Google タグマネージャーのアカウント取得、コンテナ作成の手順

Google タグマネージャーとは?

さまざまなツールのタグを一元管理するためのツールです。

タグマネージャの階層

  • アカウント1
    • コンテナ1
    • コンテナ2
  • アカウント2
    • コンテナ1
    • コンテナ2

タグマネージャを導入するメリット

複数のタグの管理が簡単になります。

Google タグマネージャーのアカウント登録

GoogleタグマネージャはGoogleアカウントを取得していることが前提です。
Google タグ マネージャーにアクセスし、「今すぐ登録」をクリックします。

新しいアカウントの追加

アカウントの追加

アカウント名を入力し、「続行」をクリックします。
アカウント名は任意になんでもかまいません。

コンテナの作成

「コンテナ」を作成します。
コンテナ名、コンテナの使用場所を選択肢、「作成」をクリックします。

 

規約同意

以下の利用規約確認画面が表示されます。
「はい」をクリックします。

Googleタグマネージャでコードを取得

Googleタグマネージャのタグが表示されます。
このコードをWEBサイトに設置します。

コードを埋め込み方法

コードをWEBサイトに埋め込むには複数の方法があります。

  • 全 HTMLページにタグマネージャー・管理コードを記述
  • WordPressの場合
    • header.php のみにコードを追記
    • プラグインで管理
    • header.php の編集、管理プラグインを使ってコード追記

ワードプレスに設置する場合、プラグインが便利です。

「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」をインストール

「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」はワードプレスにGoogleタグマネージャーを設置できるプラグイン です。

以下から追加します。

インストール後、プラグインを有効化します。

ワードプレスの管理画面>設定>「Google Tag Manager for WordPress」

設定画面で、グーグルタグマネージャーID設定し、「変更を保存をリックします。」

 

ワードプレス上の「Google Tag Manager for WordPress」の管理画面から入力します。
「変更を保存」をクリックします。

グーグルタグマネージャーIDの確認

グーグルタグマネージャーIDはグーグルタグマネージャーから確認します。
「GTM-●●●●●●」という番号です。

ワードプレスの設定は完了です。

Googleタグマネージャのタグの動作検証

検証方法は以下の方法があります。

スポンサーリンク

  • Googleアナリティクスのリアルタイム項目
  • プラグイン
Tag Assistant (by Google)
Tag Assistant helps to troubleshoot installation of various Google tags including Google Analytics, Google Tag Manager and more.

プラグイン

インストール後、使用したいタブを開いた状態でGoogleTagAssistantのボタンをクリックします。

 

タグの設定

続いて、Google タグ マネージャーの管理画面からタグの設定を行います。

ここでは、

  • タグ
  • トリガー

の設定を行います。

「新しいタグ」をクリックします。

タグタイプの設定

「タグ」の設定をクリックします。

  

タグのタイプを選択します。

 

トリガーの設定

トリガーの設定を行います。

トリガーとは?
トリガーとはタグが読み込まれるための条件

 

「All Pages」(すべてのページビュー)を選択します。

「保存」します。

トラッキングIDの確認

 

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク