インフォグラフィック作成ツール Piktochartの使い方

インフォグラフィック作成ツール Piktochartを紹介します。

インフォグラフィックとは?

インフォグラフィックとは複雑なデータな情報を視覚化してわかりやすく表現したものです。
文字情報ではだけで理解に時間がかかってしまう情報をグラフや図形をもちいて伝えるものです。

インフォグラフィック作成ツール Piktochart

https://piktochart.com/

piktochart

綺麗なインフォグラフィックを手軽に作成できるツールがpiktochartです。
メニューは全て英語ですが、テキスト情報を日本語で入力することはできます。

  • 世界で50万のユーザーが利用
  • ブラウザ上で動作(インストールが不要)
  • 無料で利用できる
  • 作成したインフォグラフィックはダウンロード可能(横幅1200pxまでOK)

Piktochartのデモ動画 

説明は英語です。英語ですが、どんなツールかイメージは伝わると思います。

インフォグラフィック作成ツール Piktochart の登録方法

Piktochart の登録方法を説明します。

ソフトのダウンロードやインストールも不要なので、手軽に簡単にすぐに使い始めることができます。

piktochartにアクセスし、「Start For Free」をクリックします。

アカウントの登録方法は3通りです。

  • グーグルのアカウントでログイン
  • フェイスブックアカウントでログイン
  • メールアドレス、パスワードを登録

ここでは、グーグルのアカウントを使ったログインを説明します。

登録画面で「Google」をクリックします。

アカウント選択画面が開きました。
アカウントクリックします。

すると、Piktochartの画面がひらきます。
これで、Piktochartを利用できる状態になりました。
登録は完了です。

インフォグラフィック作成ツール Piktochart 使い方

Piktochartの使い方を説明します。

「Create New」をクリックします、

テンプレートを選択します。

  • Infografic:インフォグラフィック
  • Presentation:プレゼンテーション
  • Printable:印刷物

インフォグラフィックを作成するので、一番左のInfograficをクリックします。

Piktochartではインフォグラフィックのテンプレートが複数用意されています。
この中から選択します。使いたいテンプレート上で「Use Template」をクリックします。
「Previw」ではプレビューを確認できます。

Piktochart-8

インフォグラフィックの作成画面に移動しました。

スポンサーリンク

Piktochart-9

テキストの編集

テキストの編集部分をクリックすると編集ができます。

Piktochart-10

テキスト上で右クリックするとサブメニューが表示されます。
編集、カット、コピー、リンク追加、削除などが可能です。

Piktochart-14

画像の変更

ドラッグ&ドロップで画像の差し替えができます。

Piktochart-12

図解の挿入

左メニューのGraphicsをクリックし図形をクリックします。
すると、図形が追加されます。

Piktochart-15

ブロックの追加

「Add Block」をクリックします。

Piktochart-16

ブロックが追加されました。

Piktochart-17

保存

「Saved」をクリックします。

Piktochart-13

最後に

インフォグラフィック作成ツール Piktochartを紹介しました。

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク