【徹底比較】検索順位チェックツールおすすめ比較6選 無料・有料




おすすめの検索順位チェックツールはどれ?

RnakTrakerがおすすめです。

自分のWebサイトが検索検索結果何位なのか確認するために必要となるのか「検索順位チェックツール」。

  • なんで検索順位のチェックが必要なの?
  • 検索順位チェックツールはどんな種類があるの?
  • 何をポイントに選べばいい?
  • 自分にとってのおすすめの検索順位ツール?

という疑問に答えます。検索順位チェックツール比較紹介します。

サイト運営に検索順位チェックは必須

サイト運営を初めて行う初心者の方は「そもそも、なんで検索順位の確認が必要なの?」という疑問をもつ人もいるでしょう。

ユーザーがアクセスするサイトは検索結果の1ページ目に集中します。あなたが調べたいことがあり検索したとき「何ページ目も先もみますか?」ということです。

検索順位チェックの必要性について詳しくは、WEBサイト運営、ネットショップ運営で、なぜ検索順位確認が必要なのか?」でも解説しています。

検索順位を調べる方法

検索順位を確かめるには、以下の方法があります。

手動検索

キーワードごとに検索エンジンで手動で調べる方法。

検索順位チェックツール

専用ツールで一括で調べる方法。

  • 「定点観測型」の検索順位確認ツール(無料)
  • PCインストールタイプの検索順位変動確認のツール(有料)
  • クラウド対応の検索順位変動確認のツール(有料)

検索順位ツールの選び方のポイント

  • キーワードの登録上限数
  • 検索順位の変動を確認できるか?
  • サイトごとの管理ができるか?
  • グループの作り管理できるか?
  • CSVインポート・エクスポートに対応しているか?
  • 付加機能はあるか?
  • Googleアナリティクスなど他ツールとの連携はできるか?

手動検索でサイトの検索順位を調べる方法

手動検索でサイトの検索順位を調べる方法

手動検索でサイトの検索順位を調べる方法

手動検索とは、ブラウザから「狙ったキーワードで自分のウェブサイトが何位にいるか?」検索して確認する方法のこと。

例えば、レンタスサーバーのアフィエイト記事を調べるとしたら、検索フォームに「レンタルサーバー 比較」と入力し検索順位を確かめます。

検索結果後方の場合や、複数のキーワードを調べたいときには、時間も手間がかかり現実的な方法ではありません。

検索結果に表示されるのは本当の検索順位ではない」ことに注意が必要です。Googleでは閲覧サイトや検索履歴からユーザー合わせた検索結果を表示しています。

あなたが頻繁に訪れるサイトはサイトなら、あなたのブラウザでは上位表示されやすくなります。

本当の検索順位を調べるにはシークレットモード」を使います。

キーボードのショートカットキーのCtrl + Shift + Nキー(Macは、command + shift + N)で立ち上がげることができます。

ツールを使ってサイトの検索順位ツールを調べる方法

検索順位の確認は手動ではなくツールを使った方法がおすすめです。ツールの種類を大きく分けると以下の3種類。

検索順位ツール 3種類

  • 「定点観測型」の検索順位確認ツール(無料)
  • ローカルPCインストールタイプの「検索順位変動確認」のツール(有料)
  • クラウド対応の「検索順位変動確認」のツール(有料)

簡易的なチェックを行う「定点観測型」の無料検索順位ツール

簡易的なチェックを行う「定点観測型」の検索順位ツール
メリット

    • 無料
デメリット

  • 調査効率が悪い
  • 1度に1〜5キーワードのみ
  • 検索順位の推移が確認できない

「定点観測型」とは調べた時点の検索順位を確認できるタイプ。

「URL」と「キーワード1〜3個」を入力すると簡単にチェックすることができます。

検索順位の記録はできないため、「過去の検索順位と比べて下がったのか?上がったのか?」の確認はできません。

一度に検索できるキーワード数は3語程度のツールがほとんどで、検索できるワードを増やし機能拡張する場合は、追加料金が発生するサービスもあります。

「定点観測型」は、本格的な分析には向いていません。手軽に簡易的に検索順位をチェックするのにおすすめです。

代表的なツールは「SEOチェキ」など。

キーワードツール キーワード数上限 google yahoo モバイル
google
SEOチェキ  3
SEO TOOLS    3  ◯
検索順位チェッカー  5  – –   
ドッチモ  ◯ – 
 SEOピッシュ   ◯ 
ファンキーランキング 5

ローカルPCインストール型の検索順位変動確認ツール

メリット

  • インストールしたPCでしかチェックできない
  • PC電源を常にONにしておく必要がある
デメリット

  • 初期費用がかかる

ローカルPCにインストールして使うタイプの検索順位ツール。

「定点観測型」との違いは、復数のキーワードを登録するこができ、検索順位の数字だけではなく、順位の推移をグラフで確認できます。

  • Mac向けで初心者向けの検索順位ツール「RankGuru」です。
  • Windows向けの定番の人気検索順位ツールは、「GRC」。
  • 無料で使いたいなら、オープンソールツール「Serposcope」(Windows、Mac、Linux)
  • 本格的な分析なら最強検索順位ツール「Rank Tracker(ランクトラッカー)

パソコンを起動している時に集計できます。

サーバーで動作する「クラウド型の検索順位変動確認ツール」

メリット

  • ネット接続環境があればいつでもチェックできる
  • クラウド動作のため、PCオフでもデータ収集できる
デメリット

  • 月定額料金がかかる
  • オフラインでは利用できない

「クラウド型の変動確認タイプ」とは、サーバーで動作するタイプの検索順位ツールです。ローカルPCインストール型と違いパソコンの電源をOFFにしているときでも、24時間365日検索順位データを集め続けることができます。

サイトを復数人で運営している方にもおすすめです。

ローカルインストールタイプと比較すると、価格は高くなり利用料金は月額課金タイプが多くなります。

代表的なツールは以下。

  • 無料で使いたいなら、オープンソールツール「Serposcope」をLinuxサーバーにインストールして使う
  • クラウド型でローカルPCの電源がOFFでも365日自動で順位をチェックできる「BULL」(Windows、Mac、Linux)
  • 本格的な分析なら最強検索順位ツール「Rank Tracker(ランクトラッカー)」をLinuxサーバー上で使う

「定点観測型」の検索順位チェックツールの使い方

複数のツールがありますが、どれも使い方はほとんどかわりません。
ここでは「SEOチェキ」を例に使い方を説明します。

SEOチェキにアクセスします。

「URL」と「ワード」を入力し、「チェック」をクリックします。
ワードは最大3つまで指定できます。

すると、キーワードごとの検索順位が表示されました。

「検索順位の推移」を確認できる検索順位チェックツール

上記の「定点観測型」のツールで確認できるのは、「調べた時点のランキング」に過ぎません
複数のWEBサイトで沢山のキーワードをチェックするには「検索結果の順位の推移」を記録できるツールを使いましょう。

検索順位ツールの詳しい比較は、Mac対応のSEO検索順位チェックツール5選にて紹介しています。

Mac対応のSEO検索順位チェックツール5選
Mac対応の検索順位チェックツールを紹介します。なぜ、検索順位確認が重要なのか?なぜ、検索順位確認が重要なのか説明します。WEBサイトやネットショップへの流入を増...

関連記事