Googleアナリティクスでページの読了率を計測する方法

Googleアナリティクスでページの読了率を計測する方法を紹介します。
WorsPressのプラグインWP Scroll Depthを導入すると、記事を4段階(20%、50%、75%、100%)に分けて、何%まで読んでもらえたのか調べることができます。

事前にGoogleアナリティクスを導入済であることが前提となります。
参考:WordPressで製作したサイトにGoogleアナリティクスを導入する方法【図解つき】

スポンサーリンク

読了率とは?

読了率とは、ユーザーにページがどこまで読まれているかを確かめる指標です。

読了率を計測する目的とは?

読了率を調べる目的はコンテンツの品質を確かめるため、改善していくためです。

基本的には最後までページが読まれていれば、ユーザーの満足できる、質の高いコンテンツだと言う判断になります。

読了率が低い場合、例えば以下の原因が考えられます。

  • タイトルに対してコンテンツの内容が伴っていない
  • 読者の知りたいことが書かれていない。
  • ユーザーの検索意図にあったコンテンツになっていない

ただし、読了率が低いからといって、そのコンンテンツの質が必ずしも悪いとは言えません。
なぜなら、ユーザがそのページを途中まで読んだところで、知りたかったことが解決できたのなら、途中で離脱してもコンテンツの質が低かったということにはなりません。

WP Scroll Depthとは?

WP Scroll Depth
Add user scrolling events to your Google Analytics simply by installing this plugin.

読了率を計測するためのWorsPressプラグインです。

WP Scroll Depthのインストール方法

WP Scroll Depthのインストール方法を説明します。

WordPressの管理画面のメニューから > プラグイン > 新規追加 >「WP Scroll Depth」で検索し「今すぐインストール」をクリックします。

「有効化」をクリックします。
これで、WP Scroll Depthのインストールと有効化は完了です。

WP Scroll Depthの設定

「設定」➔「WP Scroll Depth」を選択します。

ほぼデフォルト設定のままでよいのですが、「nonInteraction」直帰率の計測は「true」にしておきましょう。
設定後、「変更を保存」をクリックし、保存します。

スポンサーリンク

  • Minimum Scroll Height:最小スクロールの設定
  • Element to track:トラッキングする要素を設定
  • Percentage:「%」でトラッキングするのか
  • Send Timing Events:セッション時間イベント
  • Pixel Depth:「px」でトラッキング
  • nonInteraction:直帰率を計測
  • gtmOverride:Googleタグマネージャー
  • gaGlobal:GA名を変更している場合は設定
  • Event Handler:イベントハンドラ

Google アナリティクスの計測タグの直下にタグを追加

WordPressの管理画面で左メニューの外観➔テーマの編集➔テーマヘッダーを選択します。

Google アナリティクスの計測タグの下にコードを貼り付けます。

<script src=”jquery.scrolldepth.min.js”></script>
<script>
jQuery(function() {
jQuery.scrollDepth();
});
</script> 

Googleアナリテクスの確認

Google Analytics

行動 > イベント > 上位のイベント> イベントカテゴリ > イベントアクション > Percentage をクリック

 

 

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク