運営歴3ヶ月で「日商」100万突破! 「物販アフィリエイトは稼げない」は嘘だった 

Amazonアソシエイト楽天アフィエイトなどの物販系アフィエイトは報酬率が低くて稼げないという声をよく聞きます。

質の高いコンテンツを作り、多くのアクセスを集め転換率の高いページを作れば、月に数十万単位の収益も現実的な目標です。

2017年7月に0から立ち上げたサイトが3ヶ月で「日商」100万〜、収益で2万を超える様になりました。

Amazonアソシエイトとは何か?という説明から成果を出すための秘訣について解説します。

スポンサーリンク

Amazonアソシエイト・プログラムとは?

Amazonアソシエイト・プログラム

Amazonアソシエイト・プログラム

Amazonアソシエイトとは、運営しているサイトにAmazonで販売されている商品のリンクを貼り、そのリンクを通じて購入されることで紹介報酬が入る仕組みです。

Amazonアソシエイトの報酬率は、商品の売上に対して0%〜8%です。例えば、1万円の家電商品が売れると2%の200円の報酬がてにはいります。「0%」というのは商品が購入されても報酬が発生しないカテゴリがあるからです。

紹介料率 商品カテゴリー
10% Amazonビデオ(レンタル・購入)、Amazonコイン
8% Kindleデバイス、Kindle本、Fireデバイス、Fire TV、デジタルミュージックダウンロード、Androidアプリ、
食品&飲料、お酒、服、ファッション小物、ジュエリー、シューズ、バッグ、Amazonパントリー対象商品
5% ドラッグストア・ビューティー用品、コスメ、ペット用品
4% DIY用品、産業・研究開発用品、ベビー・マタニティ用品、スポーツ&アウトドア用品、ギフト券
3% 本、文房具/オフィス用品、おもちゃ、ホビー、キッチン用品/食器、インテリア/家具/寝具、生活雑貨、手芸/画材
2% CD、DVD、ブルーレイ、ゲーム/PCソフト(含ダウンロード)、カメラ、PC、家電(含 キッチン家電、生活家電、理美容家電など)、カー用品・バイク用品、腕時計、楽器
0.50% フィギュア
0% ビデオ、Amazon Dash Button、Amazonフレッシュ
紹介料上限(*) 1商品1個の売上につき1000円(消費税別)

Amazonアソシエイトで「日商」100万も可能

associate-One_million

上記は、とある日のアソシエイト報酬です。1日で月商100万〜報酬は2万以上発生しています。アソシエイトなので、在庫リスクも顧客対応も出荷対応も一切不要です。

直近10月の一ヶ月間のサイトのPV数(表示回数)は75000ほどです。

表題では、運営歴3ヶ月としていますが、アソシエイトリンクを貼るようになったのは3ヶ月前からです。実質は一ヶ月もかからずこの位の収益があがるようになりました。

物販でもアフィエイトでも基本公式は同じ

マーケティングには基本的な公式があります。物販でもアフィエイトでもマーケティングの基本的な部分は変わりません。

売上=「アクセス」 ✕「 転換率」 ✕ 「単価」

売上を伸ばすためには、「アクセス」 ✕「 転換率」 ✕ 「単価」のどれかの要素を引き上げるための施策が必要です。この公式をAmazonアソシエイトに当てはめて細かく分解すると以下で表すことができます。

「検索結果上の表示回数」 ✕ 検索結果上のクリック率」 ✕ アソシエイトリンクのクリック率 ✕ アソシエイト報酬

アソシエイトでは在庫を持つ必要がないため、いかにアクセスを集めるか?商品のリンクをクリックしてもらうかが非常に重要です。サイトへのアクセスを集めるために最も大切なことは、ユーザーに役立つ質の高いコンテンツです。

アソシエイト成功の秘訣は「質の高いコンテンツ」

実践してみたわかったのは、手間と時間をかけて、ユーザーのニーズを汲み取り「他のサイトの記事に負けていない」記事が大きな収益を上げています。

質の高いコンテンツとは?

「他のサイトの記事に負けていない質の高いコンテンツ」とは、次の条件を満たしています。

  • 新しい情報が書かれている
  • 検索キーワードに対してユーザーが知りたいことが書かれている
  • わかりやすく書かれ理解が難しくない
  • 情報の網羅性がある
  • 論理的である

実験として、アマゾンの商品ページから説明分をほぼコピペしただけのような記事も公開していますが、なかなかアクセス集まらず成果につながっていません。

サイト運営をしたことが方なら「相互リンク」や「被リンク集め」を知っていると思いますが、これは一切やっていません。「キーワードの詰め込み」も高価があるどころかマイナスです。

スポンサーリンク

ひたすら「ユーザーにとってわかりやすい記事」を追求しています。昔のようなテクニックで検索順位を上げることを考える必要がありません。Googleの検索エンジンがどんどん賢くなってきているので、まじめに質の高い記事をかけば、成果があがるという当たり前の環境が整っていました。

必ずしも記事量産は必要ではない

7月頃から3ヶ月間ほどメディアサイトを運営し、500以上記事をアップしました。当初の主な収益源は、Googleの広告「googleアドセンス」です。「googleアドセンス」とはGoogleが提供している広告サービスで、自分の運営サイトに広告を貼り、サイトに訪れたユーザーに広告をクリックされることで収益を上げることができる仕組みです。

アソシエイトのリンクを貼っている記事は、30記事以上ありますが、しっかり記事設計から考えて作り込みをしている記事は10以下です。

狙ったキーワードで検索結果の1ページを獲得する

結果の2ページ目以降になると極端にクリック率が下がるため、「狙ったキーワード」で検索結果の1ページを獲得することが重要です。1コンテンツ1キーワードで狙うキーワードを決定し、そのキーワードに照準をあわせてコンテンツを作り込んでいきます。

「狙ったキーワードで検索結果1ページ目に出てくる全てページを上回る記事」を作れば、かなり高い確率で1ページ目は獲得できます。

Amazonアソシエイトのメリット

クッキー(Cookie)仕組みが強力

クッキーとは、Webブラウザを通じてユーザーのコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させるしくみです。

アマゾンアソシエイトリンクをクリックした人が24時間以内でアマゾンで何かしら買い物すれば紹介報酬が発生します。

例えば、冷蔵庫を紹介する記事のリンクがクリックされたとします。リンクをクリックしたユーザーが洗濯機を購入したとしてもアソシエイト報酬が発生します。

アマゾンアソシエイトにかかる費用は少ない

かかる費用が少ないのもアソシエイトの魅力です。

  • レンタルサーバー代月額1000円以下
  • ドメイン費用も年間1000円以下

ちなみに私が使っているのは、レンタルサーバーはMixHost という月額480円から契約できるサービスです。

まとめ

一般的には、稼げない・稼ぎにくいと言われているAmazonアソシエイトですが、実践してみるとそうでもないようです。

ネットで調べると稼げない理由を淡々と説明しているブログなどが多いですが、紹介料が発生する他のアフィエイトサービスプロバイダーへの加入をすすめるためです。A8ネット等紹介して登録するとサイト運営者に500円ほどの紹介報酬が入ります。一方、アマゾンアソシエイトの紹介で報酬は発生しないので、サービスを紹介していも1円にもなりません。

「読み手にとって価値があるかどうか?」よりも、「紹介報酬が高いかどうか?」という基準のみで書かれた情報もおおいので、正しい情報を見抜く目をもってくださいね。

関連記事

この記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」、シェアをお願いします。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク