Amazon輸出販売の流れ【初心者向け】

Amazon輸出ビジネスの全体像について解説します。まずは、全体の大まかなな流れを「俯瞰」しましょう。

Amazon輸出販売の流れ【初心者向け】

Step1.商品リサーチ・マーケーティング

需要の高い商品を調べ商品の選定します。
「小売」から買う場合は価格差を比較します。
メーカー・問屋からの場合は、
価格リストを入手した後、利益シミレーションします。

販売個数、重要予測について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

リサーチは様々なツールがあるのこちらを確認してください。

まずは無料のAmazon輸出ツールはおさせておきましょう。

日本国内でAmazon輸出セラー向けに提供されているツールの比較です。
リサーチ系のツールは充実します。

  海外の提供されているAmazon向けに提供されているツールの比較です。
  AmazonSEOツール、在庫追跡、キーワードツール等が充実しています。新規カタログ登録出品の攻略では必要となるツールです。
  

Step2.仕入れ先開拓・仕入れ

仕入れ先開拓を行います。ネットショップメーカー、実店舗問屋、実店舗、オンライン問屋、展示会、あるゆる手段で仕入れ先開拓を行います。

はじめのうち、日本に主体となるとは思いますが、商品は、そこの国で仕入れでどこの国で売ってもかまいません。

中国➔アメリカamazon輸出

海外展示会仕入れ➔アメリカAmazon輸入

ページが見つかりません。 - Amazon輸出・輸入・ebay・越境EC 攻略ブログ
http://t-shimohara.com/amazon_import/show
 Amazon輸出・輸入・ebay・越境EC 攻略ブログ 

Step3.出品

Amazonへ商品を出品します。
出品形態には「相乗り出品」と「新規カタログ」出品があります。

配送形態には「FBA出品」と「出品者出荷」があります。

ライバルセラーや、Amazonの商品ページ上からキーワードでASINで収集するには「zonASINHunter」がおすすめです。

あつめたASINをAmazon輸出で一括登録する方法については以下の記事参考にください。

Step4.発送

AmazonへFBA販売商品を出品し、海外のAmazon FBAセンターに発送します。
配送代行にお任せすることになります。

Amazon輸出の代行業者は以下の記事で比較してください。

FBA倉庫への直送は以下の記事を確認してください。
なお、記事はamazon輸入のFBA在庫直送を例として書いていますが、Amazon輸出の場合は流れは同じです。

Step5.FBA商品到着、販売開始

Amazon FBA倉庫の商品が到着し受領完了すると販売開始されます。

Step6.価格改定

周りのセラーの相場に合わせ商品の価格改定を行います。
参照するのは、FBAセラーが対象です。

ほぼカートがとれることがない無在庫セラーの相場は基本的には除外します。

Step7.受注、発送

お客さん注文が入ると、Amazonから客様へ発送されます。

Step8.カスタマー対応 ※問合せがあった場合

お客さまから問合せがあった場合対応します。
お客さまからの問合せは2種類です。
質問 購入前のユーザーが商品ページから質問 
メッセージ 購入者後のお客さんが販売者に対しての質問

最後に

Amazon輸出ビジネスの全体像について解説しました。

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。