Amazon輸出販売の流れ

Amazon輸出販売の全体像について解説します。

まずは、全体の大まかなな流れを「俯瞰」しましょう。

  1. 商品リサーチ・マーケーティング
    需要の高い商品を調べ商品の選定します。
    「小売」から買う場合は価格差を比較します。
    メーカー・問屋からの場合は、
    価格リストを入手した後、利益シミレーションします。
  2. 仕入れ先開拓・仕入れ
    仕入れ先開拓を行います。
    メーカー、実店舗問屋、実店舗、オンライン問屋、展示会、あるゆる手段で仕入れ先開拓を行います。
  3. 出品
    Amazonへ商品を出品します。
    「相乗り出品」と「新規カタログ」出品があります。
    「FBA出品」と「出品者出荷」があります。
  4. 発送
    AmazonへFBA販売商品を出品し、海外のAmazon FBAセンターに発送します。
    配送代行にお任せすることになります。
  5. FBA商品到着、販売開始
    Amazon FBA倉庫の商品が到着し受領完了すると販売開始されます。
  6. 価格改定
    周りのセラーの相場に合わせ商品の価格改定を行います。
    参照するのは、FBAセラーが対象です。

    ほぼカートがとれることがない無在庫セラーの相場は基本的には除外します。
  7. 受注、発送
    お客さまから注文が入ると、Amazonから客様へ発送されます。
  8. カスタマー対応 ※問合せがあった場合
    お客さまから問合せがあった場合対応します。
    お客さまからの問合せは2種類です。
  •      質問 購入前のユーザーが商品ページから質問 
  •      メッセージ 購入者後のお客さんが販売者に対しての質問
この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket

   

コメントを残す


CAPTCHA