取引所「Zaif(ザイフ)」 二段階認証の設定方法【図解解説】

Zaif

取引所のログインするときの「2段階認証」の設定をしていますか?

2段階認証とは、2ステップでログインしセキュリティを高める方法のこと。

仮想通貨をハッキング被害から守るために絶対に必要な設定です。

今回は、

  • 「2段階認証」の仕組み
  • 自分のアカウントが「2段階認証」 できているか確認する方法
  • 「2段階認証」の設定の具体的な手順

について説明します。

仮想通貨の積立ができる取引所「Zaif(ザイフ)」

取扱い仮想通貨 5種類
運営会社 テックビューロ株式会社
設立 2014年6月16日
資本金 8億3,013万円

\ビットコイン取引で手数料がもらえる取引所/

登録方法詳細:【完全図解】仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」の新規アカウント登録(口座開設)方法
詳細:仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは?| 評判・特徴まとめ

セキュリティために設定必須!「2段階認証」とは?

出展:Google

出展:Google

2段階認証とは、「スマートフォンから利用できる2段階認証アプリ」と連動し、「ログイン」「出金時」に通常のパスワードとは別に、「2段階認証アプリから作成される一時的な有効なパスワード」の入力しログインする仕組みです。

アカウントのセキュリティ強化しハッキング被害から防ぐためにに必ず二段階認証を設定しておきましょう。

自分のアカウントが「2段階認証」 できているか確認する方法

「自分のアカウントが2段階認証できているかわからない」という方は次の方法で確認できます。

Zaif(ザイフ)にログインし、上部の「アカウント」をクリックします。画面右下の2段階認証が「設定済」の場合すでに設定できています

2段階認証が「設定済」の場合すでに設定

2段階認証が「設定済」の場合すでに設定

Zaif(ザイフ)の「2段階認証」の設定方法

2段階認証が完了していない場合、以下の手順で設定します。

  1. Zaif(ザイフ)にログインします。
  2. 画面右上の「アカウント」をクリックし、「2段階認証」クリックします。 "上部メニュー「アカウント」
  3. 2段階認証アプリ」をダウンロードします。
    アプリをダウンロード

    2段階認証アプリ」をダウンロード

    iOS(iPhone/iPad)用のアプリケーション

    Android用のアプリケーション

  4. スマートフォンに上記アプリのインストールが完了したら、「2段階認証の設定を開始」をクリックします。
    スマホアプリのインストールが完了したら、「2段階認証の設定を開始」をクリック

    スマホアプリのインストールが完了したら、「2段階認証の設定を開始」をクリック

  5. アプリのカメラを使ってPC画面に表示されている「QRコード」を読み取ります。
    アプリのカメラで「QRコード」を読み取り

    アプリのカメラで「QRコード」を読み取り

  6. 「QRコード」を読み取ると2段階認証アプリにZaifのアカウントが追加され「6桁数字のパスワード」が表示されます。
    「6桁数字のトークン」を確認

    「6桁数字のトークン」を確認

  7. PCの画面から「6桁のトークン」を入力します。
    「6桁のトークン」を入力

    「6桁のトークン」を入力

  8. 「2段階認証の設定を有効化しました」と表示されたら設定完了です。
    「2段階認証の設定を有効化しました」と表示されたら設定完了

    「2段階認証の設定を有効化しました」と表示されたら設定完了

    2段階認証の設定は以上です。次回ログイン時から、二段階認証の6桁パスワード入力が必要となります。

2段階認証設定後のログイン方法

  1. Zaif(ザイフ)にアクセスし、「ログイン」をクリックします。
    「ログイン」をクリック

    「ログイン」をクリック

  2. 2段階認証を設定している場合はクリック」という文字をクリックします。
    「2段階認証を設定している場合はクリック」という文字をクリック

    「2段階認証を設定している場合はクリック」という文字をクリック

  3. 認証アプリを開き、Zaifの「6桁のコード」を確認します。
    ※認証コードは30秒ごtに変わります。
    「6桁のコード」を確認

    「6桁のコード」を確認

  4. メールアドレス」「パスワード」「2段階認証の6桁のコード」を入力し、「ログイン」をクリックします。
    「メールアドレス」「パスワード」「2段階認証の6桁のコード」を入力し、「ログイン」をクリック

    「メールアドレス」「パスワード」「2段階認証の6桁のコード」を入力し、「ログイン」をクリック

  5. 表示された指示に合わせて画面認証を行います。
    zaif-2step-login-5

\ビットコイン取引で手数料がもらえる取引所/

詳細:仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは?| 評価

ハッキング注意!ビットコインを安全に保管するには「ハードウェアウォレット」がおすすめ

仮想通貨を取引所に預けたままだとハッキング被害にあう危険性ががあります。

2018年1月24日、大手取引所「コインチェック」で日本円換算で580億円相当のXEMが不正に引き出され大きなニュースにもなりました。

仮想通貨を安全に保管するには、専用のUSB端末「ハードウェアウォレット」がおすすめです。ウォレットとは、「仮想通貨の保管場所」のこと。ハードウェアウォレットなら、インターネットと物理的に分断することができセキュリティが高く安全なのが特徴です。

代表的なハードウェアウォレットは、「Ledger Nano S(レジャーナノ エス)」「TREZOR(トレザー)」「KeepKey(キープキー)」の3つ。

初心者が使いやすくオススメは「Ledger Nano S(レジャーナノ エス)です。

詳細:おすすめハードウェアウォレット 「Ledger Nano S (レジャーナノエス)」| ビットコインを安全に保管

仮想通貨取引所は復数登録しよう!

仮想通貨の取引している投資家は、復数の取引所を使い分けています。それには、理由は以下のとおり。

  • サーバーダウン等による取引の中断に備える
  • 取引所の閉鎖リスクを避ける
  • 取引所ごとに価格が違うため、裁定取引(アービトラージ)ができる
  • 仮想通貨が分裂(ハードフォーク)時に有利に
  • 取引所ごとに取り扱い通貨の種類が違う
  • 取引所ごとに特色のある便利なチャート、アプリを使える

Coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引所アプリ利用者数No.1の取引所『Coincheck(コインチェック)』。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量日本一の取引所、「bitFlyer(ビットフライヤー)」

関連 仮想通貨取引所「bitflyer(ビットフライヤー)」の新規アカウント登録・口座開設方法【図解】

Zaif(ザイフ)

手数料が「マイナス」で取引をする度にお金が貰える『Zaif(ザイフ)』。

 
 

関連 初心者におすすめ!国内の仮想通貨取引所 比較5選

有望な爆上げ「草コイン」を狙うなら海外取引所の口座開設がおすすめ

国内で人気の取引所は「coincheck」「Zaif」「bitFlyer」の3つです。しかし、最も取り扱い仮想通貨数が多い「coincheck」でもわずか13種類にすぎません。

「何倍にもなる可能性のある草コインを買いたい!」

という方は海外の仮想通貨取引所の口座開設がおすすめ。海外取引所で一番人気があるのは、Binance(バイナンス)です。

Binance(バイナンス)

Binance-logo

binanceで無料新規アカウント登録

  • 国:中国
  • 設立:2017年7月
  • 日本語対応 ◯
  • 仮想通貨の取引高世界1位の、世界最大の取引所
  • 取引所独自のトークン「BNB」を使えば、通常0.1%の手数料が半額の0.05%に
  • 新規上場銘柄を投票で決定
  • 見やすく使いやすいアプリ、チャート

\爆上げ草コインを狙え!/
取り扱い通貨100種類以上

詳細 世界最大の取引所「BINANCE(バイナンス)」とは?
詳細 世界最大の取引所「BINANCE(バイナンス)」の新規アカウント登録方法

仮想通貨関連の記事

取引所比較

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。