アクセスアップ!Googleサーチコンソールを使って記事をリライトする方法

search-console-rewrite-1




一度作成したコンテンツをそのまま放置していませんか?

過去の記事のタイトルや内容を見直して、「検索順位」、「アクセス数」、「転換率」をアップするにはかかせない「記事のリライト」。

Googleの無料ツール「Googleサーチコンソール」を使って記事のリライトする方法を解説します。

スポンサーリンク

目次

過去記事のリライトとは?

search-console-rewrite-1

「検索上位表示されているページをマネして文章の意味は同じまま文章を書き直す」という意味で使われることもありますが、それではただの「パクリ」です。

リライトとは、「過去の記事のタイトルや内容を見直しユーザーにとって価値のあるコンテンツに改善すること」と定義します。

リライトの目的

「趣味好きなように書いているだけ」は別としてサイトを運営している目的は、アフィリエイトサイトやアドセンスなどで収益を得ること。サイトの収益アップにつなげるための「リライト」が必要です。

リライトの開始タイミング

リライトを開始するタイミングは、

  • サイト開設後3ヶ月以上〜
  • 記事数50以上

を目安にするとよいでしょう。

「分母」が少ないと有用なデータを得ることができません。

知っておきたい!基本のWebマーケティング公式

売上を構成する基本のマーケティング公式を抑えておきましょう。

「売上」 =「アクセス数」 ✕「転換率」 ✕ 「単価」

この式を分解すると、

「売上」 =「検索結果上の表示回数」✕「検索結果上のクリック率」 ✕「転換率」 ✕ 「単価」

と表すことができます。

売上を上げるには、上位のどれかの要素に影響を与える必要があります。

公式では表せない要素としては、

  • ユーザーにとって質の高い記事に近づける
  • 「ユーザーの検索意図」に近づける

が重要です。

ひと昔前と違い、Googleの検索アルゴリズムは進化しているため、「ユーザーにとって質の高いコンテンツ」が検索結果上位に表示されやすくなりました。

「稼ぎたい稼ぎたいばかり」先行しても上手くいきません。「キーワードの詰め込んだ不自然な日本語」「自作自演の過剰な被リンク」が通用したのは過去の話。

「ユーザーにとって約に立つコンテンツを作成し”結果”として収益がついてくる」というイメージで取り組むことが必要です。

記事リライト後の成果の測定

「記事リライトの結果改善することはできたのか?」目に見える形で確認します。主なチェックポイントは以下。

  • リライト前後の「検索順位」をチェック
  • リライト前後の「クリック率」をチェック
  • リライト前後の記事のアクセス数をチェック
  • リライト前後の転換率をチェック

検索順位の確認には、

  • Googleの無料ツール「Googleサーチコンソールの検索アナリティクス機能」
  • 専用の「検索順位チェックール」

を使います。

関連 おすすめはどれ?検索順位チェックツール比較6選 無料・有料
関連 Googleサーチコンソールの 検索アナリティクスの使い方

Webサイトアクセス数確認におすすめするのは、高機能なGoogleの無料アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」。Googleアナリティクスでは、「リライト前のとリライト後のアクセス数の比較」することもできます。

関連 Googleアナリティクス入門記事一覧

Googleサーチコンソールとは?

「Googleサーチコンソール(Search Console)」とは、Googleが提供している無料のツール。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソール違い

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソール違いは、

  • 「Googleアナリティクス」はサイトに訪れた”後”のユーザーの行動
  • 「Googleサーチコンソール」はサイトに訪れる”前”のユーザーの行動

です。

Googleサーチコンソールで確認できる重要な指標

Googleサーチコンソールで確認できる重要な指標には

  • 検索結果に表示された回数
  • 検索結果上でクリック率
  • 特定キーワードでの検索順位
  • 特定の記事の検索順位

などがあります。

詳細 Googleサーチコンソール(Google Search Console)の使い方

Googleサーチコンソールの見方

※新しいサーチコンソールの場合

キーワードのデータ

「検索パフォーマンス」>「レポートを開く」>「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」にチェックを入れる

キーワード別のデータ

「検索パフォーマンス」>「レポートを開く」>「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」にチェックを入れた後、「ページ」をクリックする。

参考(旧サーチコンソール):Googleサーチコンソールでページ別のクリック数・表示回数・CTR・掲載順位を確認する方法

サーチコンソールの「検索パフォーマンス(旧検索アナリティクス)」

search-console-rewrite-4-3
  • クリック数:該当ページが検索結果に表示されクリックされた回数
  • 表示回数:該当ページが検索結果
  • CTR(クリック率): クリック率÷表示回数
  • 掲載順位:検索結果に表示された時の平均的な掲載順位

Googleサーチコンソールを使ったリライト記事のリライトの方針

Googleサーチコンソールで確認できる「検索順位」、「CTR(クリック率)」の情報を元にパターン別に「何を改善すればいいか?」リライトの方針を決めます。

「ページごと」「キーワード」それぞれをチェックします。

「表示回数」と「CTR(クリック率)」をチェック

  1. 表示回数「」、CTR(クリック率)「」→競合に追い抜かれないコンテンツに
  2. 表示回数「」、CTR(クリック率)「」→「タイトル」「メタディスクリプション」「コンテンツ本文」を変更
  3. 表示回数「」、CTR(クリック率)「」→コンテンツの見直し
  4. 表示回数「」、CTR(クリック率)「」→キーワードの需要みなおし、コンテンツの見直し

1.表示回数「」・CTR(クリック率)「」→競合に追い抜かれないコンテンツに

表示回数が「」、CTR(クリック率)が「」いということは優秀なコンテンツということ。

やるべきことは、狙っているキーワードで検索結果の1ページに表示されているWebサイトの確認です。

すぐ下にいるページよりも「分かりやすいか?」「専門性は高いか?」要チェックです。

2.表示回数「」・CTR(クリック率)「」→「タイトル」「メタディスクリプション」「見出し」を変更

表示回数が「多く」、CTR(クリック率)が「低い」場合、改善すべき次の2つです。

スポンサーリンク

  • タイトル::重要度◎
  • メタディスクリプション(説明文):重要度◯

表示回数が多いということは、キーワードそのものは需要が大きく改善のポテンシャルが高いことを意味します。

3.表示回数「」・CTR(クリック率)「」→コンテンツの見直し

狙うキーワードそのものの需要を再チェックします。

4.表示回数「」・CTR(クリック率)「」→キーワードの需要みなおし、コンテンツの見直し

表示回数が「少」、CTR(クリック率)が「低」の場合、次の3つの対策が必要です。

  • キーワードの需要見直し
  • コンテンツの見直し
  • Googleからペナルティ確認

キーワードの需要の確認使うツールは「Ubersuggest」や「Googleキーワードプランナー」。これらのツールで月間予測検索ボリュームを確認できます。

詳細:大量のキーワードを一括抽出!サジェストツール Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

「掲載順位」と「CTR(クリック率)」をチェック

  1. 検索順位が「」、CTR(クリック率)が「」→コンテンツの完成度を高める
  2. 検索順位が「」、CTR(クリック率)が「」→「タイトル」「メタディスクリプション」「見出し」を変更する
  3. 検索順位が「」、CTR(クリック率)が「」→コンテンツを追加する
  4. 検索順位が「」、CTR(クリック率)が「」→「コンテンツの品質」と「Googleからペナルティ」を確認

1.検索順位「」・CTR(クリック率)「」→コンテンツの完成度を高める

検索順位が「高く」、CTR(クリック率)が「高い」のは、優秀なコンテンツということ。
自分の記事よりも下位のコンテンツに負けない用、より質の高いコンテンツを目指します。

  • 「検索結果上のライバルページに書かれている要素」を自分のページにも追加できないか?
  • 「検索結果上に無いこと」を追加できないか?

2.掲載順位「」CTR(クリック率)「」→「タイトル」「メタディスクリプション」「見出し」を変更する

検索順位が「高く」、CTR(クリック率)が「低い」場合、改善すべきは次の3つです。

  • 「タイトル」:重要度◎
  • 「メタディスクリプション(説明文)」:重要度◯
  • 「見出し」:重要度△

検索結果に復数の記事が並んだ時にユーザーの目に入るのは、記事の「タイトル」と「説明文」。

これを見て「この記事には自分の知りたいことが書いてあるか?」を判断しクリックしています。

「検索結果上の競合ページ」を上回る魅力的な「タイトル」と「説明文」をつける。

  • タイトルには、「キーワード」「数字」「ベネフィット」「理解できる言葉」を入れる。
  • 説明文は「記事に書いてあること」の要約文を書く

3.検索順位が「」・CTR(クリック率)「」→コンテンツを充実

検索順位が「低く」、CTR(クリック率)が「高い」の場合、魅力なタイトルになっているということ。
上位表示のためには、コンテンツを追加します。

  • サジェストワードを参照し文章に追加する
  • 「検索結果上位ページの要素」を追加する

4.検索順位「」・CTR(クリック率)「」→「コンテンツの品質」と「Googleからペナルティ」を確認

検索順位が「低く」、CTR(クリック率)が「低い」場合の対策は、

  • コンテンツの品質を高める
  • Googleからペナルティ確認

が必要です。

コンテンツの品質を高める

コンテンツの品質のチェックポイントは次の通り。

  • 「誰に」「何を伝え」「どうなってほしいのか?」明確化する
  • 想定ターゲットを明確化する
  • 「検索結果上位ページの要素」を追加する
  • サジェストワードを参照し文章に追加する

サジェストワードとは、関連キーワードのこと。サジェストワードの大量抽出には、Ubersuggest(ウーバーサジェスト)が便利です。

詳細:大量のキーワードを一括抽出!サジェストツール Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Googleのペナルティ確認

Googleのペナルティに心当たりがなくても、他サイトからの影響で下がってしまう場合もあります。

当サイトが実際に受けたことがあるのは、アダルトサイトから同じ1000件の被リンク。

同じサイトから不自然な大量被リンク=スパム

とGoogleに認定されてしまいます。被リンクの確認と「否認」はGoogleサーチコンソールから行うことができます。

詳しい対処方法は検索順位が突然落ちたときの原因と対処方法で解説しています。

特定のページのクエリを分析する方法

特定のページの検索クエリを調べたい場合は次の手順で確認します。

特定の記事のクエリを調べる方法

  1. 検索パフォーマンスの右上の「レポートを開く」をクリックします。
  2. ページ」タブを選択あと、「調べたいページのURL」をクリックします。
    search-console-rewrite-page-1
  3. クエリ」を選択すると、調べたいページのみクエリが表示されます。
    search-console-rewrite-page-3

 

Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク