定を行っておきましょう。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法
googleアナリティクスで分析するとき、自分のアクセス数は除外しなければなりません。ネットショップやWEBのサイト運営者はたびたび自分のサイトにアクセスしチェックす...

アクセスが集まりある程度のデータを収集することができたら、まずはGoogleアナリティクスのホーム画面見方から覚えましょう。

参考:Googleアナリティクスの管理画面の基本的な見方

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク