完全無料!高機能な検索順位チェックツール「Serposcope」の使い方

「無料の検索順位チェックツールを探している。」
「検索順位の推移もチェックしたい。」

そういう方におすすめなのが、検索順位チェックツール、Serposcopeです。

Windows、Mac、linux対応の無料検索順位チェックツール、Serposcopeの使い方を説明します。

検索結果順位チェックツールが必要な理由は?

検索結果上の掲載順位は、アクセス数に大きな影響を与えます。
掲載順位1位の場合はクリック率はおよそ30%ですが、同じ1ページ目でも10位になると約1%まで下がります。

参考:ネットショップの運営で検索順位チェックが重要となる理由【初心者向け】

サイトが検索結果の上位を獲得できているかチェックが必要です。

  • 狙ったキーワードに対してページが検索結果の上位表示できているか?
  • 掲載順位は何位か?
  • 掲載順位の推移はどうなっているか?

これをキーワードごとにひとつひとつ手動で確認するのは、非常に手間がかかります。

そこで、検索順位チェックツールを使うことで、複数のキーワードの検索順位を一括で確かめることができます。

Serposcopeのインストール方法

Serposcopeのインストール方法、事前の設定は「無料!検索順位チェックツール「Serposcope」 をMacにインストールする方法と初期設定」を参考にしてください。
コマンドで操作するためのソフト「ターミナル」を少しだけ使う必要があります。
まったくターミナル触ったことが無い人には少し手こずるかもしれません。

参考:UNIXコマンド入門 ターミナルとは?

無料検索順位チェックツール「Serposcope」 をMacにインストールする方法
Serposcope をMacにインストール方法を解説します。 Serposcopeは、Windows、Mac、Linuxで利用することができます。Serposcopeのインストールの流れSerposcopeをインス...

Serposcopeとは?

https://serposcope.serphacker.com/en/

https://serposcope.serphacker.com/en/

Serposcopeは検索順位チェックツールです。
英語のツールのため、メニューは日本語表示できません。

ただし、ブラウザ上で動作させることができるため、ブラウザの翻訳機能を使うのもよいでしょう。
Linuxへのインストールも可能なので、サーバー上でも稼働させやすいツールです。

Serposcope特徴

  • 無料(オープンソース)
  • 環境:windows、mac、linux対応
  • サイト登録数の制限なし
  • キーワードの制限なし
  • 一括キーワード登録
  • 時間指定して実行
  • 手動実行可能

Serposcopeの起動

Serposcopeの起動方法は2通りです。

  • 「serposcope-2.6.0.jar 」をダブルクリック

 

  • ターミナルでコマンドを実行
    (ターミナルはMacのアプリケーション➔ユーティティにあかじめインストールされています。)

ターミルで以下のコマンドを実行します。 

$ java -jar /Applications/serposcope-2.7.1.jar

と入力し、エンターキーを押します。
※serposcopeがアプリケーションフォルダあり、バージョンが「serposcope-2.7.1」の場合です。

Serposcopeの管理画面にログイン

Serposcopeを起動させたのち、ブラウザに以下を入力し管理画面にアクセスします。

http://127.0.0.1:7134/

ログイン画面が開いたら、メールアドレス、パスワードを入力し、「Login」をクリックし、ログインします。

Serposcopeの画面にアクセスできました。

Serposcopeの使い方

Serposcopeのキーワード追加の流れ

Serposcopeの設定は以下の流れで行います。

  1. グループの作成
  2. サイト追加
  3. キーワード追加

グループの、サイト、キーワードの関係

「グループ」、「サイト」、「キーワード」の関係は以下のような階層になります。
複数のWEBサイトを運営している場合、どう対応させるのかあらかじめ検討しましょう。
また、カテゴリについてもそう対応させるのか決めましょう。

  • グループ1
    • サイト1
      • キーワード1
      • キーワード2
    • サイト2
    • サイト3
  • グループ2
    • サイト1
      • キーワード1
      • キーワード2

グループの作成

最初に「グループ」を作成します。

管理画面のGROUPS>「New group」 をクリックします。

 任意のグループ名を設定し、「Save」をクリックします。

グループが作成されました。「Group created」と表示されればOKです。

これで、グループ作成は以上です。

WEBサイトの追加

続いて、WEBサイトを追加します。
WEBサイトの追加ボタン「☆」をクリックします。

スポンサーリンク

名称と、ドメインを入力し、「Save」をクリックします。
「http://」がつけるとエラーなるので注意してください。

ウェブサイトを追加できました。

ウェブサイト

キーワード追加

キーワードを追加します。
虫眼鏡のようなボタン(もしくは、Add search)をクリックします、

キーワード入力します。
TLDは初期状態では、「com」です。
日本を対象とする場合、「co.jp」に変更します。
「Save」します。

キーワードが追加されました。

 

キーワードの一括追加

Serposcopeでは複数のキーワードを一括追加することも可能です。 
他の検索順位チェックツールを使っている場合、そのツールからエクスポートしたデータをインポートすれば効率的です。

一括追加する場合、キーワード追加画面で、「Bulk Import」をクリックします。

キーワードを入力し、「Save」をクリックします。

キーワードが一括で追加されました。

キーワードの一括追加の説明は以上です。

検索順位のチェック

では実際に検索順位をチェックします。
時間指定で自動実行できますが、ここでは、手動の方法を説明します。

メニューの「CHECK RANKS」をクリックします、

「Check all keywords」をクリックします。

キーワードの検索順位チェックがスタートします。
キーワードが多い場合、時間がかかります。

データ取得が完了しました。

最後に

無料で高機能な検索順位チェックツール「Serposcope」の使い方を紹介しました。
WEBサイトやネットショップ運営の運営に役立てましょう。

他の検索順位ツールは「Mac対応のSEO検索順位チェックツール5選」を参照してください。

Mac対応のSEO検索順位チェックツール5選
Mac対応の検索順位チェックツールを紹介します。なぜ、検索順位確認が重要なのか?なぜ、検索順位確認が重要なのか説明します。WEBサイトやネットショップへの流入を増...

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク