「RankGuru」から「Rank Tracker」へキーワードを一括登録する方法

rankguru-ranktracker




Mac専用検索順位チェックツール「RankGuru」キーワードを出力し、「Rank Tracker」に一括で読み込む方法を紹介します。

  1. RankGuruからキーワードをCSVファイルで一括エクスポート(出力)
  2. Rank Trackerにキーワードを一括登録

RankGuruからキーワードを一括エクスポート(出力)

「RankGuru」は登録済のキーワードをCSVデータとして、一括エクスポート(出力)できます。

キーワードのエクスポート(出力)方法

RankGuruの「環境設定」をクリックします。

キーワードをエクスポート(出力)するには、左の「目のマーク」をクリック後、「全てを書きだす」をクリックします。

キーワードのエクスポート(出力)方法

キーワードのエクスポート(出力)方法

名前」と「保存場所」を指定し、「保存」ボタンをクリックします。

RankGuru-Start-Guide-7

保存したCSVファイルをNumbersで開ききます。

RankGuruのエクスポート(出力)機能では、複数サイトの全てのキーワードがまとめて出力されます。
登録したいキーワードでフィルタリングします。

rankguru-ranktracker-3 

エクスポートデータがExcel Mac版で文字化けした時の対処方法

「エクスポートしたCSVファイル」を「Mac版エクセル」でそのまま開くと「文字コード」が原因で「文字化け」となってしまいます。文字コードを変換することで正常に開くことができます。

詳細 MacのエクセルでCSVをファイルを開き文字化けとなったときの対処法

Rank Trackerにキーワードを一括登録

Rank Trackerの「Target Keywords」>「Rank Tracking」メニューを開きます。

上部メニューの「追加する」ボタンをクリックします。

「あなたのキーワードを入力してください」のフォームにキーワードを貼り付けた後、「次へ」をクリックします。

スポンサーリンク

使う検索エンジンに検索チェックが入っていることを確認し、「終了する」をクリックします。

rankguru-ranktracker-6

「RankGuru」から「Rank Tracker」へキーワードを一括登録する方法は以上です。

「Check Rankings」をクリックすると、検索順位を手動取得できます。

Rank Trackerで複数サイトを管理

Rank Trackerで複数サイトを管理する場合、上部メニュー「新規」から「プロジェクト」を作成します。

関連記事

Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク