【2018年最新版】SEO対策ツール総まとめ

【2018年最新版】SEO対策ツールまとめ

SEO対策ツールの種類

  • サジェストキーワード抽出ツール
  • Googleツール
  • SEO検索順位チェックツール
  • 被リンク(バックリンク)分析ツール比較一覧表

サジェストキーワード抽出ツール

大量の関連キーワードの抽出におすすめ!「keywordtool.io」

keywordtool.ioの検索結果

http://keywordtool.io/

  • キーワードサジェスト:◯対応
  • 検索ボリューム表示:無料プラン✕ 有料プラン◯
  • 対応検索エンジン:Google、YouTube、Bing、Amazon、eBay、App Store
  • 対応言語:英語、各国対応、日本語対応可

keywordtool.ioは大量の関連キーワード抽出ができる海外製のツール。Webサイト/コンテンツの設計時や、PPC広告出稿時のキーワード集め役立ちます。

「Google」「Youtube」「Bing」「Amazon」「ebay」「App Store」など幅広い媒体に対応。有料プランに契約すると、それぞれのサジェストワードの検索数も確認できます。

フォームにキーワード、エリア、言語を指定し「検索」ボタンをクリックすると「サジェストキーワード」と「検索ボリューム(有料)」が表示されます。

関連:サジェストキーワードを大量抽出できるツールはどれ? SEOキーワードツール比較9選
詳細:「Amazonサジェストワードを一括取得!keywordtool.ioの使い方

大量キーワード収集!ワードクラウドを表示「Uber suggest」

Uber suggestの検索結果画面

https://ubersuggest.io/

  • グーグルサジェストワードの抽出:◯
  • 検索ボリュームの確認:✕
  • Amazon対応:✕
  • 対応エリア:日本を含む各国対応
  • ショッピングカテゴリのキーワード検索ができます。

「Ubersuggest(ウーバーサジェスト)」はサジェストキーワード(関連キーワード)を一括抽出できるツール。大量の関連キーワードをまとめて抽出するのにおすすめのツールです。

キーワードを視覚的に把握できる「キーワードクラウド」も特徴。

関連:サジェストキーワードを大量抽出できるツールはどれ? SEOキーワードツール比較9選
詳細:キーワードサジェストツール Ubersuggest

サクサク動作!キーワードマップを表示 「keysearch Beta」

keysearch_Beta

keysearch_Beta

keysearch Beta

  • 利用料金:無料
  • キーワードを構造化して表示
  • 対応検索エンジン国:日本、アメリカ、台湾、タイ、インドネシア
  • エクスポート:CSV、SVG

「keysearch Beta」はキーワード検索すると、キーワードマップとして資格的に確認できるツール。

「サイト全体設計「個別記事の設計」など構成を考えたり、キーワードの整理に役立つツールです。

検索フォームにキーワードを入力し、エリアを選択後「検索ボタン」をクリックすると、マインドマップ上でキーワードが表示されます。

Googleツール

Googleサーチコンソール

Search Console 

ユーザーがサイトにアクセスする”前”の行動を分析

Googleサーチコンソールは、ユーザーがサイトにアクセスする”前”の行動を分析できるGoogeの無料ツール。
「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」などの数字のチェックが可能です。

Webマーケティングで絶対に押さえておきたい基本公式は以下。数字を伸ばすには、どれかの要素をアップさせる必要があります。

売上 = ①「検索結果上の”表示回数”」×②「検索結果上の”クリック率”」 ×③「Webサイト内の”クリック率”」×④「単価」

関連:記事の「”検索結果上”のクリック率(CTR)」を倍増するために知っておきたい5つポイント

Googleサーチコンソールでは、①「検索結果上の”表示回数”」と②「検索結果上の”クリック率”」を調べることができます。
表示回数が多く「伸びしろ」が大きい優先的にリライトすべき記事を見つけるのにも役立ちます。

Google Trends(グーグルトレンド)

Google Trends(グーグルトレンド)の検索結果

https://trends.google.co

キーワードのトレンドをチェック!Google Trends(グーグルトレンド)

Google Trends(グーグルトレンド)はキーワードの検索需要の推移を確認できるGoogleの無料ツール。
キーワードのニーズが高まっているのか?」「需要は下がってきているのか?」「検索需要が大きい時期がいつか?」という判断に役立ててることができます。

関連記事:キーワードの人気度を簡単チェック!Googleトレンドの使い方【初心者向け】

SEO検索順位チェックツール

  対応環境 価格 キーワード上限  

定番ツール「GRC」

Windows      
Mac専用シンプル格安ツール
「RankGuru SEO」
Mac 840円 無し  
高機能検索順位ツール「RankTracker」 Mac/Linux/Windows ・Rank Tracker Professional($124.75/年)
・Rank Tracker Enterprise($299.75/年)
   
オフラインで365日自動順位チェック
「BULL」
Mac/Linux/Windows 13200円/年
(1100円/月)
   
無料高機能ツール「Serposcope」 Mac/Linux/Windows 0円 無し   

定番ツール「GRC」

GRC 検索順位をボタン一発で調査、記録。検索順位チェックツールGRC
対応環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista, Server 2016, 2012, 2008 (32/64bit)
価格

・ベーシック(405円/月)
・スタンダード(810円/月)
・エキスパート(1,215円/月)
・プロ(1,620円/月)
・アルティメット(2,025円/月)

おそらく日本国内で一番ユーザー数が多いであろう定番の検索順位チェックツール。

ローカルPCインスールタイプなので、PC起動中のみ動作します。

 GRCはwindows用アプリです。Macで使いたい場合は以下を参照してください。

参考:Mac OS X で Windowsアプリケーションを使う5つの方法

Mac専用シンプル格安ツール「RankGuru SEO」

  • 対応環境:Mac
  • 価格:840円
  • 登録URL数:上限なし
  • キーワード数:上限なし
  • CSVエクスポート機能:◯あり

Mac専用の検索順位ツール「RankGuru」。インターフェフェイスが非常にシンプルな使いやすいさが特徴です。
簡易的に検索順位チェックを行いたい人や、初心者向けにおすすめの検索順位チェックツールです。

  • 数字:キーワードの検索結果順位
  • 緑:前回取得と比べ、検索順位が上がっている
  • 赤:前回取得と比べ、検索順位が下がっている

詳細:Mac対応のSEO検索順位チェックツール「RankGuru SEO」

 

高機能な検索順位チェックツール「RankTracker」

https://www.link-assistant.com/

https://www.link-assistant.com/

中級者向け本格検索順位チェックツール「RankTracker」

  • 対応環境:Mac(マック)、Windows(ウィンドウズ)、Linax(リナックス)
  • 20種類以上のツールと連携(グーグルアナリティクス、アドワーズ等)
  • 1つのプロジェクト内で最大6つのWebサイトを管理
  • 価格:Rank Tracker Professional($124.75/年)、Rank Tracker Enterprise($299.75/年)
  • 無料試用が可能(期間なし、クレジットカードの登録は不要)
  • スケジュールでの検索順位チェックの自動実行
  • キーワードリサーチ機能
  • レポート機能

導入方法は「Macにも対応のSEO検索順位解析ツール、Rank Tracker(ランクトラッカー)の導入と設定」で紹介しています。

基本的な使い方は「Macにも対応!SEO検索順位チェックツール、Rank Tracker(ランクトラッカー)の使い方」でまとめています。

オフラインでも365日自動で順位をチェック「BULL」

http://bullseo.jp/

http://bullseo.jp/

  • 価格:30キーワードまで 13200円/年間(1100円/月)
  • 試用期間:2週間30KWまで全機能無料
  • クラウド型(インストール不要)
  • 順位確認できるデバイス:PC・スマホ・タブレット
  • パソコン起動の必要なし 

クラウド上で動作し365日自動で順位をチェックできる「BULL」。

サーバー上にデータが保管されるのPCをオフにした状態でもデータを取得し続けることができます。

高機能な無料ツール「Serposcope」

https://serposcope.serphacker.com/en/

https://serposcope.serphacker.com/en/

  • 価格:無料
  • キーワード:無制限
  • パソコンとモバイル両方の検索結果をチェック可能
  • グループごとにキーワードを登録できる
  • サイト全体の順位変動具合を分かりやすく表示
  • キーワード順位の 上昇/下降/現状維持 を分けて表示
  • キーワード順位変動表一覧
  • キーワードごとの順位変動グラフの表示
  • キーワードのフィルタリング表示が可能

無料!高機能な検索順位チェックツール「Serposcope」

オープンソース(無料)の高機能な検索順位チェックツール「Serposcope」」。

Serposcopeはローカル環境にサーバーを立ち上げて利用するタイプのツールです。

PCを文字列で操作する「コマンド」が苦手という方は、導入方法が難しく感じるかもしれません。

Windows、Mac、Linuxで利用できます。

被リンク(バックリンク)分析ツール比較一覧表

  利用料金 日本語対応
Open Site Explorer 無料
Ahrefs(エイチレフス) ・ライト($99/月)
・スタンダード($179/月)
・アドバンスド($399/月)
・エージェンシー($999/月)
Majestic SEO ・LITE(49$/月)
・PRO(99$/月)
・API(399$/月〜)

Open Site Explorer(オープン・サイト・エクスプローラー)

Open Site Explorer: Link Research & Backlink Checker | Moz

被リンクサイトの危険度「スパムスコア(SPAM SCORE)」をチェック

米国有名SEO会社「Moz(モズ)」のツール、Open Site Explorer。

確認できる情報

  • 被リンクサイト
  • ドメインオーソリティ(DOMAIN AUTHORITY)
  • ページオーソリティ(PAGE AUTHORITY)
  • スパムスコア(SPAM SCORE)

ドメインオーソリティ(DOMAIN AUTHORITY) とは、リンクの数や質、信頼性などを元にWEBサイトのドメイン評価を表す指標。数字が大きほど評価の高いサイトです。

ページオーソリティ(PAGE AUTHORITY) とは、単体ページの評価を示す指標。

スパムスコア(SPAM SCORE) とは、被リンクのスパム度合いを測る事できる指標。数字が高いほど危険が高いことを表す

使い方

Open Site Explorer

Open Site Explorerにアクセスし検索フォームに調べてたいURLを入力、「Search」クリックし検索します。

関連:SEOツール Moz Open Site Explorer(オープンサイトエクスプローラー)の使い方と登録方法

有料 被リンク(バックリンク)分析ツール比較

Ahrefs(エイチレフス)

SEOの被リンク分析・競合調査ツール | Ahrefs(エイチレフス)

  • 利用料金:ライト($99/月)、スタンダード($179/月)、アドバンスド($399/月)、エージェンシー($999/月)

高機能被リンク分析ツール「Ahrefs(エイチレフス)」

シンガポールとウクライナの企業が運営するSEO分析ツールAhrefs(エイチレフス)。

取得できるデータ(一部)

  • 被リンク(Backlinks)
  • 被リンクドメイン(Refferring Domain)
  • シェア数
  • リンク元情報
  • 被リンクタイプ
  • Ahrefsランクの推移
  • 被リンク数の推移
  • トップコンテンツ(Top Content)
  • トップレベルドメイン分布
  • アンカーリンクテキストのクラウド
  • 被リンク元のAhrefsランク分布
  • トップの参照元トップレベルドメイン

使い方

調査対象のURL(ドメイン)を入力して、「SEARCH LINKS」ボタンを押します。

Majestic SEO

Majestic®:マーケティング検索エンジンおよび SEO 被リンクチェッカー

  • 利用料金:LITE(49$/月)PRO(99$/月)API(399$/月〜)

イギリス発の被リンクツール「Majestic SEO」。

取得できるデータ(一部)

LITE PRO API
  • フレッシュインデックス
  • サイトエクスプローラ
  • トラストフロー
  • トピックのトラストフロー
  • 参照元ドメイン
  • 参照元 IP
  • 参照元クラス C
  • キャンペーン
  • 一括被リンクチェッカー
  • OpenApps を使用

LITE の全機能

  • ヒストリックインデックス
  • 生データのエクスポート
  • カスタムレポート
  • サイトを比較
  • フローメトリック履歴
  • クリークハンター
  • 被リンク履歴
  • 検索エクスプローラ
  • キャンペーンを共有
  • メールアラート
  • ネットワーク近隣
  • ビジネスプロフィール全機能
  • キーワードチェッカー
  • Toybox
  • Rank Tracker (via Google Search Console) 

・PRO の全機能

・APIで大量データ取得可能

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

"1人"貿易会社経営。国内の販路は自社ネットショップ、Amazon。海外では米Amazon、欧州Amazon、ebay、ネットショップで展開。多岐にわたる国境を超えたクロスボーダー取引をおこなう。
メディアサイト(アフィリエイト・アドセンス)運営では1サイトの最高月間PV数67万。 独自商品開発からWEB集客までカバー。