サーチコンソール(Google Search Console)の登録方法と使い方

グーグルのサーチコンソールと登録方法、使い方について解説します。

サーチコンソールでデータを見れば、自身のWebサイトがGoogleからどのように見えているか?がわかります。
SEO対策やサイト改善へとつなげます。

Webサイトの運営している登録しておくことをオススメします。
物販業者の場合、ネットショップ運営やブログの運営に導入し役立てます。

サーチコンソールには、複数の機能があります。
その中でも特に重要なるのが「検索アナリティクス」でしょう。後ほど詳しく解説します。

スポンサーリンク



サーチコンソール(Google Search Console)とは?

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

サーチコンソール(Search Console)(旧ウェブマスターツール)は、
Google 検索結果でサイトのパフォーマンスを監視、管理ができる無料のツールです。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

※「サーチコンソール」は、以前は「ウェブマスターツール」と呼ばれていました。

グーグルアナリティクスとの使い分けは?

グーグルアナリティクスとの使い分けは以下です。

  • サーチコンソール(Google Search Console)→「WEBサイトにアクセスされるまで」のデータ分析
  • グーグルアナリティクス:「WEBサイトにアクセスされた後のユーザーの行動」のデータ分析

サーチコンソールのメリット

Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視できます。

  • Google がコンテンツにアクセスできることを確認する
  • クロール対象の新しいコンテンツを送信し、検索結果に表示したくないコンテンツを削除する
  • 人目を引く検索結果を提供するコンテンツを作成し、監視する
  • 検索パフォーマンスへの影響を最小限に抑えながらサイトを維持する
  • マルウェアやスパムの問題を監視し、解決することでサイトを常に正常な状態に維持する

Google 検索や世界中のユーザーからサイトがどのように見えているかを知ることができます:

  • 自分のサイトがどのようなクエリで検索結果に表示されているか?
  • クエリの中で、特に自分のサイトへのトラフィックを増やしているものがあるか?
  • 商品の価格、会社の連絡先情報、イベントがリッチ検索結果で強調されているか?
  • どのサイトが自分のウェブサイトにリンクしているか?
  • モバイルサイトがモバイルで検索するユーザーに対して適切に表示されているか?

サーチコンソール登録方法

サーチコンソールの登録方法を説明します。
サーチコンソールを利用するためには、事前にGoogleアカウントが必要です。
すでに、AdWordsやGoogleアナリティクスのアカウントがすでにある場合、同じアカウントを使います。

例として、ワードプレスで構築したサイトをサーチコンソールに登録します。

1.サーチコンソールにアクセスしログイン

サーチコンソールにアクセスしログインします。
Google Search Console
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

2.プロパティを追加

画面右上の赤いボタン「プロパティを追加」をクリックします。
貼り付けた画像_2017_05_09_1_44

ウェブサイトのURLを入力し「追加」をクリックします。貼り付けた画像_2017_05_09_1_46

3.サイトの所有権の確認

「別の方法」を選択し、HTMLタグにチェックを入れます。
コードをコピーします。
貼り付けた画像_2017_05_09_1_55

4.ワードプレスへのコード設定

ワードプレスへのコード設定は2通り紹介します。

  • All in One SEO(ワードプレスプラグイン)
  • ヘッダーPHPへの埋め込み

「All in One SEO」を使う場合

All in One SEO Pack
The original SEO plugin for WordPress, downloaded over 30,000,000 times since 2007.

貼り付けた画像_2017_05_09_1_58

ヘッダーPHPへの埋め込み

WordPressでは左のメニューバーから「外観→テーマの編集」を選択

右のテンプレートの中から「ヘッダー」を選択

その中の<head>〜</head>タグの中の最後の部分に貼り付け

サーチコンソールに戻り「確認」をクリックします。

貼り付けた画像_2017_05_09_2_05
「所有権が認証されました」と表示されれば登録は完了です。
貼り付けた画像_2017_05_09_2_10

サーチコンソールのメニュー

サーチコンソールのメニュー一覧です。

  • ダッシュボード
  • メッセージ
  • 検索での見え方
    • 構造化データ
    • リッチカード
    • データ ハイライター
    • HTML の改善
    • Accelerated Mobile Pages
  • 検索トラフィック
    • 検索アナリティクス(クリック数、表示回数、CTR、掲載順位) ※重要
    • サイトへのリンク
    • 内部リンク
    • 手動による対策  gooogleからペナルティをうけていないか? ※重要
    • インターナショナル ターゲティング
    • モバイル ユーザビリティ
  • Google インデックス
    • インデックス ステータス
    • ブロックされたリソース
    • URL の削除
  • クロール
    • クロールエラー ※重要
    • クロールの統計情報
    • Fetch as Google ※重要 インデックスの依頼
    • robots.txt テスター
    • サイトマップ ※重要
    • URL パラメータ
  • セキュリティの問題
  • その他のリソース

サーチコンソールで押さえたい5つの機能

サーチコンソールでWebサイト運営に重要なデータを見ることができます。
サーチコンソールを利用する上で特におさえておきたい、5つの機能を紹介します。

1.自分のWebページが検索結果画面に表示されたキーワードがわかる「検索アナリティクス」

「検索アナリティクス」ではページが表示されたときにユーザーが検索しているキーワードがわかります。

「検索トラフィック」>「検索アナリティクス」からメニューもアクセスします。
次に、クリック数、表示回数、CTR、検索順位にチェックを入れます。

デフォルト(標準)の表示では、「クエリ」が選択され、
日付は、過去28日間となっているはずです。
この表示状態で説明します。

クエリの分析

検索アナリティクスでは以下の5つの項目が表示されます。

  1. クエリ:検索されたキーワード
  2. クリック数:クリックされた回数
  3. 表示回数:表示回数
  4. CTR:表示回数のうちクリックされた割合です。
  5. 掲載順位:キーワードの検索結果順位です。

それぞれについて説明します。

クエリ:検索されたキーワード


クエリとは、検索ユーザーによって、検索されたキーワードです。

クエリには「検索結果に1回以上表示されたキーワード」確認できます。

  • サーチコンソール(Google Search Console)→「WEBサイトにアクセスされるまで」のデータ分析
  • グーグルアナリティクス→「WEBサイトにアクセスされた後のユーザーの行動」のデータ分析

と説明したのはこの点です。
例えば、「検索結果上に自分のページは表示されたが、1回もクリックされていないキーワード」を確認することができます。
アナリティクスの場合は、サイトへの訪問者の数などを解析することができます。

なお、クエリとして表示されるのは999キーワードまでです。

クリック数とは?

クリック数とはGoogle検索の検索結果に表示され、クリックされた回数です。

  • 合計のクリック数とはキーワード全体のクリック数です。
  • クエリごとのクリック数

クリック数が「62」と表示されています。
これは、「検索ユーザーが検索エンジンで”スクレイピング ツール”というキーワードで検索し、403回表示され、
62回クリックされている」ということです。

表示回数とは?

表示回数とは、WEBサイトが表示された回数です。
合計表示回数とはキーワード全体の表示数です。
クエリごとのクリック数もわかります。

この例では、「スクレピングツール」というキーワードで、「403回表示」されたことを示します。

CTR(クリック率)とは?

CTRとは、表示回数のうちクリックされた割合です。
CTR = クリック数 ÷ 表示回数

「スクレピングツール」というキーワードでは、15.38%となってます。
クリック数62で、表示回数は403です。

これをCTRを算出する計算式に当てはめると

15.38%(CTR) =62(クリック数) ÷403 (表示回数)

となります。

掲載順位とは?

キーワードの検索結果の順位です。
「スクレピングツール」というキーワードでグーグル検索したときの検索結果順位が、5.3ということです。
狙ったキーワードで上位表示できているか確認ができます。

ネットショップ運営やメディアサイトなど集客を必要とするなら、「想定しているキーワードで検索結果順位は何位にいるか?」
確かめることが肝心です。

検索順位の重要性については「ネットショップの運営で検索順位チェックが重要となる理由」でも解説しています。

クエリの活用例

表示回数をクリックします。
すると、表示回数の多い順に並び変えられました。

「メールチンプ」というキーワードでの表示回数が多いことがわかりました。
メールチンプとは、メール配信サービスです。
しかし、クリック率が2.62%で、表示回数の割にはクリックに結びついていないことがわかります。
「メールチンプ」に合わせて質の高いコンテンツを作っていけば、もっと掲載順位もあがりより多くのアクセスを呼び込むことが期待できます。

アドセンス報酬狙いで、PV(ページビュー)を増やすことのみを目的した場合はこれでもかまいせん。

ターゲット層にあらかめじきめて運営している場合、PVさえ上がればなんでもいいというわけにはいかないでしょう。
対策する前に「ウェブサイトの目的にあったキーワードか?」は考える必要があります。

ダウンロード

データはCSV形式としてダウンロードすることができます。
Excelや、Numebers等で自由に分析できます。

サーチコンソール画面一番下の「ダウンロード」をクリックします。

CSVファイルとしてローカルフォルダにダウンロードされます。

マックの表計算ソフトNumebersでひらいてみました。

マックのExcelで文字化けする場合は、「MacのエクセルでCSVをファイルを開き文字化けとなったときの対処法」を確認してください。

ページ

ページではページ単位でどのページがよくクリックされているのか表示回数が多いのか確認することができます。
URLの横のボタンをクリックすると、ページに飛ぶことができます。

上記のリンクをクリックしました。
当サイトでは以下のページが検索結果上でよくクリックされていることがわかります。

検索アナリティクスの基本的な見方については以上です。

2.ペナルティを確認できる「手動による対策」

ペナルティとはGoogleが設定しているガイドライン(不自然なリンクやに違反している場合、
検索ページに上位表示されなくなることです。
サーチコンソールの「手動による対策」ではペナルティに該当するページと内容を把握することができます。
もしも、サイトのページが急に表示されなくなったり、掲載順位が落ちたりした場合はペナルティを受けていることも考えられるので、確認が必要です。

メニューへのアクセス:検索トラフィック>手動による対策

検索トラフィック>手動による対策

検索トラフィック>手動による対策

2.クローラーが取得することが出来なかったページを表示する「クロールエラー」

クローラーとは検索エンジンがWeb上のファイルを集めるプログラムです。
「クローラーが取得できないページ」は、そもそも検索ページに表示されません。
そのため、このデータを見てエラーがあるページはクローラーがデータを取得できるように対応することで、ページが検索されるようになります。

メニューへのアクセス:クロール>クロールエラー

クロール>クロールエラー

クロール>クロールエラー

3.インデックスを依頼できる「Fetch as Google」

Fetch as GoogleはGoogleに対してインデックスの依頼をできる機能です。
新しく追加したページはグーグルインデックスされる時間がかかります。
Googleに依頼すること(Fetch as Google)でインデックスを早めることができます。

インデックスとはクローラーが取得した情報を検索エンジンのデータベースに格納することです。
クローラーがまわり、情報がインデックスされてから検索画面にページが表示されるようになります。

メニューへのアクセス:クロール>Fetch as Google

Fetch as Googleの使い方

  1. クロール>Fetch as Google
  2. URLを入力
  3. 「取得」をクリック
    クロール>Fetch as Google

    クロール>Fetch as Google

「取得してレンダリング」とは?

「取得してレンダリング」とはクローラーが正しくクロールされているかを確認出来る機能です。

5.Webサイトの構造を把握する「サイトマップ」

サイトマップとはWebサイトのコンテンツの構成です。
言わば、言わば、「目次」のような役目を果たすもののことです。
WEBサイトにどんなコンテンツがあるか、どのURLに行けばそれが見られるかを示します。
サイトマップを定期的に送信することで、新規追加したページの存在をGoogleがすぐに認識できるようになります。

  • サイトのページ数が多い
  • サイトの構成が複雑
  • 新しく制作

メニューへのアクセス:クロール>サイトマップ

クロール>サイトマップ

クロール>サイトマップ

サーチコンソールでできること

ダッシュボード

メッセージ

Googleからのメッセージ(通知)の閲覧・管理

ペナルティと判断された場合はメッセージとして通知されるので、定期的に確認しましょう。
見方:ダッシュボード→メッセージ

検索での見え方

構造化データ

リッチスニペットに表示されないエラーが通知される

リッチスニペットとは、検索ページに表示されるレビューや画像などのテキスト以外の情報を指します。
リッチスニペットが表示されずにデータにエラーが出ている場合、「構造化データ」をチェックするとエラーの内容がわかります。
見方:検索での見方→構造化データ

リッチカード
貼り付けた画像_2017_05_09_22_47
データ ハイライター

ソースを編集せずにページのデータに意味づけができる
構造化データはふつうHTMLでソースを書き換えます。
ソースを編集せずに、データに意味づけができます。
構造化データを編集するのが難しい場合や、HTMLが修正できない場合に使うと便利です。

HTML の改善
貼り付けた画像_2017_05_09_22_48
Accelerated Mobile Pages
貼り付けた画像_2017_05_09_22_49

検索トラフィック

検索アナリティクス ※重要

Google 検索でのパフォーマンスを分析します。
貼り付けた画像_2017_05_09_22_51

サイトへのリンク

  • リンク数の多いリンク元や多くリンクされているページがわかる
  • 表示したくないサイトリンクの順位を下げる

サイトリンクはGoogle がユーザーの役に立つと判断したときのみ、検索結果に表示されるページリンクのことです。サーチコンソールのサイトリンクでは、表示したくないリンクが上位に表示されている場合、順位をさげることができます。
見方:検索トラフィック→サイトリンク

内部リンク
貼り付けた画像_2017_05_09_22_52

手動による対策 ※重要

Googleから手動でペナルティを受けたかを確認できるメニューです。
Google のWEBスパムチームが検索順位を意図的に操作しようと見られるWEBサイトがないかチェックしてます。
グーグルからスパム判定を受けてしまうと、検索ランキングに悪影響をあたえます。

貼り付けた画像_2017_05_09_22_58
インターナショナル ターゲティング

自分でターゲットとなる国や言語を設定できます。
見方:検索トラフィック→インターナショナルターゲティング

モバイル ユーザビリティ

9.モバイルからのユーザビリティを確認できる

モバイルからのユーザビリティに問題がある場合に、エラーが表示されます。
見方:検索トラフィック→モバイルユーザビリティ

Google インデックス

インデックス ステータス

貼り付けた画像_2017_05_09_22_52
ブロックされたリソース

ブロックを検出したリソースが存在するURLがわかる

URL の削除

検索結果からURLを一時的に削除できる
検索結果から一時的にブロックすることができます。

クロール

クロールエラー ※重要
スクロールエラー

クロールの統計情報
貼り付けた画像_2017_05_09_22_53
Fetch as Google ※重要
貼り付けた画像_2017_05_09_22_54
robots.txt テスター

クローラにアクセスされたくないコンテンツを指定できる
検索エンジンにそのコンテンツだけを認識してもらい、SEO改善の目的で利用します。
robots.txt テスターを活用することでクローラーをしっかり制御して重要なコンテンツに巡回を集中させることができます。

貼り付けた画像_2017_05_09_22_54

サイトマップ ※重要

サイトマップの設定

URL パラメータ

不要なクロールを削除できる

 

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携

サーチコンソールとアナリティクスの連携ができます。
連携によって1つのレポートで両方の指標を同時に見ることができるようになります。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携
サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携サーチコンソールとアナリティクスの連携ができます。 連携によって1つのレポートで両方の指標を同時に見ることができる...

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket

メールマガジン登録フォーム

Amazon輸出、Amazon輸入、ebayを攻略するためのノウハウをメールマガジンでもお届けしています。

ぜひご登録ください。