仮想通貨「Ripple(リップル)とは?| 購入方法・取引所・特徴・価格・チャート




仮想通貨を大きくわけると次の2種類。

  • ビットコイン:時価総額1位の仮想通貨
  • アルトコイン:ビットコイン以外の仮想通貨

人気のアルトコインのひとつ「Ripple(リップル)」の購入方法特徴・価格・チャートを紹介します。

Ripple(リップル)の購入にオススメの国内取引所は、bitbank(ビットバンク)です。

bitbank(ビットバンク)のRipple(リップル)は、ユーザー同士で売買する「取引所」買うことができるため、手数料を最小限に抑えることができます。「コインチェック」や「GMOコイン」は販売所のため価格が不利です。

スポンサーリンク

仮想通貨「Ripple(リップル)」 

 
通貨 Ripple(リップル)
略称 XRP
公開日 2013年2月
発行枚数 1000億XRP
発行枚数上限  
承認システム Proof of Consensus
創業者 Ryan Fugger
公式サイト Ripple公式サイト
ホワイトペーパー  Rippleホワイトペーパー
国内の取り扱い取引所 コインチェック
bitbank(ビットバンク)
SBIバーチャル・カレンシーズ(予定)
海外の取り扱い取引所 Bithumb
Upbit
Bitfinex
Coinone
Binance
Korbit
Bitstamp
Kraken
Poloniex

Ripple(リップル)チャート 

 

Ripple(リップル)

時価総額第3位

2017年12月に大きく値上がり

2013年2月発行のリップルは、1XRP=30円以下を推移していました。
2017年12月から大きく値上がりし、最高値400円を突破しました。

送金スピードが早い

Ripple(リップル)の特徴は送金スピードが早いことです。

大手企業や銀行が大注目

  • 三菱東京UFJ銀行
  • SBIホールディングス
  • Google
  • Seagate(シーゲイト)

「取引所」と「販売所」の違いとは?

ややこしいのですが、取引所の中には、「取引所」と「販売所」があり、それぞの違いを理解が必要です。
違いを理解していないと不利な値段で売り買いすることになってしまいます。

  • 取引所:他のユーザーと売買 オススメ!
  • 販売所:コインチェック販売元の保有する仮想通貨を売買

取引所とは?

販売所とは

仮想通貨取引所は、「板」を通じて仮想通貨を「売りたい人」と「買いたい人」をマッチングする場を提供しているところです。

仮想通貨の売買は取引所をおすすめします。

販売所とは?

「販売所」とは?

販売所とは、仮想通貨の販売会社の保有する仮想通貨を売り買いするところです。

販売会社の手数料が上乗せされた価格設定のため、取引所でよりも価格が割高で不利です。

取引所と販売所のメリット・デメリットまとめ

  取引所 おすすめ!
販売所とは

販売所

スポンサーリンク

「販売所」とは?
メリット ◯ 販売所よりも売買価格が有利
◯ 指値注文ができる

◯ すぐに買うことができる
◯ 簡単に買うことができる
◯ 細かい単位で買うことができる

デメリット △「板」の見方と「指値」注文を覚える必要あり
△ 約定まで時間がかかる場合がある
✕ 取引所よりも価格が高い
✕ 指値注文ができない

それぞれの違いについてより詳しくは、別の記事で解説しています。

関連記事:知らないと手数料を損をする「販売所」と「取引所」の違い【超初心者向け】  

Ripple(リップル)を扱う国内取引所

  取引所 販売所
coincheck(コインチェック)
bitbank(ビットバンク)おすすめ!
GMOコイン ◯ 

コインチェック

※新規口座開設の受付は停止中

「coincheck(コインチェック)」とのRippleは「販売所」での扱いです。
販売会社の手数料が上乗せされるため、安く買うには不利です。

bitbank(ビットバンク)

Rippleの購入でオススメの国内取引所は、「取引所」で扱いのある「bitbank(ビットバンク)」。
ユーザー同士での売買となるため、販売所に比べ安く買うことができます

GMOコイン

「GMOコイン」のRippleは「販売所」での扱いです。
販売会社の手数料が上乗せされるため、安く買うには不利です。

Ripple(リップル)を扱う海外取引所

Ripple(リップル)を扱う海外取引所は、

  • Bithumb
  • Upbit
  • Bitfinex
  • Coinone
  • Binance
  • Korbit
  • Bitstamp
  • Kraken
  • Poloniex

など。ここであげたのは一部です。

海外取引所を使うならオススメは、取引量が世界最大規模の人気の取引所「Binance(バイナンス)」です。

仮想通貨「Ripple(リップル)」の購入の流れ

仮想通貨「イーサリアム(Ethereum)」の購入の流れは大きくわけて次の3ステップです。

  1. 取引所で口座開設
  2. 取引所へ日本円を入金する
  3. Ripple(リップル)を購入する

1.取引所で口座開設

 

2.取引所へ日本円を入金する

 

3.Ripple(リップル)を購入

まとめ

  • Ripple(リップル)の購入におすすめの国内取引所は、bitbank(ビットバンク)
  • 取引所bitbank(ビットバンク)はRipple(リップル)はユーザー同士の売買で手数料が有利な「取引所」
  • 取引所「コインチェック」や「GMOコイン」は、「販売所」のため価格が不利

関連記事

仮想通貨

国内取引所

海外取引所

Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク