最強SEO検索順位チェックツール、Rank Tracker(ランクトラッカー)【中級者向け最強ツール】

\高機能最強検索順位チェックツール/

Win/Mac/Linux対応

Webサイトの改善にかかすことができない「検索順位」のチェック。

検索順位を効率的にチェックするには専用の「検索順位追跡ツール」の利用がおすすめです。

検索順位追跡ツールには、Windowsで定番の「GRC」Mac向けシンプルツール「RankGuru SEO」、高機能ツール「Rank Tracker(ランクトラッカー)」、オープソースツール「Serposcope」などがあります。

様々なツールの中でも本格的なSEO(検索エンジン最適化)を行いたい人向けのキーワード検索順位チェックツールは、Rank Tracker(ランクトラッカー)です。

Rank Tracker(ランクトラッカー)は、googleのアドワーズ広告や、googleアナリティクス(アクセス数の解析ツール)との連携も可能なのででの広告効果やアクセス解析も可能です。

日本も含め、世界各国の検索エンジンに対応。海外向けのウェブサイトを運営を行っている方にもおすすめのツールです。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の使い方について紹介します。

「検索順位確認ってなんのために必要なの?」という方は、まずは、以下の記事を先に目を通してください。

目次

Mac/Win/Lunx対応の高機能SEOツール「Rank Tracker(ランクトラッカー)」

https://www.link-assistant.com/rank-tracker/
 

Rank Tracker(ランクトラッカー)は「link-assistant.com」が提供しているMacにも対応した高機能なSEO検索順位確認ツール。
本格的な検索順位解析を行いたい人にオススメのツールです。

海外製ツールですが、日本の検索エンジンにも対応しています。
もちろん、海外の検索エンジンからの解析ができますので、例えば、海外向けのネットショップ・Webサイトの検索順位の分析にも活用できます。

特徴

  • インストールタイプ
  • 20種類以上のツールと連携(グーグルアナリティクス、アドワーズ等)
  • 1つのプロジェクト内で最大6つのWebサイトを管理
  • 無料試用可能(期間なし、クレジットカード登録不要)
  • 価格(Professional:$124.75/年 Enterprise:$299.75/年)
  • ユーザー数50万〜

機能

  • 複数キーワードの検索順位を確認
  • 日本の検索エンジンにも対応
  • 複数ウェブサイトの検索順位管理
  • 検索順位推移グラフ表示
  • キーワードリサーチ機能
  • 競合との検索順位の比較分析機能
  • スケジュールでの検索順位チェックの自動実行
  • レポート機能

Rank Tracker(ランクトラッカー)の対応環境

Rank Tracker(ランクトラッカー)は以下の環境に対応しています。

  • マック
  • ウィンドウズ
  • リナックス

他ツールとの連携

  • AdWords(googleアドワーズ広告)との連携
  • Googleアナリティクスとの連携

関連記事:「Rank Tracker(ランクトラッカー)」と「Googleアナリティクス」を連携する方法

日本の検索エンジンに対応

日本の検索エンジンにも対応しています。

Rank Trackerは以下の検索エンジンにも対応しています。

  • Google.co.jp(グーグル)
  • Google.co.jp(Maps)
  • Google.co.jp(Mobile)
  • Bing JP
  • Yahoo.co.jp(ヤフー)

複数サイト管理対応

Rank Tracker(ランクトラッカー)には、複数のサイトを登録し管理できます。

グループ作成機能

Rank Tracker(ランクトラッカー)には、グループ作成機能が備わってます。
「同じサイト内でカテゴリごとに分析したい」というニーズのも対応します。

キーワード難易度の確認

キーワードの上位表示の難易度をチェックできる機能を搭載しています。

特定キーワードだけのチェックができる

新規に追加したキーワードを追加したとき、全てではなく「特定キーワードだけ検索順位を取得したい」という場面があります。

Rank Trackerでは、特定のキーワードだけ検索順位取得も可能です。

競合サイトとの比較チェックができる

競合サイトを登録し、競合サイトの検索順位と比較確認ができます。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の価格

ランクトラッカーの価格プランは2通りです。

  • Rank Tracker Professional(プロフェッショナル):$124.75/年
  • Rank Tracker Enterprise(エンタープライズ):$299.75/年

プランの選び方は

  • Rank Tracker Professional(プロフェッショナル):個人アフィリエイトサイト運営者向け
  • Rank Tracker Enterprise(エンタープライズ):SEO業者向け

がおすすめです。

Rank Tracker(ランクトラッカー)

Rank Trackerの特徴

Rank monitoring,as advanced as it gets.

検索順位ランキングのモニタリング、
各種ツールとの連携機能があり、詳細な分析ができます。

20のキーワードツールと連携

  • AdWordsキーワードプランナー
  • グーグルサーチコンソール
  • グーグルアナリティクス

など、

Keyword analysis, reinvented.

キーワード分析機能

  • 検索ボリューム
  • 競合
  • キーワード効率
  • キーワードごとにキーワードの難易度を計算

Truly custom ranking reports.

  • カスタマイズしたレポートを作成することができる。
  • クラウドにアップロードし共有ができる

 

Rank Tracker(ランクトラッカー)の導入方法

Rank Trackerの導入方法について以下の記事でまとめてますので、参照してください。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の使い方

機能分類

  • Target Keywords(ターゲットキーワード)
    • Rankingu Summary(ランキングサマリー 概要)
    • Rank Tracking(ランク追跡)
    • keywordmap(キーワードマップ)
  • Keyword Research(キーワードリサーチ)
  • Domain Strength(ドメインの強さ)
  • レポート機能

Rank Tracker(ランクトラッカー)の起動方法

Rank Tracker(ランクトラッカー)の起動方法を説明します。

マックなら、インストール後、アプリケーション>「Link-AssistantCom」
にフォルダが作成されています。

「Rank Tracker」をダブルクリックし、起動します。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の初期設定

Rank Tracker(ランクトラッカー)の初期設定は次の4ステップで行います。

  1. ウェブサイトの追加
  2. AdWords、グーグルアナリティクスとの連携設定
  3. キーワードの追加
  4. 検索エンジンの指定

なお、無料試用の場合、ツールを閉じたとき設定が保存されません。
起動するたびに設定が必要です。
有料プランに契約すると設定内容は保存できるようになります。

ウェブサイトの追加

まず、調査する対象のウェブサイトの登録を行います。
追加サイトURLを入力し、「次へ」をクリックします。

以下画面が表示されるので少し待ちます。

AdWords、グーグルアナリティクスとの連携設定

AdWords、グーグルアナリティクスとの連携する場合の設定です。
AdWords、グーグルアナリティクスの準備していない場合、飛ばすこともできます。
連携設定はしなくても、Rank Trackerは利用できます。
また、後から設定することもできるので、「次へ」をクリックします。

キーワードの追加

キーワードの追加します。
入力したWEBサイトのURLを元に自動判定で主要なキーワードが反映されます。
キーワードも後から追加することができます。
設定後、「次へ」をクリックします。

検索エンジンの指定

次の検索エンジンの追加設定を行います。
デフォルト(初期設定)では、米国のGoogle、BingUS、Yahoooが入っています。

ここに日本の検索エンジンも追加します。
検索エンジンの追加設定は右上の「Add  More Search Engines」をクリックし行います。

キーワードで「japan」と検索すると日本の検索エンジンが表示されます。
検索エンジン名の左横の「+」をクリックし追加します。

「+」をクリックすると、左側に追加されました。
「終了する」をクリックします。

以上で初期設定は完了です。

Rank Tracker(ランクトラッカー)基本的な見方

「特定のキーワードで自分の運営WEBサイトは、Googleの検索結果上何位なのか?」が確認できます。

「Target Keywords」>「Rank Tracking」から確認します。

「Google Ranak」の項目を確認します。
検索ユーザーがグーグルで、「Amazon輸出 ツール」と検索したときに当サイトが検索結果順位1位ということです。
ヤフーでは6位です。

グーグルの検索結果のキャプチャも掲載しておきます。

検索順位を手作業で1ワードごとにチェックしていたら、膨大な作業が必要ですが、
事前に登録しておけば、簡単に確認できます。

Rankingu Summary(ランキングサマリー)

Rankingu Summary(ランキングサマリー)は、サイトの概要の画面です。

メニュー:「Target Keywords」>「Rankingu Summary」

Visibility by search engine

「Target Keywords」>「Rankingu Summary」

「Target Keywords」>「Rankingu Summary」

Rank Tracking(ランク追跡)

メニュー:「Target Keywords」>「Rank Tracking」

Rank Tracking(ランク追跡)メニューはアクセス解析する上で、最も使用頻度が多くなってくるメニューです。
キーワードごとの検索順が表示されます。

メニュー:「Target Keywords」>「Rank Tracking」

メニュー:「Target Keywords」>「Rank Tracking」

キーワードの追加

調査したいキーワードを追加するには、「Keywords & Rankings」タブの「追加」ボタンをクリックします。

「Keywords & Rankings」タブの「追加」ボタンをクリック

「Keywords & Rankings」タブの「追加」ボタンをクリック

キーワード入力 し「へ」をクリックします。
・1つずつ改行して入力
・複合ワードの場合、半角スペースを入れる

キーワード入力 し「次へ」をクリック

キーワード入力 し「次へ」をクリック

使う検索エンジンに検索チェックをいれ、「終了する」をクリックします。

使う検索エンジンに検索チェックをいれ、「終了する」をクリック

使う検索エンジンに検索チェックをいれ、「終了する」をクリック

キーワードが追加されました。

キーワード追加方法は以上です。

登録するキーワードの考え方は次の記事を参考にしてください。

参考:検索順位チェックツールに登録するキーワードの選定と設定方法

キーワードの手動チェック

Check Rankings」をクリックします。

「Check Rankings」をクリック

「Check Rankings」をクリック

検索エンジンにチェックが入っているのを確認し「OK」をクリックします。

「OK」をクリック

「OK」をクリック

キーワードの削除

キーワードを削除する手順です。

特定のキーワードを削除

キーワード上で右クリック>「キーワードを削除(ショートカットキー:Deleteキー)」を選択します。

キーワード上で右クリック>「キーワードを削除(ショートカットキー:Deleteキー)」を選択

キーワード上で右クリック>「キーワードを削除(ショートカットキー:Deleteキー)」を選択

「Yes」をクリック

キーワードの全削除

キーワードを「ドラッグ」もしくは、「command + A」で全選択します。

キーワードをドラッグして選択

キーワードを「ドラッグ」もしくは、「command + A」で全選択

右クリックし、「キーワードを削除する」をクリックします。

右クリックし、「キーワードを削除する」をクリック

右クリックし、「キーワードを削除する」をクリック

確認画面が表示されるの、「Yes」をクリックします。

削除が完了しました。

全削除は、キーボードショートカットキーを使った方が早いのでおぼえておきましょう。
(Macショートカットキー 「⌘+A」(全選択)→delete(削除))

 

競合サイト比較機能

競合サイトとの比較機能です。

メニューへのアクセス:「Target Keywords」>「Rank Tracking」>「keywords & rankings」 >「show Competiors」

「Manage・・・」をクリック

「Add」(追加)をクリックします。

URLと名前を設定し、「OK」をクリックします。

Keyword Research(キーワードリサーチ)

左メニューの「Keyword Research」をクリックします。

「提案する」をクリックします。

グーグルサジェスト、「次へ」をクリック

キーワード入力し、「次へ」

「終了する」をクリックします。

キーワードが抽出されます。

例)「amazon輸出 CSV」

 

キーワード例)「amazon輸出 EMS」

階層

  • amazon輸出 CSV
    • amazon輸出CSV
    • amazon輸出 デビットカード
  • amazon輸出 EMS
    • amazon輸出 ebay輸出
    • amazon輸出 ems
    • amazon輸出 書き方

Domain Strength

External domain characteristics

  • Domain InLink Rank
  • Alexa Rank アレクサランキング

Domain info

  • IP ##.#.###.### IPアドレス
  • Country Japan:国
  • Age :運営歴

Indexing in search engines(インデックス数)

  • Google
  • Yahoo
  • Bing

Backlinks(バックリンク)

  • Backlinks
  • Linking domains
  • IPs
  • C-Blocks
  • Dofollow 
  • links
  • Nofollow  links

Social media popularity

  • Facebook0 signals
  • Google+0 signals
  • Linkedin0 signals
  • Pinterest0 signals

Traffic to website

他の検索順位チェックツールからのキーワード一括読み込み

他の検索順位チェックツールからRank Tracker(ランクトラッカー)へ乗り換えるばあい、キーワード一括読み込みが機能を使えば効率的です。
詳しい手順は次の記事で解説しています。

 

Rank Trackerのヘルプ

Rank Trackerの使い方は公式サイトのヘルプページが用意されています。(英語)

Rank Tracker help. Table of contents

英語が苦手という方はブラウザの翻訳機能を使いましょう。

最後に

高機能な検索順位チェックツール、Rank Tracker(ランクトラッカー)を紹介しました。本格的なSEOを行いたい人向けです。

もっと手軽に検索順位を調べたい方はMacなら「RankGuru SEO」、Windows「GRC」がオススメです。

マック対応の検索順チェックツールは「Mac対応のSEO検索順位チェックツール5選」も参照してください。

関連記事

検索順位チェックツール比較

Rank Trackerの記事一覧

Serposcopeの記事一覧

 

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。