【完全図解】WordPressサイトに「Google タグマネージャー」を設定する方法 | 新規アカウント登録方法




Webサイトのアクセス解析にはかかせないGoogleの無料高機能ツール「Google Analytics」。

外部リンククリックやコンバージョン測定などには、「タグ」の埋め込みが必要になります。管理するタグの種類が増えると管理が煩雑になってしまいます。

タグを一元的に管理するのに便利なのが、「Googleタグマネージャ」です。

Google タグマネージャーのアカウント作成からWordPressサイトに設置する方法までを説明します。

スポンサーリンク

Google タグマネージャーとは?

さまざまなツールのタグを一元管理するためのツールです。

Google タグマネージャーのメリット

  • タグを一元管理できる
  • 設定変更を反映する前にプレビュー確認ができる
  • タグの稼動状況をカンタンに確認できる
  • 変更履歴を残すことができる

Google タグマネージャーでできること

  • Amzonアソシエイトリンクのクリック測定
  • 楽天アフィリエイトリンクのクリック測定
  • アフィリエイトリンクのクリック測定

など

関連 GoogleタグマネージャーでAmazonアソシエイトの外部リンククリックを調べる方法【図解解説】

タグマネージャの階層

  • アカウント1
    • コンテナ1
    • コンテナ2
  • アカウント2
    • コンテナ1
    • コンテナ2

ウェブサイトごとに「コンテナ」をひとつずつ作成します。

タグマネージャを導入するメリット

複数のタグの管理が簡単になります。

Google タグマネージャーのアカウント登録

GoogleタグマネージャはGoogleアカウントを取得していることが前提です。
Google タグ マネージャーにアクセスし、「今すぐ登録」をクリックします。

新しいアカウントの追加

アカウント名」を入力し、「続行」をクリックします。アカウント名は任意になんでもかまいません。

「アカウント名」を入力し、「続行」をクリック

「アカウント名」を入力し、「続行」をクリック

「コンテナ」の設定

「コンテナ」を作成します。管理は「1ウェブサイト=1コンテナ」で作成します。
コンテナ名、コンテナの使用場所を選択肢、「作成」をクリックします。

コンテナの設定

コンテナの設定

Googleタグマネージャ利用規約に同意

以下のGoogleタグマネージャ利用規約が表示されたら、「はい」をクリックします。

Googleタグマネージャ利用規約に同意

Googleタグマネージャ利用規約に同意

Googleタグマネージャでコードを取得

「Googleタグマネージャのコード」が表示されます。このコードをWEBサイトに設置します。

Googleタグマネージャでコードを取得

Googleタグマネージャでコードを取得

GoogleタグマネージャのコードをWebサイトに設置する2通りの方法

Googleタグマネージャで取得したコードをWEBサイトに埋め込むには2通り。

  • WordPressプラグインで設置する方法(今回はこれ)
  • ソースコードに埋め込む方法

初心者におすすめは、プラグイン(拡張機能)を使う方法が簡単です。

余計なプラグインはなるべく増やしたくないという方は、phpファイルにソースコードに埋め込む方法を選びましょう。

WordPressプラグイン「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」でタグマネージャー設置する方法

「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」はワードプレスサイトにGoogleタグマネージャーを簡単に設置できるプラグイン(拡張機能) です。

WordPress管理画面左メニューから「プラグイン」>「新規追加」「Google Tag Manager」で検索し、今すぐ「インストール」をクリックします。

「プラグイン」>「新規追加」「Google Tag Manager」で検索し、今すぐ「インストール」

「プラグイン」>「新規追加」「Google Tag Manager」で検索し、今すぐ「インストール」

スポンサーリンク

プラグインを有効化」をクリックします。

「プラグインを有効化」をクリック

「プラグインを有効化」をクリック

ワードプレスの管理画面のダッシュボードから「設定」>「Google Tag Manager for WordPress」を選択します。

「設定」>「Google Tag Manager for WordPress」

「設定」>「Google Tag Manager for WordPress」

設定画面で、「グーグルタグマネージャーID」設定し、「変更を保存」をクリックします。

「グーグルタグマネージャーID」設定し、「変更を保存」をクリック

「グーグルタグマネージャーID」設定し、「変更を保存」をクリック

グーグルタグマネージャーIDの確認

「グーグルタグマネージャーID」はグーグルタグマネージャーの管理画面から確認します。
コンテナIDの下の「GTM-●●●●●●」という番号が「グーグルタグマネージャーID」です。

ワードプレスの設定は完了です。

Googleタグマネージャのタグの動作検証方法

設置したGoogleタグマネージャが正しく動作しているか調べるには、以下の方法があります。

  • Googleアナリティクスの「リアルタイム項目」を確認
  • ブラウザのプラグイン(拡張機能)「GoogleTagAssistant(グーグルタグアシスタント)」で確認
Tag Assistant (by Google)
Tag Assistant helps to troubleshoot installation of various Google tags including Google Analytics, Google Tag Manager and more.

Ghromeブラウザのプラグイン「GoogleTagAssistant」インストール

 

Ghromeブラウザのプラグイン「GoogleTagAssistant」のインストール

Ghromeブラウザのプラグイン「GoogleTagAssistant」のインストール

インストール後、Ghromeブラウザ上部の「GoogleTagAssistant」のボタンをクリックします。

Ghromeブラウザ上部の「GoogleTagAssistant」のボタンをクリック

Ghromeブラウザ上部の「GoogleTagAssistant」のボタンをクリック

 

関連記事

Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク